スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月29日…高妻山

kitaIMGP3483.jpg
早朝の戸隠牧場、高妻山への登山道は牧場内を通る

kitaIMGP3495.jpg

戸隠牧場をスタート、鎖場を数か所こなし2時間程で戸隠山から高妻山への稜線に到着。稜線を高妻側へ少し進むと初めてキリッとした鋭峰「高妻山」が姿を現します。美しい三角錐、荒々しい岩場のダイナミックさはお隣の戸隠山に譲るものの、美しさと気高さ&気品は、戸隠連峰随一と呼んでも過言ではないでしょう。

kitaIMGP3499.jpg

高妻山へのアップダウンが連続する長い稜線上で最初に目に飛び込んでくるのは、今年も何度もお世話に成った「白馬岳」

kitaIMGP3505.jpg

此方は一目で判る「槍穂高連峰」

kitaIMGP3523.jpg

アップダウンを繰り返す事〇〇回、目前に迫る秋色に彩られた「高妻山」

kitaIMGP3534.jpg

ラスト1ピッチ、ここからが辛~い所ですが……絶景が待ってます。

kitaIMGP3544.jpg

妙高山を背に一気に高度を上げていきます。左端の雲間には火打山

kitaIMGP3556.jpg
日本百名山「高妻山」

戸隠牧場を出発して4時間半程、大変大変お疲れさまでした。本日の主役の皆さま、登頂おめでとうございます&ご参加誠に誠に有難うございます。

kitaIMGP3560.jpg

後立山連峰から槍穂高連峰まで、北アルプスのパノラマを眺めながらのランチのお味はどうでしょう?
日差しは強くとも頬打つ風は秋の香りが漂い、身も心も優し~く癒されるひと時。

kitaIMGP3562.jpg

右から…白馬鑓ヶ岳、不帰の険を経て唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳。奥に立山&剣岳。

kitaIMGP3569.jpg

何時までも何時までも眺めていたい絶景……。

kitaIMGP3580.jpg

何時までも居たい気持ちを押し込め、紅葉輝く中を下山開始。

kitaIMGP3577.jpg

ナナカマドの紅葉と黒姫山

kitaIMGP3598.jpg

美しい山容、ニコルが愛した「黒姫山」。来年は是非ご一緒しませんか? 見ても美しく、歩いても美しい山ですよぉ~。

早朝6時少々前に出発、16時前に下山。休憩等含み10時間程、皆さま大変大変お疲れさまでした。次から次へと変わりゆく絶景、それにも増して皆さんの楽しいトーク&山談義、誠に有難うございます。
次回のリクエストは「浅間山」、火山館付近ではカラマツの美しい黄金色に輝く紅葉が出迎えてくれる事と思います。今日は長丁場でコーヒータイムは取れませんでしたが、次回は「岳珈琲店 浅間店」開店させて頂きま~す。楽しみに楽しみにお待ちください。

ではでは今日も一日誠に有難うございました。

◇ここでその「浅間山追加日程」のお知らせをさせて頂きます。

10月24日(水) 注:23日夜出発

浅間山(前掛山)

参加費:13,000円(諸費用別途)

定員&残席: 定員6名 残席2名(10月2日現在)
皆さまのお申込み、お待ちしてます。




スポンサーサイト

9月25日…浅間山(前掛山)

kitaIMGP3399.jpg
浅間山荘からの深い森を抜けると、外輪山の荒々しい岸壁が目に飛び込んでくる

お客さまからのリクエストで浅間山(前掛山)まで歩いて頂きました。登山口の浅間山荘から本峰直下までは概ね緩やかな歩きやすい道、美しい森&青空に映える外輪山の荒々しい岸壁を楽しみながらのんびりと。

kitaIMGP3419.jpg

本峰の登りに差し掛かると様相は一変、火山岩の登山道を一歩一歩淡々と……

kitaIMGP3450.jpg

オンタデは早や秋色に衣装替え…

kitaIMGP3436.jpg

本日の主役の皆さまです。何時も貸切でのご利用誠に有難うございます&大変お疲れさまでした。来月は「フェリーで行くみちのくの山旅」、秋田駒ヶ岳&乳頭山&栗駒山も素晴らしい錦絵の世界で迎えてくれる事と思います。

kitaIMGP3455.jpg

前掛山直下の天空歩道、嬬恋の美しい田園風景を眼下に……

kitaIMGP3466.jpg

本峰を下りきった所でランチタイム、美しいスカイラインを描く浅間山を背に贅沢ランチ??

