スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月28日…川上岳

aaaIMGP5489.jpg

天気予報は全国的に雨……
でしたが…何とか何とか午前中はさほど降られる事もなく、下山時に少々降られただけ。
紅葉の川上岳、悪い中にも何とか楽しんで頂けたのではないでしょうか??

aaaIMGP5479.jpg

最初の1時間程の綴ら折れの登りを熟し、尾根に出れば頂上まではプロムナード気分で歩ける快適な路。

aaaIMGP5518.jpg

頭上の紅葉を楽しみながら…

aaaIMGP5495.jpg

満員御礼、本日ご参加頂きました主役の皆さまです。悪天の中ご参加誠に誠に有難うございました&大変大変お疲れさまでした。
今回初参加の方もお二人、この天気に懲りずこれからもこれからも宜しくお願い申しあげます。

aaaIMGP5498.jpg

頂上に着いた途端突風でガスが流れ……
裾野だけですが御岳も姿を現してくれ…
ご褒美でしょうか??

aaaIMGP5509.jpg

風の無いランチポイントへ一目散。

aaaIMGP5511.jpg

此方でランチタイム&「岳珈琲店」開店。
次回は絶景の中、のんびりランチタイム&珈琲タイム。きっときっと満面の笑みで山は迎えてくれますよぉ~。きっと…
ご参加頂きました7名さま、誠に有難うございました。

今日から久しぶりの山4連休、溜まってる事務仕事&買い出しなどなど……と言いながら今日一日超のんびりしてしまいました。
さあ、明日から晩秋&初冬に向けての準備、頑張ります。
スポンサーサイト

10月27日…浅間山(前掛山)

aaaIMGP5416.jpg

今秋3度目の浅間山、天気予報は全国的に晴れだったんですが……

aaaIMGP5440.jpg

深い霧と突風、山頂には長居も出来ず集合写真撮影もままならず…山名標識だけ確認後早々と退散。

aaaIMGP5451.jpg

霧に煙るカラマツの黄葉……
こんな景色を楽しみながら。

aaaIMGP5453.jpg

本日ご参加頂きました主役の皆々様、悪天候の中大変大変お疲れさまでした&何時もご参加誠に誠に有難うございました。
下界の天気予報、山の天気…判りませんね。
雨の予報でも山は雲の上、晴れてる事もあるし……
これに懲りず展望はどこかの山の楽しみに……宜しく宜しくお願いします。

aaaIMGP5466.jpg

aaaIMGP5468.jpg

落ち葉の絨毯、足裏で感じる紅葉…

aaaIMGP5472.jpg

締めくくりは前回同様、登山口の美しい紅葉。
真っ赤ではなく、この微妙な感じの色合い、グラデーション。

浅間本峰の展望は楽しんで頂けませんでしたが……霧に煙る幻想的な黄葉でお許し下さい。
浅間での一日、誠に有難うございました。

10月24日…浅間山(前掛山)

kitaIMGP5247.jpg

浅間山荘を出発、火山館を過ぎると一面唐松の黄金の世界。

kitaIMGP5279.jpg

高度を徐々に上げ浅間本峰では宝石の様に輝く樹氷が迎えてくれました

kitaIMGP5301.jpg

本日初冠雪…

kitaIMGP5304.jpg

嬬恋の田園風景を眼下に…

kitaIMGP5313.jpg

前掛山直下…

kitaIMGP5315.jpg

奥秩父の山並みの上に頭を出す富士山

kitaIMGP5319.jpg

前掛山頂上にて…

本日の主役の皆さま、何時もご参加誠に有難うございます&大変お疲れさまでした。
紺碧の空に黄金輝く紅葉、宝石を散りばめた樹氷……何もかもベストタイミングでのご登頂、おめでとうございます。
次回は積雪期の外輪山「黒斑山」から浅間山を見たい!……と盛り上がって頂き、1月の再訪と成りそうです。
是非、その節も宜しくお願い申し上げます。

kitaIMGP5347.jpg

風が少ない所まで降りてきてランチタイム。

kitaIMGP5349.jpg

青・白・黄色のこの絶景、立ち去るのが惜しい……

kitaIMGP5365.jpg

火山館前で「岳珈琲店」開店。
お客さま手作りのケーキ、沢山のおやつ…そして楽しい山談義に花を咲かせ。
のんびり山で過ごすひと時…
「この仕事をしてて良かったなぁ~」と実感。
皆さま、ホントに有難うございます。

