FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大峰の山旅」1日目…大天井岳(2018年11月26日~27日)

十津川温泉宿泊、大峰の山旅…1日目は移動日も兼ねてのほんの少しのトレッキング。
五番関トンネルから大天井ヶ岳の往復3時間程。
少々ですが奥駆道の雰囲気を味わって頂きました。
2018dabimoDSC03632.jpg
五番関トンネル西口をスタート

2018dabimoDSC03642.jpg
五番関、山上ヶ岳方面の女人結界門

2018dabimoDSC03645.jpg
巨木&奇木が細い稜線に林立。

2018dabimoDSC03646.jpg

2018dabimoDSC03650.jpg

2018dabimoDSC03659.jpg

2018dabimoDSC03664.jpg

2018dabimoDSC03673.jpg

2018dabimoDSC03679.jpg
下山後、谷瀬の吊り橋にお立ち寄り

2018dabimoDSC03688.jpg

2018dabimoDSC03691.jpg
今宵の宿、十津川温泉「民宿かたやまさん」
良いお湯、美味しい食事、コスパに優れお勧めの宿です。

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、大天井ヶ岳レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_182.htm

ブログランキングに参加してます。↓こちらをクリックして頂くと有難いです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

オゾ谷からイブネ、クラシ(2018年11月24日)

「鈴鹿を隈なく歩こう企画」鈴鹿の奥座敷「イブネ&クラシ」をオゾ谷から歩いて頂きました。
朝明から清流「愛知川」を越え、木の幹を掴んでの急登を熟し辿り着く別天地「イブネの大平原」。降ったばかりの雪が気温上昇で歩き辛く、少々悪戦苦闘して頂きました。
それでも苦労した分以上のご褒美がそこにはあるんです。何処でも自由に歩けそうなイブネ、テントでも張って一夜を過ごしたくなる様な所。満天の星空…綺麗でしょうね。
来年こそは実現したいプラン「イブネでテント泊、満天の星空の下」。ご興味おありの方は是非ご連絡を…
「頑張らない山歩きCLUB岳ホームページ」

20182o75kukusaDSC03538.jpg

20182o75kukusaDSC03544.jpg

20182o75kukusaDSC03547.jpg

20182o75kukusaDSC03550.jpg

20182o75kukusaDSC03566.jpg

20182o75kukusaDSC03567.jpg

20182o75kukusaDSC03570.jpg

20182o75kukusaDSC03581.jpg

20182o75kukusaDSC03597.jpg

20182o75kukusaDSC03599.jpg

20182o75kukusaDSC03609.jpg

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、イブネ&クラシレポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_181.htm

ブログランキングに参加してます。↓下のバナーをクリックして頂くと有難いです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村


奥草山、政子から歩く綿向山(2018年11月23日)

「鈴鹿を隈なく歩こう企画」お客さまの前々からのご希望の山でした、奥草山&政子から綿向山マイナールートを歩いて頂きました。
道標などは一切さい、出会う登山者も勿論皆無、静か~な鈴鹿を頑張って頂きました。
尾根に沿ってとにかく直登&激下りの連続、その分ご登頂の感慨もひとしお。ご褒美は今冬の初雪景色が迎えてくれましたね。
ゴールの綿向山は今までとは一転、多くの登山者で大賑わい。さすが人気の山ですね。
下山は水無山経由で一気に激下り。勿論、此方も誰とも出会わず。
20182okukusaDSC03413.jpg
尾根に沿って一気の激登り

20182okukusaDSC03418.jpg
前々からのお客さまのご希望の山

20182okukusaDSC03428.jpg
もう一つ。山名の由来は?

20182okukusaDSC03458.jpg

20182okukusaDSC03461.jpg

20182okukusaDSC03463.jpg

20182okukusaDSC03467.jpg

20182okukusaDSC03468.jpg

↓此方もご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、奥草山から綿向山レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_180.htm

ブログランキングに参加してます。↓をクリック頂くと有難いです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村

岩ヶ峰から釈迦ヶ岳、段木、三池岳(2018年11月21日)