右端の方、7月6日に宮崎を出て10月中旬まで本州中部の山々を渡り歩いてみえるとか……。柔らか~い語り口調で楽しいお話を聞かせて頂きました。たった一度の人生、楽しんで生きたいですね。

PS
気の合ったお友達と、こんなプライベート企画どうでしょう? 行きたい山ございましたらどしどしリクエストしてみて下さい。皆さまの夢&憧れ叶えま~す。

9月22日~23日…日光白根山&赤城山

kitaIMGP3343.jpg
白根山直下より五色沼

kitaIMGP3365.jpg
五色沼畔を歩く

kitaIMGP3371.jpg
此方は弥陀ヶ池

kitaIMGP3329.jpg
日光白根山頂上にて

個性的な山が多い上州、その中でも超メジャヤーな百名山ニ座登頂企画にご参加頂きました皆さまです。
何時ものご参加誠に有難うございます&大変お疲れさまでした。
今日の白根山は狭い頂上では押し合う程の混雑ぶり、老若男女問わず 家族連れからカップルまで……コースの取り方によっては誰もが親しめる山。そんな印象をうけました。

kitaIMGP3383.jpg
赤城山下山路から望む大沼

2日目の赤城山は生憎の天気、朝から絶えず降り続く雨の中の辛い登山、行程は短いながら「辛~い」の一言。
それでもそれでも2日間で二座登頂おめでとうございました。

上州は良い山が一杯……
百名山ではこの他「上州武尊山」「皇海山」、それ以外でも「妙義山」「榛名山」「荒船山」…そして言わずと知れた尾瀬の山々。温泉&美味しい夕食&個性的な山々、そんな群馬の山へ足を運んでみて下さい。
きっと素晴らしい山旅&思い出に成ることと思います。

PS
長く通行止めと成ってました「皇海山」への林道が通行できるように成りました。
11月の日程に組み込みますので宜しくお願いします。

◇11月3日(土)~4日
百名山「皇海山」&〇〇山  もう一つの山はまだ決まってません。候補としては女峰山など

老神温泉宿泊

参加費:23000円(諸費用別途)

定員6名  残席1名(お早目にお申込み下さい)

またまたPS
今晩からは夜行日帰りで「浅間山(前掛山)」へ行ってまいります。
ご一緒頂きます皆さま、宜しくお願い申し上げます。

9月18日~20日…越後駒ヶ岳&平ヶ岳

9月19日…越後駒ヶ岳

kitaIMGP3248.jpg
越後駒ヶ岳頂上にて

kitaIMGP3268.jpg
ガスが湧きあがる駒ヶ岳稜線

9月20日…平ヶ岳

kitaIMGP3292.jpg
広い草原&湿原の頂上台地

kitaIMGP3294.jpg
霧に包まれる姫池

秘湯「銀山平」を起点に越後(魚沼)の名峰二座を登頂して頂きました。快晴とはいきませんでしたが、さほどの雨に降られる事もなく無事百名山ニ座登頂おめでとうございます。
そして大変大変お疲れさまでした&誠に有難うございます。

とりあえずご報告まで……

今晩からは日光遠征、ご一緒頂きます皆さま宜しくお願い申し上げます。

9月16日~17日…笠ヶ岳

kitaIMGP3219.jpg
杓子平にて… 笠ヶ岳をバックに

2日連続の快晴、秋晴れの下「笠ヶ岳」を歩いて頂きました。2日目は強風の為、弓折岳への稜線歩きは断念し笠新道を下山して頂きましたが、天気は快晴…予報では雨でしたが。
槍・穂高・裏銀座の山々を眺めながらの雲上漫歩、大満足頂けたのではないでしょうか?
とりあえずご報告(速報)でした。

明日からは越後魚沼の山々、3日間また留守をします。
ご一緒頂きます皆さま、宜しくお願い申し上げます。

9月11日~14日…鳥甲山&佐武流山&岩菅山&白砂山

三泊四日で二百名山四座登頂、少々と言うかかなりハードな企画…お客様のご希望を頂き実現させて頂きました。今回は愛知の方&遠路遥々の熊本からお二人、遠い所ご参加頂きまして誠に誠に有難うございます。
目指すは二百名山踏破、これから多少なりともお力になれればと思っておりますので宜しくお願い申し上げます。

11日…鳥甲山

kitaIMGP3048.jpg

秘境「秋山郷」の鋭峰、ナイフリッジ等 ヤセ尾根&鎖場が続く登路。創意工夫、三点確保…登って楽しい山です。

12日…佐武流山

kitaIMGP3087.jpg

往復10時間以上、長~い林道歩きあり 靴を脱いでの渡渉あり……ひたすら歩き、また歩き辿り着いた奥深~い頂上。今回の企画の最難関の山、美しい山容でもなく、鋭峰でもなく…何とも形容しがたい奥深い山。充実感?満足感?、やっぱり疲労感?? とにかくとにかく「佐武流登頂」おめでとうございます&大変大変お疲れさまでした。
今回の主役のお三方です。企画リクエスト&ご参加誠にありがとうございます。