kitaIMGP5373.jpg

浅間山外輪山「トーミの頭」

kitaIMGP5378.jpg

何度も振り返り……

本峰が見える最後のポイントです

kitaIMGP5402.jpg

登山口の紅葉です。真っ赤ではなくほんのりオレンジが混じった、この瞬間が好きです。
ご一緒頂きました皆さま、誠に誠に有難うございます。

今晩から再び浅間山へ…
明日はどんな表情で迎えてくれるでしょう?
ご一緒頂きます皆さま、宜しくお願い申しあげます。


10月19日~21日…安達太良山&吾妻山&磐梯山

今10月3度目の東北、毎年&春秋恒例の福島の山旅。例年より遅れ気味の極上の紅葉がベストタイミングで迎えてくれました。安達太良、吾妻…下山時には人人人……東北の紅葉はホントに素晴らしい~
絵の具、錦絵……どんな表現でも足らないくらい。

1日目…智恵子の空&極上の紅葉「安達太良山」

kitaIMGP4951.jpg

kitaIMGP4946.jpg

kitaIMGP4950.jpg

kitaIMGP4889.jpg

kitaIMGP4881.jpg
沼ノ平

kitaIMGP4960.jpg
くろがね小屋

kitaIMGP4989.jpg

あだたらエクスプレスで一気に薬師岳へ、安達太良山から牛ノ背を経てくろがね小屋へ極上の紅葉を楽しんで頂きました。智恵子抄の青い空に映え………

2日目…東吾妻山&一切経山

kitaIMGP5010.jpg
浄土平上部より…

kitaIMGP5089.jpg
一切経山より五色沼

kitaIMGP5090.jpg

今回の福島の山旅企画の主役の皆さまです。何時もご参加誠に有難うございます&大変お疲れさまでした。東北の紅葉は如何でしたでしょうか? アルプスの大迫力とはまた一味違った、雄大な紅葉……是非是非、東北の虜に!
来年は花の時期に…な~んて盛り上がって頂き誠に有難うございます。
来春(初夏)、また皆さまとみちのくをご一緒させて頂けるのを楽しみにしてます。

kitaIMGP5097.jpg
吾妻小富士

kitaIMGP5117.jpg
鎌沼

kitaIMGP5125.jpg

3日目…磐梯山

kitaIMGP5205.jpg

kitaIMGP5162.jpg

2日間続いた美しい青空も3日目は泣き出しそうに……
磐梯山頂上からの猪苗代湖…残念!!
ですがですが…3日間福島に滞在して2日晴れは上出来??では??

極上の福島の錦絵の世界、赤・黄色・緑…の絵の具ワールド、素晴らしかったでしょ。

今企画で今年の東北シリーズは無事終了、遅れ気味の紅葉前線のお蔭で全企画共ベストタイミング。
次回この地を訪れるのは、花のハイシーズン7月初旬。
楽しみで楽しみでなりません。紅葉も花も温泉も料理も、そして人柄も…た~っぷり東北を楽しんで頂きます。
是非皆さんも東北へ……

10月13日~16日…秋田駒ヶ岳&乳頭山&栗駒山第二弾

2日前に訪れたばかりのみちのくの地、全く同じコースを歩いて頂きました。
それでも紅葉前線は確実に標高を下げてきている様ですね。
今回は新潟発の新日本海フェリーで秋田港へ…
(敦賀港発は月曜日だけしか出てないんです)

1日目…秋田駒八合目~乳頭山

kitaIMGP4429.jpg
笹森山付近より乳頭山

田沢湖高原の宿のおかみさん推薦の縦走コース、秋田駒八合目から始まる行程は距離はあるものの急登も無く、終始プロムナード気分で歩けるベストコース。勿論見所満載!!

kitaIMGP4488.jpg
湯森山より千沼ヶ原へ下る

縦走路からは少々外れ遠回りに成るものの、絶対立ち寄るべきポイント。

kitaIMGP4529.jpg
最終目的地「乳頭山」へ

kitaIMGP4544.jpg
乳頭山にて…

今企画にご参加頂きました主役の皆さまです。何時もご参加誠に有難うございます&大変お疲れさまです。
みちのくの山の雄大さ、美しさに魅了された様で……「年に一度は東北へ」などなどと。
来年は花の時期に…森吉山・焼石山・もう一度秋田駒と大変な盛り上がり様でした。是非是非ご一緒しましょうね~