鈴鹿初心者のお客さまから行先お任せをご依頼頂き、「釈迦ヶ岳から三池岳」への鈴鹿随一の稜線歩きを楽しんで頂きました。
岩ヶ峰尾根の急登をゆっくり頑張って頂き県境稜線へ。頑張って頂いたご褒美は紺碧の空の下の稜線歩き。
ガイドのお勧め♪、稜線を離れてちょっと寄り道、貸切の孤高のピーク「段木」でランチタイム。
お腹を満たした所で、まだまだ至福の稜線歩きは三池岳まで…。
殆どの皆さんは…釈迦ヶ岳、御在所岳など、一つの山を登って下る縦方向の山登りですが、二つのピークを結ぶプラス横方法の山歩きは前者の三倍も四倍も楽しめます♪♪♪
ちょっとレベルアップの山歩き、皆さまも楽しんでみれば? きっと新しい鈴鹿の1ページになる事と思います。
ちょっと自信が無いけど…だけど楽しみたい!って方は「頑張らない山歩きCLUB岳」へご用命ください>
20182dankibDSC03324.jpg
石楠花尾根「岩ヶ峰尾根」を県境稜線目指して
4月後半はアカヤシオ、5月中旬はシロヤシオと四季折々…

20182dankibDSC03328.jpg
まずは「釈迦ヶ岳」

20182dankibDSC03336.jpg
だ~れも居ない静かな「釈迦ヶ岳」も珍しいですね

20182dankibDSC03337.jpg
さあ…愈々、本日のメイン鈴鹿随一の稜線歩きへ

20182dankibDSC03342.jpg
ちょっと寄り道♪ 稜線を離れ「段木」へ。正面は三池岳

20182dankibDSC03344.jpg
ガイドのお勧め♪ 「段木」

20182dankibDSC03348.jpg
貸切の段木でゆったりランチタイム
県境稜線を眺めながら。

20182dankibDSC03350.jpg
此方は伊勢湾方面

20182dankibDSC03360.jpg
お腹を満たした所で…稜線まで往路を戻ります

20182dankibDSC03364.jpg
再び、気持ちいい稜線歩き。1000m前後とは思えないアルペンムードたっぷりの稜線ですね

20182dankibDSC03366.jpg
鈴鹿お約束のアセビの群生

20182dankibDSC03373.jpg
風も無く穏やか、ぽかぽか陽気

20182dankibDSC03378.jpg
振り返ると双耳峰に見える「釈迦ヶ岳」

20182dankibDSC03381.jpg
流石に「竜ヶ岳」は賑わってるでしょうね?

20182dankibDSC03383.jpg
こんな稜線、何時までも歩いてられそう…とお客さまの素直な言葉

20182dankibDSC03387.jpg
昔は茶店もあり賑わってた「八風峠」
近江商人と伊勢商人が此処で取引をしたそうな。
登山では無く、生活の場だったんですね。

20182dankibDSC03392.jpg
エンディング間近、楽しい稜線歩きもあと少し「三池岳」へ

20182dankibDSC03395.jpg
此処で今日初めて登山者にお会いしました。(三池岳)

20182dankibDSC03400.jpg
緩やかな歴史の峠道「八風峠道」を下りました
お客さま曰く「大満足な一日」。朝8時半から15時半まで…たっぷりゆったり朗らかに、鈴鹿の山に遊んでもらいましたね。
紺碧の空♪仰ぐ日輪♪…の下の最高の鈴鹿の稜線歩き。次回も行先お任せで…と。
さあ、今度はどんな表情の鈴鹿をお見せしましょうか? 

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、釈迦ヶ岳から三池岳レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_179.htm

ブログランキングの参加してます。↓こちらをクリック頂くと有難いです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村

岩村城跡から水晶山、三森山(2018年11月19日)

女城主の里、日本三大山城「岩村城跡」から水晶山を経て三森山を歩いて頂きました。
出発点の城跡が標高700m程、最高点の三森山が1100mとさほどの標高差は無くハイキング気分♪ … ですが思いの外、アップダウンが多く累積ではそこそこの標高差になったのでは? どこの山も楽には登らせてくれませんね。
岩村ダムからの三森神社(三森山)の参道は美しく整備され、所々お地蔵さんが見送ってくれ…地元の皆さんが大切にしてきた神社なんでしょうね。さほど特徴も無い里山ですが、どこか心奥深くに残る山と成りました。
PS
アフター登山は岩村町の古い街並み散策。NHK朝ドラ「半分青い」で湧いた岐阜の片田舎の町。最終回を終えもうかなりたちますが、まだまだ観光客が絶えないようですね。
2018iwa8muraDSC03231.jpg

2018iwa8muraDSC03267.jpg

2018iwa8muraDSC03277.jpg

2018iwa8muraDSC03278.jpg

2018iwa8muraDSC03279.jpg

2018iwa8muraDSC03283.jpg

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、三森山レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_177.htm

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村




鈴鹿山中、水舟ノ池(2018年11月16日)