13日…岩菅山

kitaIMGP3117.jpg

秋山郷から場所を写し志賀高原へ…。さすが志賀、昨日までの静かな山歩きとは打って変わり賑やかな頂上。
4日間の中では一番行動時間の短い、骨休めな山行でした。

14日…白砂山

kitaIMGP3132.jpg
堂岩山から白砂山への美しい稜線

kitaIMGP3151.jpg
手前「佐武流山」と左奥「鳥甲山」

kitaIMGP3152.jpg
奥に岩菅山

四日間の中で一番の天気に恵まれた一日、頂上からは締めくくりに相応しく 今回登って頂いた山が一望。これって嬉しいですよね~。
1日目:8時間 2日目:12時間 3日目:6時間 4日目:8時間(休憩含) よくよく歩いて頂きました。素晴らしい体力、気力、パワー……きっときっと二百名山登頂達成される事と思います。
そして昼だけでなく夜も…皆さまと楽しいひと時を過ごさせて頂き誠に有難うございます。
これからも楽しい山行をご一緒させて頂く事、楽しみにしてます。今後とも宜しくお願い申し上げます。

さあ今晩から北アルプスへ…稜線上はもうしっかり秋風¥の装いなんでしょうね。
ご一緒頂きます皆さま、宜しくお願い申し上げます。

9月9日…日向山

kitaIMGP3032.jpg

kitaIMGP3014.jpg
日向山(雁ヶ原)に咲くオオビランジ

毎年恒例の日向山(雁ヶ原)ビランジ詣で、今年も元気よく変らない姿で迎えてくれました。

kitaIMGP3012.jpg

樹林帯を抜けるとそこは海岸と見間違う様な白砂の世界

kitaIMGP3011.jpg

のんびりランチタイム

kitaIMGP3022.jpg

自然が造り出した天然のオブジェ

kitaIMGP3015.jpg

そんなのんびりした一日をご一緒頂きました本日の主役の皆さま、何時もご参加誠に有難うございます&お疲れさまでした。
ビランジの花、白砂の異空間、時間を忘れさせてくれるひと時…日頃の疲れを優しく包み癒してくれるのは、こんな低山かもしれませんね。

9月4日~6日…剣岳

kitaIMGP2961.jpg

岩の殿堂「剣岳」へ…平日ど真ん中&剣山荘連泊でのんびり挑戦して頂きました。
今企画の主役のお三方です。ご登頂おめでとうございます&大変大変お疲れさまでした。
登り始めから最後まで、危険がいっぱい! 体力だけでなく神経もすり減らし……自分の手と足でしっかり登って頂きました。
kitaIMGP2978.jpg
カニのヨコバイ

kitaIMGP2984.jpg

写真ではあんまり恐怖感は感じないかも?? しれませんが……必死に必死に歩いた一日。剣山荘に着くと身も心もぐったり?? 
ですが……憧れの剣登頂、それはそれは充実感?満足感?達成感? すべてすべて一杯詰め込んだ一日。今年一番の一大イベント、「さあ来年はどこを目指しましょう??」

剣で過ごした3日間、皆さま誠に誠に有難うございます。

PS
kitaIMGP2994.jpg

8月中旬から末までの半月間、怪我で休業させて頂きましたが、9月1日の槍ヶ岳から今回の剣岳と無事山に復帰させて頂きました。その節は皆さまにご迷惑、ご心配かけ誠に申し訳ありませんでした。心よりお詫び&お礼申し上げます。これからも今まで同様ご愛顧頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

復帰戦が「槍ヶ岳」「剣岳」とリハビリにはちょっと……、ですが普通に歩ける幸せを一杯一杯感じた6日間でした。
まだ患部は痛みは残るものの歩くのには支障はなく…元気に仕事をさせて頂いてます。

写真は剣山荘前で……山荘でゆったり過ごし景色を眺め、山の世界に帰ってきた喜びをたっぷり感じるひと時です。

9月1日~3日…槍ヶ岳(速報)

足と手の怪我で皆さまには半月間の間、ご迷惑&御心配頂き誠に申し訳ありませんでした。無事今回の「槍ヶ岳企画」で山に復活しました。
今回「槍ヶ岳リハビリ企画?」にお付き合い頂きました皆さま、誠に有難うございます。
患部は痛みが少々残るものの歩くのには全く支障は無くなりました。これからより一層パワーアップしますので、末永く宜しくお願い申し上げます。

kitaIMGP2930.jpg
槍ヶ岳(飛騨乗越直下)にて…… 裏銀座の山々を背に

kitaIMGP2901.jpg
「夢は叶います」 槍ヶ岳頂上にて

「満員御礼」今回の企画にご参加頂きました主役の皆さま、3日間大変大変お疲れさまでした&ご参加誠に有難うございます&夢の槍ヶ岳ご登頂おめでとうございます。

詳細は後日……申し訳ありません。

明日からは「剣岳」、ご一緒頂きます皆さま宜しくお願い申し上げます。
では…とりあえず今日はお休みなさい。

プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。