本日の「秋田駒から乳頭への縦走コース」…絶対絶対お勧めです。其々を単独でピストンするより何倍も何倍も楽しめます。山の頂上よりその間が良い山歩き…素敵でしょ~
「来年からの定番コースに成れば」…な~んて目論んでます。

kitaIMGP4562.jpg
ワレモコウのドライフラワー&田代平&乳頭山

2日目…秋田駒ヶ岳

kitaIMGP4631.jpg
男岳付近から望む弥陀ヶ池

スタートは霧の中の登山でしたが、男岳に着く頃にはガスは流れ絶景が眼前一杯に広がります。

kitaIMGP4667.jpg
秋田駒最高点「男女岳」より望む田沢湖

kitaIMGP4699.jpg
岩手山を正面に見て焼森を下ります

kitaIMGP4722.jpg
昨日歩いた笹森山を巻く縦走コース

秋田駒ヶ岳の中で今日歩いたのは、男岳&男女岳から焼森。広い広い駒ヶ岳山頂部の中ではほんの一部でしか無い様に思えます。
火口原、駒池…… シラネアオイ、ヒナザクラ、エゾツツジ……
来年は絶対、花の時期に…たっぷりたっぷり秋田駒ヶ岳。是非実現するぞぉ~

kitaIMGP4739.jpg
栗駒「須川温泉」付近の紅葉

3日目…栗駒山

kitaIMGP4821.jpg

昨日まで歩いた秋田駒周辺は、笹原の緑の中に点在する美しい紅葉。栗駒の其れは斜面一面を錦絵に染める圧倒される紅葉。どちらも甲乙付け難い素晴らしい紅葉が私たちを迎えてくれました。

kitaIMGP4801.jpg
整備行き届いた中央登山道

今回は岐阜までの帰宅日の為、最短コースの中央登山道を歩きましたが、須川温泉からのコースも素晴らしいんでしょうね。季節を変え、コースを変え何度も何度も訪れたい山。栗駒はそんな印象を持たせてくれました。

kitaIMGP4810.jpg
紅葉の海へ……

フェリー移動日を含めて4日間のみちのくの山旅、どうでしたでしょうか?堪能頂けましたでしょうか?
これを機会に是非是非、みちのくの虜に…… 来年は花の時期……??
ご参加頂きました皆さま、4日間誠に誠に有難うございました&大変大変お疲れさまでした。

PS
今晩からみちのく福島の山旅に出かけてきます。本年のみちのく最終企画、天気も回復しそうで……。ご一緒頂きます皆さま、宜しく宜しくお願い申し上げます。

もう一つお知らせ……

kitaIMGP4830.jpg

現在発売中の「岳人11月号」に記事を書かせて頂いてます。
お時間ございましたら一度開いてみて下さい。
ちなみに12月号も特集記事で書かせて頂いてます。駄文ですが………






10月8日~11日…乳頭山&秋田駒&栗駒(速報)

今年から始まりましたみちのく秋田シリーズ、秋田駒ヶ岳&乳頭山&栗駒山。
当初其々単体で登る予定でしたが、お世話に成りました田沢湖高原の宿のおかみさんの強い強いお勧めで、秋田駒から乳頭への縦走コースと成りました。
結果は、感想は……大正解! 駒と乳頭の間がとてもとっても素晴らしいんです。美しい~、雄大さに圧倒~ 何と言って形容すれば良いのか? 何時も何時も思うんですが「東北の山はでっかい!」

1日目…秋田駒八合目から乳頭山

kitaIMGP4048.jpg
秋田駒ヶ岳を背に縦走スタート

kitaIMGP4086.jpg
笹原の斜面に点在する紅葉 「美しい~」

kitaIMGP4148.jpg
千沼ヶ原

kitaIMGP4182.jpg
乳頭山

紅葉はドンピシャ! 絶妙のタイミング&素晴らしい青空の下での至福の一日。

kitaIMGP4222.jpg
乳頭山にて

こんな素晴らしいみちのく企画第一日目をご一緒頂きました今回の主役の皆さまです。何時も何時も貸切でご利用頂き誠に誠に有難うございます。
今夏には福島、そして今回秋田と二回目の東北。東北の山って良いでしょぉ~。
勿論アルプスの鋭峰もそれはそれは見事ですが、東北の山は全く別物……どちらが良い訳ではないのですが、でっかいでっかい此方の山もまた是非訪れて下さいね。

