スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月16日~17日…八ヶ岳

t_IMGP0995.jpg
イワウメ&オヤマノエンドウ(横岳にて…)

梅雨空が広がる6月中旬、ツクモグサ咲く八ヶ岳を歩いて頂きました。花は例年より少々遅れてる模様、ハクサンイチゲ・ミヤマダイコンソウなどはまだまだ咲き始めたばかり。ですがツクモグサはしっかり咲いててくれました~。残念ながら旨く写真には収められずUPさせて頂く事は出来ませんでしたが……今が見頃です。
t_IMGP0951.jpg
八ヶ岳最高峰「赤岳」にて…

雨の一日目の行程は…
美濃戸から行者小屋・中岳を経て「赤岳」そして宿泊地の「展望荘」まで。雨こそさほどではありませんでしたが、強風との戦い! 中岳から赤岳へは足元の花々を楽しむ余裕も無く……
………へとへとに成り辿り着いた頂上、辺りは乳白色の世界でしたが…何はともあれ赤岳登頂おめでとうございます&大変大変お疲れさまでした。
疲れた体を赤岳頂上小屋で一時間以上、暖かい昼食を注文しまったりと過ごさせて頂きました。頂上に山小屋があるのって有難いですね。そして意を決して風雨の世界へ…30分程の下りで、定宿「赤岳展望荘」へ……
t_IMGP0964.jpg
2日目…赤岳を背に横岳縦走へ…

2日目の朝、窓を叩く昨日に増しての風雨で目をさまし……さあ、予定通り縦走するか地蔵尾根を一気に下るか?
とりあえず8時頃まで談話室で待機。多少風雨も治まってきたようなので身支度をし乳白色の世界へ…。
「まずは横岳へ向ってみましょうね、危険の様でしたら撤収&地蔵尾根へ」……するとすると一気にガスが流れ背後には昨日登頂した赤岳が!
t_IMGP0974.jpg
横岳の縦走路を慎重に…

t_IMGP0979.jpg
大同心&小同心の岩峰と眼下に赤岳鉱泉

t_IMGP0978.jpg
横岳(奥の院)にて

t_IMGP1009.jpg
横岳より硫黄岳へ

t_IMGP1014.jpg
阿弥陀岳&赤岳&横岳をお供に、広い硫黄岳頂上部を進みます

t_IMGP1019.jpg
最後のピーク「硫黄岳」にて歓喜のポーズ

雨にも負けず、風にも負けず…中岳から赤岳&横岳&硫黄岳への縦走完了、大変お疲れさまでした&おめでとうございます。縦走中盤から後半に稜線全貌が見られて良かったですね~。「涙がでてきそう…」な~んてお客さんも。そんな歓喜の笑顔を目の当たりにできる仕事に感謝で一杯です。
今回の主役の6名さま、誠に誠に有難うございます。
t_IMGP1030.jpg
凛と聳え立つ「赤岳」…「登ったんだね」しみじみと

t_IMGP1044.jpg
赤岳鉱泉より、荒々しい横岳の稜線…「あんあ所、歩いたんですね」

t_IMGP1055.jpg
北沢を美濃戸へ…最後まで横岳の岩峰は見送ってくれました
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。