スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月7日…遠足尾根から孫太尾根周回

reisen3CIMG1446.jpg
遠足尾根への出発地点「大鉢山」

春の嵐、台風並の突風、そんな様相も無く静かな朝…
前日まで降り続いた雨も止み、所々青空も広がる登山日和??

孫太尾根登山口に車を駐車、青川渓キャンピングパークまでウォーミングアップ

reisen3CIMG1447.jpg
大鉢山頂上直下はバイケソウが群生

大鉢山登山道はかなり荒れてます。
登る人も少なく、整備もされてない様子…

reisen3CIMG1450.jpg
大鉢山からの眺望

reisen3CIMG1452.jpg
さあ、いざ遠足尾根へ…

10時間程の行程に身も引き締まる思い?? …でしたか??

reisen3CIMG1455.jpg
眺望抜群、笹原が広がる遠足尾根

以前は歩く人も少なかった遠足尾根でしたが、竜ヶ岳ホタガ谷道が閉鎖と成り此方がメインルートに。
よって整備され非常に歩きやすく成ってます。

reisen3CIMG1461.jpg
1000m付近は雲がかかる「藤原岳」

写真の左に続く稜線が「県境稜線」、右が下山ルートの「孫太尾根」

「遠い!」…が素直な感想…

reisen3CIMG1463.jpg
県境稜線分岐

左は竜ヶ岳へ、右が本日の行程、静ヶ岳&銚子岳を経て孫太尾根へ
いや~なガスが立ち込めて参りました~

reisen3CIMG1464.jpg

この後はガスとお友達の稜線歩き~
天気も…雨、ひょう、曇、薄日と目まぐるしく変わり…

よって、此れからの写真は殆ど無く申し訳ありません~

reisen3CIMG1466.jpg

静ヶ岳にて…
10時間ロングコースに果敢に挑戦頂きました本日の主役の皆さま、ご参加誠に有難うございます&大変大変お疲れさまでした。
勿論皆さまこんなロングコースは初体験…
どころか…「鈴鹿の山は今回が初めて」って方も!
一般的に鈴鹿と言えばセブンマウンテン、その中の竜ヶ岳&藤原岳の頂上直下を通り過ぎ今回のマニアックコースへ…
変り者の仲間入りですね(笑)

reisen3CIMG1467.jpg
そして…銚子岳

reisen3CIMG1468.jpg
アップダウンを何度も繰り返し…

reisen3CIMG1472.jpg

稜線上の写真が殆どなく、エンディングへ…
下山ルートの孫太尾根…

注:県境稜線から多志田山をトラバースして孫太尾根へのルート、大規模な土砂崩れでトラバース道が寸断されてます。ご利用の方は多志田山経由で…

この辺りに来ると愈々春の嵐が吹き狂い…
途中何度も耐風姿勢…
その中でも健気に咲く花を楽しみ…(ミノコバイモ&ホソバノアマナ&ミスミソウなどなど)
そして此方も健気に頑張られた皆さま…
10時間予定してましたが、休憩を含み9時間程で周回。
メンバーの中でお二人は去年の秋から登山を始めたばかり…
正直11時間以上を覚悟してましたが……
そのお二人をはじめ皆さま、良く頑張られました!
本音、少々驚いてます!!

今回の山行、大いに自信を持って下さいね~
素晴らしい!…です。

雨、ひょう、小雪、突風……それでも……「楽しかった~」ですって。
皆さまに感謝、感謝……です。

9時間の行程、誠に誠に誠に有難うございました。そして大変大変大変お疲れさまでした。

今頃は皆さま、どろどろに成った山道具の洗濯中???
その汚れた雨具こそ皆さまの戦利品……
昨日とは打って変わって紺碧の空の下、充実感と達成感を噛み締めながら…
自然と綻ぶ笑顔…
「山って良いですね~」「山っていいでしょぉ~」

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。