お客さまの長年のご希望で鈴鹿山中の静かな池「水舟ノ池」を歩いてきました。
名前が美しい滋賀県杠葉尾から銚子ヶ口を経ての鈴鹿の中では静かな領域。稜線上は早や冬枯れの様相、空からの白い贈り物を待つばかりですね。
2018cyous7iDSC03176.jpg

2018cyous7iDSC03177.jpg

2018cyous7iDSC03181.jpg

2018cyous7iDSC03183.jpg
こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、銚子ヶ口から水舟ノ池レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_177.htm

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村



近江高山から長い尾根を辿り「金糞岳」

お客さまのご希望で滋賀県近江高山から長い長い、とにかく長い尾根を辿り「金糞岳」を歩いて頂きました。
岐阜県と県境の鳥越峠から歩けば頂上まで1時間半程。それを4時間半要する尾根を経てのご登頂。
ですが…何かが違うんですよね。苦労して辿り着いた金糞の表情は…。そして何とも言えぬ充実感&達成感。
今日は素晴らしい青空が広がる近江の地。無風、快晴、暑い!
今年の11月は何なんでしょうね? まだしばらく空からの白い贈り物は無さそうで…小春日和の山歩き日和が続きそうですね。
2018kana8kusoDSC03035.jpg

2018kana8kusoDSC03041.jpg

2018kana8kusoDSC03052.jpg

2018kana8kusoDSC03057.jpg

2018kana8kusoDSC03062.jpg

2018kana8kusoDSC03067.jpg

2018kana8kusoDSC03071.jpg

2018kana8kusoDSC03073.jpg

2018kana8kusoDSC03075.jpg

2018kana8kusoDSC03079.jpg

2018kana8kusoDSC03086.jpg

2018kana8kusoDSC03088.jpg

2018kana8kusoDSC03095.jpg

2018kana8kusoDSC03109.jpg

2018kana8kusoDSC03110.jpg

2018kana8kusoDSC03112.jpg

2018kana8kusoDSC03119.jpg

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、金糞岳レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_176.htm

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村


妙義山中間道(2018年11月11日)

上信越自動車道を走らせると車窓に飛び込んでくる特異な岩峰。非日本的な風景に誰しもの目に留まる「妙義山」。
さすがにその稜線上を歩くのには、個人の自己責任か?ザイル&ハーネスの世界。
「それでも妙義の雰囲気を楽しみたい」と思う方にお勧めなのが「妙義山中間道」。妙義神社をスタートして石門群まで。(11月11日現在、第二見晴付近は通行止め中ですが)
ゆったり適度な1日コース、大砲岩付近&石門群で鎖場もあり変化に跳んだ行程。
今日は青空、紅葉真っ盛り、汗ばむ程の超ぽっかぽか陽気…と最高の山歩き日和。妙義の異質な風景を存分に楽しんで頂きました。
2018myobDSC02904.jpg

2018myobDSC02911.jpg

2018myobDSC02915.jpg

2018myobDSC02924.jpg

2018myobDSC02927.jpg

2018myobDSC02930.jpg

2018myobDSC02933.jpg

2018myobDSC02936.jpg

2018myobDSC02938.jpg

2018myobDSC02949.jpg

2018myobDSC02954.jpg

2018myobDSC02956.jpg

2018myobDSC02957.jpg

2018myobDSC02958.jpg

2018myobDSC02959.jpg

2018myobDSC02960.jpg

2018myobDSC02964.jpg

2018myobDSC02965.jpg

2018myobDSC02972.jpg

2018myobDSC02995.jpg

2018myobDSC03001.jpg

2018myobDSC03004.jpg

2018myobDSC03010.jpg

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、妙義山レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_174.htm

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村

土倉岳から御池岳を経てT字尾根(2018年11月10日)

鞍掛峠、コグルミ谷からの登山者で賑わう「御池岳」へ、滋賀県側の比較的静かなコースから歩いて頂きました。
その静かなコースも…東近江市が奨める「鈴鹿10座を登ろう」の為、それに惹かれて歩かれる方が多く成った様ですね。数年前までは標識類は全く無かったのが、今では所々に立派な道標が。
自分達の隠れ家が少しづつ失われていくような…複雑な気持ちです。
今日の鈴鹿は快晴、ぽかぽか陽気。広い広いテーブルランド(頂上台地)でのんびりと。いつ訪れても「良いですね♪」。
2018myobDSC02826.jpg

