スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月18日…鈴ヶ岳から鈴北岳を経て三国岳

2013kosai043.jpg

大君ヶ畑から登り始め「茶野」「鈴ヶ岳」「鈴北岳」鞍掛峠を経て「三国岳」のロングコースを歩いて頂きました。
期待してなかった福寿草はまだまだ満開…

詳細は…
http://2013re.club-gaku.com/myweb1_047.htm

4月9日…ソノドから谷山を経て五僧

2013kosaiCIMG1500.jpg
谷山展望地より望む「霊仙山」

鈴鹿北部のマニアック&ロングコース…
藪谷林道からソノド&谷山を経て五僧を歩いて頂きました。

詳細アルバムは
http://2013re.club-gaku.com/myweb1_007.htm

4月7日…遠足尾根から孫太尾根周回

reisen3CIMG1446.jpg
遠足尾根への出発地点「大鉢山」

春の嵐、台風並の突風、そんな様相も無く静かな朝…
前日まで降り続いた雨も止み、所々青空も広がる登山日和??

孫太尾根登山口に車を駐車、青川渓キャンピングパークまでウォーミングアップ

reisen3CIMG1447.jpg
大鉢山頂上直下はバイケソウが群生

大鉢山登山道はかなり荒れてます。
登る人も少なく、整備もされてない様子…

reisen3CIMG1450.jpg
大鉢山からの眺望

reisen3CIMG1452.jpg
さあ、いざ遠足尾根へ…

10時間程の行程に身も引き締まる思い?? …でしたか??

reisen3CIMG1455.jpg
眺望抜群、笹原が広がる遠足尾根

以前は歩く人も少なかった遠足尾根でしたが、竜ヶ岳ホタガ谷道が閉鎖と成り此方がメインルートに。
よって整備され非常に歩きやすく成ってます。

reisen3CIMG1461.jpg
1000m付近は雲がかかる「藤原岳」

写真の左に続く稜線が「県境稜線」、右が下山ルートの「孫太尾根」

「遠い!」…が素直な感想…

reisen3CIMG1463.jpg
県境稜線分岐

左は竜ヶ岳へ、右が本日の行程、静ヶ岳&銚子岳を経て孫太尾根へ
いや~なガスが立ち込めて参りました~

reisen3CIMG1464.jpg

この後はガスとお友達の稜線歩き~
天気も…雨、ひょう、曇、薄日と目まぐるしく変わり…

よって、此れからの写真は殆ど無く申し訳ありません~

reisen3CIMG1466.jpg

静ヶ岳にて…
10時間ロングコースに果敢に挑戦頂きました本日の主役の皆さま、ご参加誠に有難うございます&大変大変お疲れさまでした。
勿論皆さまこんなロングコースは初体験…
どころか…「鈴鹿の山は今回が初めて」って方も!
一般的に鈴鹿と言えばセブンマウンテン、その中の竜ヶ岳&藤原岳の頂上直下を通り過ぎ今回のマニアックコースへ…
変り者の仲間入りですね(笑)

reisen3CIMG1467.jpg
そして…銚子岳

reisen3CIMG1468.jpg
アップダウンを何度も繰り返し…

reisen3CIMG1472.jpg

稜線上の写真が殆どなく、エンディングへ…
下山ルートの孫太尾根…

注:県境稜線から多志田山をトラバースして孫太尾根へのルート、大規模な土砂崩れでトラバース道が寸断されてます。ご利用の方は多志田山経由で…

この辺りに来ると愈々春の嵐が吹き狂い…
途中何度も耐風姿勢…
その中でも健気に咲く花を楽しみ…(ミノコバイモ&ホソバノアマナ&ミスミソウなどなど)
そして此方も健気に頑張られた皆さま…
10時間予定してましたが、休憩を含み9時間程で周回。
メンバーの中でお二人は去年の秋から登山を始めたばかり…
正直11時間以上を覚悟してましたが……
そのお二人をはじめ皆さま、良く頑張られました!
本音、少々驚いてます!!

今回の山行、大いに自信を持って下さいね~
素晴らしい!…です。

雨、ひょう、小雪、突風……それでも……「楽しかった~」ですって。
皆さまに感謝、感謝……です。

9時間の行程、誠に誠に誠に有難うございました。そして大変大変大変お疲れさまでした。

今頃は皆さま、どろどろに成った山道具の洗濯中???
その汚れた雨具こそ皆さまの戦利品……
昨日とは打って変わって紺碧の空の下、充実感と達成感を噛み締めながら…
自然と綻ぶ笑顔…
「山って良いですね~」「山っていいでしょぉ~」

4月3日…土倉岳からT字尾根

reisen3CIMG1433.jpg

天気予報は「雨のち曇り」、御池テーブルランド上ではきっと晴れる…を信じて…

reisen3CIMG1430.jpg

地図&コンパスの使い方教室…

reisen3CIMG1435.jpg

土倉岳頂上にて…
本日の主役のお三方、微妙な天気の中ご参加誠に有難うございます&大変お疲れさまでした~

な~んにも見えないこの景色、乳白色の世界……
なのになのに…「幻想的でいいね~」とはとは、あなたも通ですね~

そもそもこのマニアック&バリエーション企画にお申込み頂いた時点で、通の仲間入りかも??