暖かい東北人が笑顔で気さくに迎えてくれるのは楽しみ、山&温泉&料理そして人柄……

2日目…秋田駒ヶ岳

kitaIMGP4268.jpg

生憎のガスの中のスタート、とにかく最高点「男女岳」へ…

kitaIMGP4318.jpg
男女岳の登路から見る弥陀ヶ池

3日目…栗駒山

kitaIMGP4396.jpg
雨の中、中央登山道を登る

雨、雨、雨…真っ赤に彩られた紅葉に励まされ。

kitaIMGP4408.jpg

赤、黄色、オレンジ…斜面一面絵の具の世界。きっとガスが晴れ日差しを一杯に浴びると綺麗なんでしょうね。
ですが雨の中の紅葉も趣があって中々……
日差しを浴びた紅葉の栗駒は今度また、コースを変え、時間をたっぷり取り…時間さえあれば須川温泉からのコースが良さそうです。
是非是非、またご一緒させて下さい。きっとその時は錦絵の十二単を纏った栗駒が満面の笑みで迎えてくれると思います。

ご参加頂きました皆さま、4日間誠に誠に有難うございます。

次回、11月は大山はじめ山陰の山旅 12月は小豆島の山旅……その節も宜しく宜しくお願い申し上げます。

そして来年、花のみちのく企画も宜しくお願い申し上げます。


10月6日~7日…大日三山縦走

kitaIMGP3902.jpg
大日岳付近より「剣岳」

kitaIMGP3877.jpg
大日小屋前より

kitaIMGP4017.jpg
新室堂乗越付近より

kitaIMGP3930.jpg
大日三山縦走路にて… これから目指す奥大日岳

kitaIMGP3998.jpg
室堂を眼下に

称名の滝から大日小屋宿泊、奥大日を経て室堂まで歩いて頂きました。
アルプスの稜線は秋色本番、剣の雄姿を横目に快適縦走。とりあえず速報で写真だけ……

明日からはみちのくシリーズ、秋田駒ヶ岳・乳頭山・栗駒山の秋を楽しんできます。

では……詳細は東北から帰りましたら

10月3日~4日…飯綱山&戸隠山

10月3日…飯綱山

kitaIMGP3613.jpg
飯綱山登路より 戸隠・高妻連峰

戸隠高原を挟んで対峙する女性的な「飯綱山」男性的な「戸隠山」の二百名山ニ座を歩いて頂きました。

kitaIMGP3634.jpg
モノトーンの世界に浮かび上がる趣きある紅葉

kitaIMGP3630.jpg
360度の大展望を誇る飯綱山も一面乳白色の世界

10月4日…戸隠山

kitaIMGP3683.jpg
戸隠奥社へと続く杉並木

kitaIMGP3711.jpg

戸隠奥社から登山道は始まり、少々の急登を熟すと……これでもかこれでもかと続く鎖場。それもアルプスの鎖場の常識を覆す垂直の壁、元々は楽しむ為の登山道でなく修行の為の道だったんでしょうね。

kitaIMGP3729.jpg
戸隠名物「蟻の塔渡り」

kitaIMGP3727.jpg

此処、はっきり言っておっかないです。距離は短いものの大キレットなどの方が安心して歩けます。

kitaIMGP3735.jpg

幾つもの鎖場&ナイフリッジを熟して辿り着いた戸隠山、今回の主役のお二方です。何時もご参加誠に有難うございます&体力・神経ともに大変大変お疲れさまでした。
アルプスの主要な難コースを数々歩かれてるお二方ですが、戸隠のナイフリッジは中々手ごわかったとか……

kitaIMGP3739.jpg

戸隠の頂上到着に合わせてくれた様に絶妙のタイミングで青空が広がり、色とりどりの紅葉が鮮やかに…

kitaIMGP3742.jpg

kitaIMGP3753.jpg

kitaIMGP3758.jpg

戸隠山頂上から一不動(高妻分岐点)へ…。右側は絶えず切れ落ちた絶壁…

kitaIMGP3776.jpg
縦走路、一不動手前より「高妻山」

前回の高妻山ブログの時に表現させて頂いた「気高さ&気品」、その慣用が間違いなかった事を思わせる一枚。
縦走中絶えず目で追う高妻の姿、是非是非皆さんも戸隠縦走路からこの姿を見てみて下さい。きっと一目ぼれしますよ。

戸隠山…きびしさと面白さが同居する魅力的な山、楽しい2日間を過ごさせて頂きました。
ご同行させて頂いたお二方、誠に有難うございます。

「我こそは戸隠」とお思いの皆さま、是非ご一報ください。戸隠はスリルと感動の一日を皆さんの為に演出してくれます。

さあ、今晩からは北アルプスへ……奥大日岳へ行ってきます。アルプスの紅葉はどんな姿で迎えてくれるでしょう? ご一緒させて頂きます皆さま、宜しくお願い申し上げます。


プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。