FC2ブログ

烏ヶ山と木谷沢渓流(2018年11月3日)

★聖地巡礼★
サントリー奥大山の天然水、宇多田ヒカル出演のCM撮影地を巡って頂きました。
奥大山休暇村から2時間程で頂上に立つ事が出来る「烏ヶ山」。休暇村から望む山容はお隣の名峰「大山」にも負けず劣らずのカッコよさ。鳥取地震の影響(崩壊)で2年程前まで登山禁止だった様ですね。
そして登山後はもう一つの撮影地「木谷沢渓流」を散策。
お一人のお客さまは夏にも「南アルプスの天然水」撮影地の栗沢山を歩いて頂きましたね。
こんなテレビで見たいい風景の地を訪れる山旅も良いですね。
2018ddbDSC02532.jpg

2018ddbDSC02542.jpg

2018ddbDSC02546.jpg

2018ddbDSC02548.jpg

2018ddbDSC02554.jpg

2018ddbDSC02570.jpg

2018ddbDSC02578.jpg

2018ddbDSC02581.jpg

2018ddbDSC02620.jpg

2018ddbDSC02630.jpg

2018ddbDSC02638.jpg

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、烏ヶ山レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_169.htm

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村



京都北山、小野村割岳(2018年11月2日)

京都市と南丹市の境、佐々里峠を基点に、杉の巨木&古木が林立する「小野村割岳」を歩いて頂きました。
巨木を眺め…森の息遣いを感じますね。京都北山の森、時計がゆったり流れるひと時を楽しみたい森ですね。
行程は出発点の佐々里峠が750m程、ゴールの小野村割岳が930m程と標高差はほんの少しですが何度ものアップダウンを繰り返します。ただ長い急登はなく、細かいアップダウンですので比較的楽に歩くことが出来ます。
京都北山の森、秋から晩秋にかけて良いですね。
2018kar7asuDSC02404.jpg

2018kar7asuDSC02409.jpg

2018kar7asuDSC02413.jpg

2018kar7asuDSC02420.jpg

2018kar7asuDSC02434.jpg

2018kar7asuDSC02435.jpg

2018kar7asuDSC02436.jpg

2018kar7asuDSC02439.jpg

2018kar7asuDSC02440.jpg

2018kar7asuDSC02443.jpg

2018kar7asuDSC02447.jpg

2018kar7asuDSC02453.jpg

2018kar7asuDSC02457.jpg

2018kar7asuDSC02461.jpg

2018kar7asuDSC02465.jpg

2018kar7asuDSC02467.jpg

2018kar7asuDSC02474.jpg

2018kar7asuDSC02479.jpg

2018kar7asuDSC02486.jpg

2018kar7asuDSC02492.jpg

2018kar7asuDSC02503.jpg

2018kar7asuDSC02516.jpg

2018kar7asuDSC02528.jpg

2018kar7asuDSC02529.jpg

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、小野村割岳レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_168.htm


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村

紅葉の大山(2018年10月28日)

山麓に西日本最大のブナ林を有する「伯耆大山」をちょっと無理して日帰りで歩いて頂きました。岐阜からは遠いですね。
紅葉は行者道付近が最高潮、山麓は始まりだしたばかりでしょうか?
10月末から11月初旬、週末の大山は老若男女問わず溢れんばかりの登山者で大賑わい。今回も登山道は大渋滞、上り下りの擦れ違いが大変。間髪見計らい進まないと何時までも待つ事に。それほどまでに訪れたい「大山」の魅力は…。何より姿がカッコいいですよね。
2018da6ise2nfDSC02286.jpg

2018da6ise2nfDSC02293.jpg

2018da6ise2nfDSC02295.jpg

2018da6ise2nfDSC02315.jpg

2018da6ise2nfDSC02321.jpg

2018da6ise2nfDSC02325.jpg

2018da6ise2nfDSC02330.jpg

2018da6ise2nfDSC02332.jpg

2018da6ise2nfDSC02333.jpg

2018da6ise2nfDSC02366.jpg

2018da6ise2nfDSC02367.jpg

2018da6ise2nfDSC02370.jpg

2018da6ise2nfDSC02373.jpg

2018da6ise2nfDSC02374.jpg

2018da6ise2nfDSC02386.jpg

2018da6ise2nfDSC02380.jpg

2018da6ise2nfDSC02389.jpg

2018da6ise2nfDSC02392.jpg
岐阜から日帰りの大山、勿体無いです! 大山は山だけでなく麓にも魅力が一杯。山麓のブナ林をのんびりハイキングするも良し、由緒ある大山寺に参拝し。奥大山をゆったりハイク&烏ヶ山、蒜山を組み合わせても良し。
大山周辺を遊びつくそう!…と最低二日は要りますね。