2018myobDSC02824.jpg

2018myobDSC02839.jpg

2018myobDSC02833.jpg

2018myobDSC02841.jpg

2018myobDSC02834.jpg

2018myobDSC02858.jpg

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、御池岳レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_172.htm

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村







二週連続の「伯耆大山」(2018年11月4日)

先週に続き2週連続の「伯耆大山」、紅葉前線は山麓まで降りてきて、特に元谷周辺のブナが優しい秋の陽光に照らされ輝きを増してました。数日前に冠雪した大山も今日は暖かく、無風。最高の山歩き日和の一日。
西日本最大のブナの森を山麓に持つ大山、冬はその広い裾野をスノーシューで歩いても楽しいでしょうね。
春夏秋冬、1年を通して楽しめる大山周辺。岐阜からもう少し近ければもっと通うんですけど。
2018ddb6DSC02652.jpg

2018ddb6DSC02659.jpg

2018ddb6DSC02662.jpg

2018ddb6DSC02683.jpg

2018ddb6DSC02684.jpg

2018ddb6DSC02694.jpg

2018ddb6DSC02700.jpg

2018ddb6DSC02702.jpg

2018ddb6DSC02704.jpg

2018ddb6DSC02709.jpg

2018ddb6DSC02721.jpg

2018ddb6DSC02725.jpg

2018ddb6DSC02736.jpg

2018ddb6DSC02737.jpg

2018ddb6DSC02740.jpg

2018ddb6DSC02752.jpg

2018ddb6DSC02762.jpg

2018ddb6DSC02768.jpg

2018ddb6DSC02772.jpg

2018ddb6DSC02773.jpg

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、大山レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_170.htm

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村

烏ヶ山と木谷沢渓流(2018年11月3日)

★聖地巡礼★
サントリー奥大山の天然水、宇多田ヒカル出演のCM撮影地を巡って頂きました。
奥大山休暇村から2時間程で頂上に立つ事が出来る「烏ヶ山」。休暇村から望む山容はお隣の名峰「大山」にも負けず劣らずのカッコよさ。鳥取地震の影響(崩壊)で2年程前まで登山禁止だった様ですね。
そして登山後はもう一つの撮影地「木谷沢渓流」を散策。
お一人のお客さまは夏にも「南アルプスの天然水」撮影地の栗沢山を歩いて頂きましたね。
こんなテレビで見たいい風景の地を訪れる山旅も良いですね。
2018ddbDSC02532.jpg

2018ddbDSC02542.jpg

2018ddbDSC02546.jpg

2018ddbDSC02548.jpg

2018ddbDSC02554.jpg

2018ddbDSC02570.jpg

2018ddbDSC02578.jpg

2018ddbDSC02581.jpg

2018ddbDSC02620.jpg

2018ddbDSC02630.jpg

2018ddbDSC02638.jpg

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、烏ヶ山レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_169.htm

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村



京都北山、小野村割岳(2018年11月2日)

京都市と南丹市の境、佐々里峠を基点に、杉の巨木&古木が林立する「小野村割岳」を歩いて頂きました。
巨木を眺め…森の息遣いを感じますね。京都北山の森、時計がゆったり流れるひと時を楽しみたい森ですね。
行程は出発点の佐々里峠が750m程、ゴールの小野村割岳が930m程と標高差はほんの少しですが何度ものアップダウンを繰り返します。ただ長い急登はなく、細かいアップダウンですので比較的楽に歩くことが出来ます。
京都北山の森、秋から晩秋にかけて良いですね。
2018kar7asuDSC02404.jpg

2018kar7asuDSC02409.jpg

2018kar7asuDSC02413.jpg

2018kar7asuDSC02420.jpg

2018kar7asuDSC02434.jpg

2018kar7asuDSC02435.jpg

2018kar7asuDSC02436.jpg

2018kar7asuDSC02439.jpg

2018kar7asuDSC02440.jpg

2018kar7asuDSC02443.jpg

2018kar7asuDSC02447.jpg

2018kar7asuDSC02453.jpg

2018kar7asuDSC02457.jpg

2018kar7asuDSC02461.jpg

2018kar7asuDSC02465.jpg

2018kar7asuDSC02467.jpg

2018kar7asuDSC02474.jpg

2018kar7asuDSC02479.jpg

2018kar7asuDSC02486.jpg

2018kar7asuDSC02492.jpg

2018kar7asuDSC02503.jpg

2018kar7asuDSC02516.jpg

2018kar7asuDSC02528.jpg

2018kar7asuDSC02529.jpg

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、小野村割岳レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_168.htm


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村
プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。