セブンマウンテンだけが鈴鹿って思ってみえる皆さま…
その他にも一杯一杯良い山が鈴鹿にはあるんですよぉ~
…って今日の写真では伝わりませんよね~

薄い踏み跡を辿り、はたまた獣道を…
立木に掴り斜面を登り…
そしてその先には……???

鈴鹿通だけが知る&見る事ができる世界……

そんな世界をご一緒しませんか?? 
「鈴鹿を隈なく歩こう」…って素敵と思いませんか?? 是非是非……

…と以上CMでした~

reisen3CIMG1437.jpg

土倉岳から一気に御池テーブルランドへ…
足場に注意し、立ち木に掴り…

ちょっとした苦労の先には……

reisen3CIMG1439.jpg

やっぱり乳白色&ホワイトアウトの世界でした~

予定では…東のボタンブチに寄り、自由気ままに散策、御池岳を経てボタンブチへ…
時間の許す限りのんびり頂上台地で至福のひと時…

…でしたが、この状態では…
余分な動きをしないのが一番、欲を出さないのが一番…
「元に帰れなくなるよぉ~」ですね(笑)

と言うか…視界数メートルの台地を歩いても辛いだけですもんね。

風の無い場所でランチを済ませ、いざT字尾根下降点へ…
要要要注意ポイント!!
晴れてる時に何度も歩いた所でも、ガスが立ち込めると様相は一変!!
慎重に、慎重に…
周囲を確認し…

reisen3CIMG1441.jpg

T字尾根のTの基点…

此処、秋の紅葉がとっても綺麗なんです。
是非、是非、また一度季節を変えご一緒させて下さいね~
きっとその時は最高の錦絵の世界を用意し歓待してくれる事と思います。

reisen3CIMG1445.jpg

最後の最後まで幻想的?な鈴鹿……
でしたが…それでも楽しく楽しく歩いて頂き有難うございました。

また訪れる日を……
その節をお楽しみに……

4月1日…鈴ヶ岳から鈴北岳

reisen3179.jpg

まずは一枚、鈴ヶ岳某所にて…

福寿草と言えば、花の百名山「藤原岳」or 近年登山者が急速に増えた「霊仙山」…
今日はちょっとマニアック、御池岳北部の峰、地味な鈴ヶ岳周辺で福寿草探しのひと時を楽しんで頂きました。

今年は鞍掛峠へ至る国道が土砂崩れの為閉鎖、例年は賑わう御池テーブルランドも静けさに包まれ…
平日と言う事もあり、お会いした登山者も数人だけ。
静かな鈴鹿北部での一日を楽しんで頂きました。

reisen3146.jpg

かつては歩きやすい一般ルートだった御池谷もご覧の通りの惨状…
豪雨で荒れ果てた谷を試行錯誤、足場を確かめ三点確保で慎重に詰めて行きます。

下りでは絶対に使いたくないルートですね。

手元にある昭文社の「山と高原地図」
2005年版では実線だったこのコース…
2011年版では赤の点線すら無く…
晴れて?? バリエーションルートの仲間入り??でしょうか?

入山の際は、要要要注意ですからお気を付けを……

reisen3155.jpg

本日、初お目見えの福寿草…

荒れた谷にも確実に生命は宿してますね~

reisen3160.jpg

谷上部は残雪を踏んで…

reisen3175.jpg

此処からはルートを離れ福寿草を追い求め…

reisen3166.jpg

雪割福寿草??

申し訳ありません、此れは「やらせ」……でした~

reisen3182.jpg

reisen3188.jpg

花の周りを痛めつけない様に、そっと近寄らせてもらい…
瞼とメディアに大事に記録…

reisen3189.jpg

reisen3201.jpg

福寿草三昧で頂上に立ち寄るのを忘れそう…

鈴ヶ岳頂上にて…
本日の主役のお二方、えっ? 福寿草が主役で脇役のお二方??…いえいえ、そんな失礼な事は決して……

何時も何時もご参加誠に有難うございます&バリエーション谷、大変大変お疲れさまでした~。
荒れた谷を苦労して登り詰めたからこそ味わえる充実感、その瞳で見る福寿草は、より一層神々しくもあり……
会う登山者も殆ど無く、貸切状態の鈴鹿の峰…
遠く鹿が鳴き…
その鳴き声と花が、春本番の時を告げてくれる。

た~っぷり鈴鹿の春を楽しんでいって下さいね~

reisen3208.jpg

場所を移し、またまた某所にて…

reisen3213.jpg

某所に別れを告げ、テーブルランド「鈴北岳」へ…
丸っこい鈴ヶ岳&琵琶湖を背に…
頬を撫でるそよ風が気持ちいい季節…

今までの行程…
荒れた谷の足元を注意深く、斜面一面に広がる福寿草に目を凝らし、鈴鹿の苔むす森を楽しみ……
そんな光景に馴れた目には、鈴北岳直下で初めて広がる大パノラマに焦点が合わない様な…

reisen3218.jpg

そして時間の許す限りのテーブルランド散策…

reisen3226.jpg

またまた、テーブルランド某所にて…

最初一輪の福寿草を見つけた時の感動、群生地の驚き……人間って贅沢に馴れると……
この頃には…「福寿草だぁ~」が「黄色い花がまた群生してるね」に…???(笑)

reisen3235.jpg

そして…だ~れも居ないテーブルランドを後に……
普段は賑わう鞍掛峠道も今年は休業状態…

福寿草に湧く私たちの歓声だけが鈴鹿の谷に木霊してたのでは…?

プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。