スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月21日~23日…悪沢岳&赤石岳

t_IMGP2040.jpg
早朝の千枚岳、雨は上がり好天の予感

1日目は椹島から千枚小屋へ
そしてメインの2日目…悪沢岳から赤石岳へ縦走、行程は10時間の長丁場。夜中降ってた雨も上がり千枚岳に着く頃にはガスが流れ、眼下に広がるのは幻想的な雲海。

t_IMGP2039.jpg
千枚岳より赤石岳を望む

目的地の赤石岳も姿を現してくれました。

t_IMGP2047.jpg
千枚岳から縦走開始

t_IMGP2050.jpg
まずは荒川東岳(悪沢岳)…

t_IMGP2062.jpg
一旦大きく下り荒川中岳へ…

t_IMGP2063.jpg
ハクサンイチゲ

t_IMGP2077.jpg
シナノキンバイ&ハクサンイチゲetc…斜面は花の競演

t_IMGP2091.jpg
荒川中岳を越え赤石岳へのトラバース道

t_IMGP2094.jpg
赤石への辛い登りも花々に癒されて…(チングルマ&ミネズオウetc)

t_IMGP2098.jpg
赤石岳頂上にて…

t_IMGP2100.jpg
クロユリもちらひらと

2日目は目まぐるしく変わる天気に翻弄され、雨具を何回着脱したことか…。朝の雲海を見て晴れると思ったんですけどね。
何はともあれ本日の歩行時間、休憩も入れて12時間。大変大変お疲れさまでした。疲れはされたでしょうけど、悪沢から赤石まで歩き通せた事を自信に思ってくださいね。

3日目の朝…

t_IMGP2106.jpg
朝日に照らせれた赤石岳(赤石小屋より)

t_IMGP2109.jpg

出発準備、登山靴の紐を結び、ふと視線を上げると正面に「聖岳」の雄姿が。

t_IMGP2119.jpg

3日目は椹島へ下るだけの3時間半程。
今回の主役のお三方です。ご参加誠にありがとうございました&結構ハードな行程、大変大変お疲れさまでした。
残念ながら快晴の稜線歩きを楽しんで頂く事は出来ませんでしたが……それはまたどこかの山でリベンジを。

まだまだ夏は始まったばかり、頑張りますよぉ~

PS
t_IMGP2122.jpg
椹島での一枚

こんな可愛らしい手作り植木鉢に目が止まりました。微笑ましいひと時、何故か笑みがこぼれます。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

7月15日~17日…尾瀬「燧ヶ岳」「至仏山」

♪夏が来れば思い出す~♪ 花最盛期の尾瀬&百名山ニ座登頂企画、満員御礼有難うございます。

1日目…大清水~尾瀬沼ヒュッテ

t_IMGP1868.jpg
尾瀬沼越に眺める燧ヶ岳

t_IMGP1873.jpg
燧ヶ岳の脇に落ちる夕日

1日目は登山口「大清水」から「尾瀬沼」まで…今回の企画の序章、途中少々雨が落ちたものの 潤いを得た緑&尾瀬沼の草原を楽しみながらまずまずのスタート。

2日目…燧ヶ岳&尾瀬ヶ原

t_IMGP1888.jpg t_IMGP1889.jpg
ハクサンシャクナゲ                  キヌガサソウ

花々を楽しみながら伊藤新道を詰め燧ヶ岳へ…
写真では捕える事は出来ませんでしたが、富士山まで遠望。紺碧の空の下上々の天気、少々暑すぎるくらい??

t_IMGP1895.jpg
尾瀬沼を眼下に高度を上げていきます

t_IMGP1910.jpg
尾瀬ヶ原を眼下に…燧ヶ岳にて

今回の主役の皆さまです。何時もご参加&満員御礼誠に有難うございます。最高の天気に恵まれた尾瀬での3日間、日頃の疲れを癒して頂けましたでしょうか??
山は、自然は心のホスピタル…そんな癒しの企画に心がけて参りますので、これからも宜しくお願い申し上げます。

t_IMGP1923.jpg
見晴十字路の山小屋群と燧ヶ岳

燧ヶ岳での最高の展望を楽しみ、見晴新道を駆け下り…もう一つの楽しみ「尾瀬ヶ原散策」

t_IMGP1934.jpg
ニッコウキスゲ&至仏山

t_IMGP1948.jpg
オゼコウホネ

t_IMGP1950.jpg

t_IMGP1953.jpg

「二座登頂はちょっと無理かな?」って方でも尾瀬ヶ原だけでも充分楽しめます。今度の秋、来年の夏とそんなのんびり企画も追加したいと思ってます。
大手旅行社のツアーでは出来ない、少人数ののんびり尾瀬ヶ原ハイク…「良い所があったら立ち止まっても良いじゃあない?」、「私のお勧め…木道に寝転がって空を見る」な~んてのも。
「時間がゆったり流れる尾瀬ヶ原企画」、その節は宜しくお願いします。

3日目…至仏山

t_IMGP1999.jpg
山の鼻より尾瀬ヶ原を背に至仏山へ…

昨日歩いた尾瀬ヶ原の木道がジオラマの様に…歩いた道が見えるのって感動の瞬間ですよね。
昨日は時間の関係で少々急ぎ足で歩いた尾瀬ヶ原、次回は是非季節を変えコースを変えのんびり歩いてみて下さい。尾瀬は何度訪れても違った表情を見せてくれます。

t_IMGP1995.jpg t_IMGP1983.jpg
ジョウシュウアズマギク               オゼソウ

t_IMGP2006.jpg t_IMGP2021.jpg
ホソバヒナウスユキソウ              ハクサンコザクラ

t_IMGP2000.jpg t_IMGP2007.jpg
ヒメシャクナゲ                    タカネイバラ

t_IMGP2014.jpg t_IMGP2002.jpg
チングルマ                      至仏山頂上にて

t_IMGP2016.jpg
青空の下、フィナーレは鳩待峠へ

梅雨明け宣言、最高のタイミングでの尾瀬での3日間…誠に誠に有難うございました&大変お疲れさまでした。
奥が深~い尾瀬、次回は季節を変え是非訪れてみて下さいね。
きっときっと今回とは全く違った笑顔&表情で、尾瀬は優し~く迎えてくれるでしょう~。

日頃の仕事OR家事で疲れたら…尾瀬へ心の洗濯に。是非是非…

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


7月14日…四阿山&根子岳

百名山「四阿山」、花の百名山「根子岳」二座周回企画…霧に覆われた一日でしたが、今が旬の花々をのんびり楽しみながら歩いて頂きました。

t_IMGP1841.jpg
岩場にひっそり咲くリンネソウ

t_IMGP1854.jpg
エーデルワイスの仲間「ミネウスユキソウ」

t_IMGP1847.jpg
道脇にはハクサンチドリ

t_IMGP1846.jpg t_IMGP1849.jpg
カラフトイバラ                    ハクサンフウロ

t_IMGP1833.jpg
四阿山頂上にて…

本日の主役の皆さまです、大変お疲れさまでした&花々に癒された一日、誠に有難うございました。
展望は霧に包まれ乳白色の世界でしたが、花々はそのミストを得て活き活きと……今が旬の四阿山、たっぷり楽しんで頂けましたか??

夏山本番はこれから、花々は徐々に高度を上げ7月末には3000mの世界へ……。
ハイシーズンに向け体調を整え、皆さんに最高の夢舞台を楽しんで頂けますよう努めて参りますので宜しくお願い申し上げます。

ではでは…次回はアルプス一万尺でお会いしましょう~

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

7月12日…苗場山

t_IMGP1792.jpg
苗場山高層湿原ではチングルマなどの花々がお出迎え

急遽お客様にリクエスト頂いた苗場山、例年より花の開花は少々遅れてたようで。それが幸いし満開の花々がお出迎えしてくれました。

t_IMGP1800.jpg
どこまでもどこまでも広がる苗場高層湿原、ただただだだっ広い

t_IMGP1809.jpg
池糖が点在

t_DSC06058_R.jpg
苗場山頂上にて(お客さまからご提供頂きました)

t_IMGP1808.jpg
鳥甲山を背に…

本日の苗場のひと時、その主役の皆さまです。リクエスト誠に有難うございました&大変お疲れさまでした。
例年なら6月末から7月初旬に迎える花の最盛期、今年はかなり遅れてる様です。
チングルマ、コイワカガミ、ヒメシャクナゲetc ……苗場の初夏を彩る主役達も揃い踏み、絶対雨だろうと思ってたけど殆ど降られず。
超超ラッキーな本日ご参加頂いた皆さまでした。

草紅葉の苗場、此方もいいですよぉ~。是非是非……

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

7月10日~11日…栗沢山~アサヨ峰~鳳凰(赤抜沢の頭)

当初の企画では「銚子ヶ峰から白山禅定道縦走」でしたが、何分今年は残雪が非常に多く今コースは危険を伴うため断念。 お客さまからのご提案を頂き、「アサヨ峰から鳳凰縦走」に変更させて頂きました。

ご提案頂きましたお客さま、誠に有難うございます。

1日目…北沢峠からアサヨ峰を経て早川尾根小屋

t_IMGP1696.jpg

北沢峠から仙水峠を経て「栗沢山」へ、そこからが楽しい楽しい縦走コース。
天気予報は晴れ……でしたが稜線上は厚い霧の中、「う~ん、山の天気は判らないもんですね」
岩稜歩きでアップダウンを繰り返し…厳しい所をわざわざ選んで咲く花々に癒され、展望は見えずとも楽しいひと時。

t_IMGP1704.jpg
雷鳥の雄

t_IMGP1703.jpg
雷鳥の雌

アサヨ峰直下ではつがいの雷鳥がデート中、照れたのか別々の方角へ。楽しいひと時を引き裂いちゃったみたいですね。

t_IMGP1707.jpg
本日のメイン「アサヨ峰」頂上にて

到着したアサヨ峰も今までと同様、乳白色の世界。甲斐駒、北岳、八ヶ岳……展望は心の目で想像し。
「360度きっと素晴らしい展望なんでしょうねぇ~」 明日こそは、明日こそは……ですが予報は雨。

そして本日の宿、まだ営業前の「早川尾根小屋」へ…

2日目…高峰から鳳凰・赤抜沢ノ頭へ

t_IMGP1721.jpg
早川尾根小屋の少し先より北岳の雄姿

まだ暗い3時半に目をさまし空を眺めると、降ってきそうな満天の星が輝き 鋭鋒のシルエットを映し出すのは第二の高峰「北岳」。
予報は「雨だよね」……現実は……。 昨日に引き続き「山の天気って判りませんね」

t_IMGP1741.jpg
甲斐駒ケ岳を背に鳳凰へ向け快適な稜線歩き

t_IMGP1745.jpg
高峰に着く頃には正面に富士山も顔を出し…

t_IMGP1762.jpg
この稜線、花の数は左程多くないものの…

t_IMGP1753.jpg
鳳凰が近くなると登山道も輝くばかりの白砂に

t_IMGP1754.jpg
地蔵岳オベリスクを背に 赤抜沢ノ頭にて

今日の最終目的地、鳳凰三山の稜線上「赤抜沢ノ頭」。

今回の主役の皆さまです。何時もご参加・ご指名誠に有難うございます&大変お疲れさまでした。
梅雨の中休み、天気にも恵まれた縦走の2日間&殆ど誰とも会わなかった静かな2日間。南アルプス北部をたっぷり満喫頂けたかと思います。

下界ではきっと30度を超す夏日、ですがここアルプスの稜線上は別天地。日差しは強いものの、吹き抜ける風は優しく体を冷やし、目に映る緑&アルプスの峰々は心まで届き……これ以上ない夏休み?? 僕も仕事中である事を忘れさせちゃいます。
そんなひと時をお客さまらと共に共有させて頂ける事に、誇りと感謝一杯……誠に誠に有難うございます。

中止に成った「白山禅定道縦走」は8月初旬にリベンジ決定! その節も是非是非宜しくお願いします。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

7月7日~8日…仙丈ヶ岳

t_IMGP1642.jpg
仙丈ヶ岳頂上直下からは中央アルプス&北アルプスの大パノラマ

アルプス入門コース&山小屋体験、北沢峠から馬ノ背ヒュッテ宿泊でののんびり仙丈ヶ岳を楽しんで頂きました。
t_IMGP1644.jpg
眼下に広がる雲海、頂上へアタック

t_IMGP1650.jpg
ハクサンイチゲ

t_IMGP1657.jpg
仙丈ヶ岳頂上にて

今回の主役の皆さま、大変お疲れさまでした&アルプス3,000m峰登頂おめでとうございます。初めてのアルプス&山小屋を体験された方、どうでしたか?? 自分の足で立った高峯、感慨もひとしおでしょ。これを機会にアルピニスト?の仲間入り??。是非是非これからも末永く続けていってくださいね。
山は逃げたりしませんので、のんびり急がず……何時までも長~く歩いて頂きたい、そしてまたご指名宜しくお願いします。

のんびり過ごさせて頂いた3000m峰での2日間、誠に誠に有難うございました。

7月5日~6日…榛名山&巻機山

t_IMGP1545.jpg
榛名山(掃部ヶ岳)覗岩より榛名富士

1日目は移動日だけで終わらせるのは勿体ない…と言うことで少々ですが榛名山を歩いて頂きました。
どちらかと言うと観光化された山、高速道路からは何時も気に成る山容でしたがやっと今回訪れる機会を得ました。
幾つものピークを総称しての榛名山、「榛名富士」「相馬山」「掃部ヶ岳」……。その中で今回は最高峰の掃部ヶ岳を歩いて頂きました。美しく穏やかな榛名湖、端正な山容の榛名富士……急ぎ足で立ち去るのは勿体ない、是非次回は他のピークへ。そんな気持ちにさせてくれるひと時でした。

t_IMGP1574.jpg
ニセ巻機を経て巻機山本峰へ(奥の鋭峰は割引岳)

越後・清水の素朴な民宿で一夜を過ごし、早朝まだ暗いうちに出発。予報は雨…でしたが朝頂上付近に立ち込めていたガスも見る見るうちに流れ、青空のもとの巻機山登山を楽しんで頂けました。
t_IMGP1577.jpg
頂上付近ではコイワカガミが旬を迎え

t_IMGP1578.jpg
数は少ないが存在感を誇示するハクサンコザクラ

t_IMGP1600.jpg
巻機山頂上にて

今回の主役の御三方、何時もご参加誠にありがとうございます&大変お疲れさまでした。日帰り山行にはどちらかと言うとロングコースですが非常に歩きやすい山です。越後の奥深い山、「駒ヶ岳」「平ヶ岳」「荒沢岳」などなど一杯良い山があります。東海地区からは非常に訪れにくい山域ですが、是非是非皆さんにも歩いて頂きたい山々です。

下山は14時頃、私たちの到着を待っててくれた様に空からは雨粒が落ちてきました。

7月1日~3日…福島の山旅

何時も貸切でご利用頂いてます豊田周辺の皆さまと共に、初夏の福島を楽しんできました。
定宿のご主人のお話では、まだまだ原発の影響でお客さんが少ないとか……皆さん東北は良い所ですよぉ~。もっともっと沢山の方々に訪れて頂ければと思います。

1日目…安達太良山

t_IMGP1387.jpg
安達太良山頂上にて

まず一座目「安達太良山」は深~い乳白色の世界。

智恵子抄の安達太良の空はどこへ……

2日目…東吾妻山

t_IMGP1421.jpg
浄土平から東吾妻山登山口への木道脇はチングルマが名残惜しく…

t_IMGP1426.jpg t_IMGP1430.jpg
コイワカガミ                      シャクナゲ

t_IMGP1404.jpg t_IMGP1436.jpg
マイズルソウ                      サンカヨウ

t_IMGP1441.jpg
東吾妻山頂上にて

t_IMGP1457.jpg
ワタスゲは今が旬

t_IMGP1463.jpg
鎌沼

t_IMGP1480.jpg

東北の安部ガイドさんお勧めの「吾妻小舎」のコーヒー、今では少なくなった昔ながらの山小屋……時間が止まったひと時が過ごせそう。是非一度泊まってみたい山小屋です。

3日目…磐梯山

t_IMGP1488.jpg
昔は温泉宿があった「中ノ湯跡」

3日目にしてやっとやっと晴れてくれました。磐梯山から2日間に渡り登った峰&眼下に広がる猪苗代湖、楽しみです

t_IMGP1491.jpg
まだ白い「飯豊山」、写真では写りませんでしたが「鳥海山」「月山」も

t_IMGP1516.jpg
此方は昨日登った「吾妻山」

t_IMGP1522.jpg t_IMGP1518.jpg
バンダイクワガタ                  カラマツソウ

t_IMGP1524.jpg
猪苗代湖を眼下に…磐梯山頂上にて

頑張ろう東北&頑張ろう日本…毎年恒例のコース、安達太良山&吾妻山&磐梯山登頂と温泉の山旅。総勢7名のお客さまで賑やかに楽しんで頂きました。
何時もご指名誠に誠に有難うございます&3日間大変お疲れさまでした。今回の皆さま、今年は東北イヤー。秋には秋田県の山のご指名を頂きました。 紅葉の秋田駒ヶ岳&乳頭&栗駒山、その節も宜しく宜しくお願い申し上げます。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

6月30日…八経ヶ岳

t_IMGP1346.jpg
大峰・八経ヶ岳オオヤマレンゲ群生地

例年ならオオヤマレンゲ満開のこの時期、今年は少々遅れてるようです。まだまだ蕾は固く、あと10日程???
t_IMGP1344.jpg
弥山から八経ヶ岳へ…

t_IMGP1350.jpg
八経ヶ岳山頂にて

本日ご参加頂きました主役の皆々様方です、何時もご参加誠に有難うございます&大変お疲れさまでした。心配された雨も降らず、頂上では青空が広がるほど。
お目当てのオオヤマレンゲは残念ながら見ることは出来ませんでしたが…それはそれは又どこかで。

誠に誠に有難うございました。

夏山ハイシーズンに突入し有難いことに下界に居る日があまりなく……ちょっと言い訳っぽいんですが、中々満足にブログが更新できません。極力、極力早く更新していきますので辛抱強~くお見守り下さい。
ブログが滞ってる時は、元気に山を駆け巡ってるとご想像下さい。
プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。