スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月13日~16日…秋田駒ヶ岳&乳頭山&栗駒山第二弾

2日前に訪れたばかりのみちのくの地、全く同じコースを歩いて頂きました。
それでも紅葉前線は確実に標高を下げてきている様ですね。
今回は新潟発の新日本海フェリーで秋田港へ…
(敦賀港発は月曜日だけしか出てないんです)

1日目…秋田駒八合目~乳頭山

kitaIMGP4429.jpg
笹森山付近より乳頭山

田沢湖高原の宿のおかみさん推薦の縦走コース、秋田駒八合目から始まる行程は距離はあるものの急登も無く、終始プロムナード気分で歩けるベストコース。勿論見所満載!!

kitaIMGP4488.jpg
湯森山より千沼ヶ原へ下る

縦走路からは少々外れ遠回りに成るものの、絶対立ち寄るべきポイント。

kitaIMGP4529.jpg
最終目的地「乳頭山」へ

kitaIMGP4544.jpg
乳頭山にて…

今企画にご参加頂きました主役の皆さまです。何時もご参加誠に有難うございます&大変お疲れさまです。
みちのくの山の雄大さ、美しさに魅了された様で……「年に一度は東北へ」などなどと。
来年は花の時期に…森吉山・焼石山・もう一度秋田駒と大変な盛り上がり様でした。是非是非ご一緒しましょうね~

本日の「秋田駒から乳頭への縦走コース」…絶対絶対お勧めです。其々を単独でピストンするより何倍も何倍も楽しめます。山の頂上よりその間が良い山歩き…素敵でしょ~
「来年からの定番コースに成れば」…な~んて目論んでます。

kitaIMGP4562.jpg
ワレモコウのドライフラワー&田代平&乳頭山

2日目…秋田駒ヶ岳

kitaIMGP4631.jpg
男岳付近から望む弥陀ヶ池

スタートは霧の中の登山でしたが、男岳に着く頃にはガスは流れ絶景が眼前一杯に広がります。

kitaIMGP4667.jpg
秋田駒最高点「男女岳」より望む田沢湖

kitaIMGP4699.jpg
岩手山を正面に見て焼森を下ります

kitaIMGP4722.jpg
昨日歩いた笹森山を巻く縦走コース

秋田駒ヶ岳の中で今日歩いたのは、男岳&男女岳から焼森。広い広い駒ヶ岳山頂部の中ではほんの一部でしか無い様に思えます。
火口原、駒池…… シラネアオイ、ヒナザクラ、エゾツツジ……
来年は絶対、花の時期に…たっぷりたっぷり秋田駒ヶ岳。是非実現するぞぉ~

kitaIMGP4739.jpg
栗駒「須川温泉」付近の紅葉

3日目…栗駒山

kitaIMGP4821.jpg

昨日まで歩いた秋田駒周辺は、笹原の緑の中に点在する美しい紅葉。栗駒の其れは斜面一面を錦絵に染める圧倒される紅葉。どちらも甲乙付け難い素晴らしい紅葉が私たちを迎えてくれました。

kitaIMGP4801.jpg
整備行き届いた中央登山道

今回は岐阜までの帰宅日の為、最短コースの中央登山道を歩きましたが、須川温泉からのコースも素晴らしいんでしょうね。季節を変え、コースを変え何度も何度も訪れたい山。栗駒はそんな印象を持たせてくれました。

kitaIMGP4810.jpg
紅葉の海へ……

フェリー移動日を含めて4日間のみちのくの山旅、どうでしたでしょうか?堪能頂けましたでしょうか?
これを機会に是非是非、みちのくの虜に…… 来年は花の時期……??
ご参加頂きました皆さま、4日間誠に誠に有難うございました&大変大変お疲れさまでした。

PS
今晩からみちのく福島の山旅に出かけてきます。本年のみちのく最終企画、天気も回復しそうで……。ご一緒頂きます皆さま、宜しく宜しくお願い申し上げます。

もう一つお知らせ……

kitaIMGP4830.jpg

現在発売中の「岳人11月号」に記事を書かせて頂いてます。
お時間ございましたら一度開いてみて下さい。
ちなみに12月号も特集記事で書かせて頂いてます。駄文ですが………






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。