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、大山レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_167.htm

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村






大峰奥駆道、行者還岳(2018年10月27日)

晩秋の大峰奥駆、行者還岳を歩いて頂きました。
ピークだけが目的であればもっと短時間コースがあるのですが、奥駆道を繋ぎたいとのお客さまのご希望もあり行者還トンネル西口から。行者還岳は見た目は鋭峰ですが登ってみると石楠花に囲まれ眺望は無く地味な雰囲気。
そうですね。メインは奥駆独特な雰囲気、低い笹原に覆われた柔らかな尾根に続く一筋の道を歩く事。
テントを持って…何時かは、吉野から熊野本宮まで奥駆を全部歩いてみたいですね…とお客さまと盛り上がり。
2018daisenDSC02193.jpg

2018daisenDSC02196.jpg

2018daisenDSC02202.jpg

2018daisenDSC02209.jpg

2018daisenDSC02211.jpg

2018daisenDSC02219.jpg

2018daisenDSC02220.jpg

2018daisenDSC02228.jpg

2018daisenDSC02231.jpg

2018daisenDSC02235.jpg

2018daisenDSC02238.jpg

2018daisenDSC02245.jpg

2018daisenDSC02251.jpg

2018daisenDSC02254.jpg

2018daisenDSC02268.jpg

2018daisenDSC02272.jpg

2018daisenDSC02274.jpg
スタートはガスに優しく包まれた大峰、そして時々薄日が差し込み。大峰は曇天の空が似合う?きらびやかな紅葉より、シックな秋色が似合うと思うのは私だけでしょうか?

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、行者還岳レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_166.htm
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村













恵那山(2018年10月24日)

早朝まで降り続いた雨で大気は洗われ見上げる空は抜ける様な青一色。
朝の優しい陽光に輝く秋色も美しく、今秋一番の山歩き日和。登山口から中腹辺りが紅葉前線の最盛期でしょうか?
カラマツの黄金色、ダケカンバの黄葉、ナナカマドの赤、そしてシラビソの深い緑…どれも紺碧の空に映えて。
青空にもう一つ、爆音響かせ何度も旋回する航空自衛隊救難機「U125A」。訓練中でしょうか?
今回登って頂いた「広河原ルート」の魅力は、頂上へのアクセスはさておき、中間の眺望尾根ですね。伊那谷を隔てて屏風の様に立ち並ぶ南アルプス連山。今日はまたそれに雲海のおまけつき。振り向けばもう一つ、中央アルプス。樹間ですが北アルプスの峰々。
運ぶ足取りもついついゆったりと…。時計がゆっくり流れるひと時を楽しんで頂きました。
2018ena2DSC02066.jpg

2018ena2DSC02067.jpg

2018ena2DSC02072.jpg

2018ena2DSC02087.jpg

2018ena2DSC02098.jpg

2018ena2DSC02108.jpg

2018ena2DSC02102.jpg

2018ena2DSC02118.jpg

2018ena2DSC02120.jpg

2018ena2DSC02124.jpg

2018ena2DSC02128.jpg

2018ena2DSC02136.jpg

2018ena2DSC02133.jpg

2018ena2DSC02147.jpg

2018ena2DSC02165.jpg

百名山の中でも地味な存在と揶揄されることが多い恵那山ですが、本当にそうでしょうか?
頂上こそ展望は得られないものの、今回の広河原ルートは素晴らしい眺望が楽しめますし…。シラビソに囲まれた頂上台地も癒される落ち着いた雰囲気。360度大展望の他のピークとはまた違った魅力が充分あるかと思います。
アップダウン連続する神坂ルート、深い森を味わい深く歩く黒井沢ルート、そして恵那神社から登るクラッシックルート「前宮コース」
どれも甲乙つけがたい名ルートではないでしょうか?
深田久弥の日本百名山…よく耳にする言葉に「なんで○○山が百名山に選ばれてるの?」と。
あくまでも深田先生の百名山は「登って楽しい百名山」ではなく、風格・歴史・容姿・ひとびととの深い繋がり、それら全てを満たしての百名山なんでは?
恵那山、充分それらの条件を満たしていると感じます。

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、恵那山レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_165.htm

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村















プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR