スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月30日…銚子ヶ口からイブネ&クラシ

t_IMGP9501.jpg
大平原、銚子からイブネへのんびり散策

鈴鹿のロングコースに挑戦、銚子ヶ口からイブネ&クラシをたっぷり9時間(休憩含む)かけて歩いて頂きました。朝の内は厚い雲に覆われてたイブネも10時を過ぎた頃にはガスは流れ、美しい大平原を見せてくれました。
辿り着いた時は視界不良の為、銚子で引き返すつもりでしたが、ガスが晴れてこれば勿体ない。イブネからクラシにかけてたっぷり道草して頂きました。
t_IMGP9466.jpg
銚子ヶ口から銚子へ…幾つものアップダウンを繰り返し

銚子ヶ口への最短コース・風越林道をスタート、銚子ヶ口からは何度もアップダウンを繰り返し……
t_IMGP9470.jpg
木の根を掴み慎重に…

t_IMGP9486.jpg
苦労して辿り着いた大平原「銚子」

本日の主役の皆さまです。ロングコース大変大変お疲れさまでした&何時ものご参加誠に有難うございます。
着いた時は視界数十メートルの深いガスの中でしたが、15分程休憩してるとガスは一気に流れイブネ&クラシの大景観を目の当たりに。
ここで折り返しの予定を急遽変更、イブネ&クラシへレッツゴー
t_IMGP9497.jpg
目指すイブネは指向の距離

t_IMGP9504.jpg
イブネ頂上にて…

t_IMGP9507.jpg
雨乞岳を背にイブネ&クラシ間をのんびり散策

ロングコース初挑戦の皆さま、予定通りの時間でしっかり頑張って頂きました。ガスが一気に流れたイブネはその頑張りに対する山からの最高のプレゼント?? これで今年の夏山もバッチリ大丈夫、自信を持って挑んで下さいね。
このコース…帰りもしっかりアップダウンの繰り返し。
鈴鹿最奥の「イブネ&クラシ&銚子」へマニアックルートから、ご登頂おめでとうございました&有難うございました。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

4月29日…三ツ峠山

t_IMGP9415.jpg
三ツ峠山荘前より

富士山展望の山「三ツ峠山」へ青空広がる空の下のんびり歩いて頂きました。
この時期特有の春霞で南アルプスなどはクリアーとはいきませんでしたが、上々皆さん大満足。
t_IMGP9422.jpg
開運山への最後の登り

肉眼ではバックに南アルプスの山並みが広がってたんですが写真ではちょっと…
t_IMGP9425.jpg
三ツ峠山最高点「開運山」頂上にて

本日の主役の皆さま、ご参加誠に有難うございました&お疲れさまでした。目的の富士山…ばっちり見れて良かったですね~。強い日差しの下でしたが爽やかな風が流れ最高の山歩き日和。ゴールデンウィーク&最高の陽気で狭い頂上も大賑わい。
t_IMGP9426.jpg
開運山頂上からの富士山、少し頂上部に雲がかかってきました~

t_IMGP9430.jpg
山小屋「四季楽園」前でランチタイム

t_IMGP9437.jpg
木無山へ散策、ロッククライミング練習岩で

t_IMGP9439.jpg
富士山だけでなくこんな出迎えもありました(ニホンカモシカ)

の~んびり歩いた三ツ峠…皆さまいい休日に成られたでしょうか?? 歩行中、移動の車中と話題に上がるのは、これから始まる登山ハイシーズンの行先。八ヶ岳or尾瀬or鹿島槍ヶ岳、そして白馬・槍・穂高……今年も満載の夏山シーズン。2012年の夏も元気に楽しくパワー全開で宜しくお願いします。
今日の富士山のお出迎え、きっと2012年も素晴らしい思い出深いシーズンと成りますよぉ~。
皆さま、今日も一日誠に誠に有難うございました。
PS
明日は鈴鹿「銚子ヶ口からイブネ」、ロングコース&マニアックコース。ご一緒頂きます皆さま、宜しくお願い申しあげます。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


4月28日…烏帽子岳から三国岳

t_IMGP9354.jpg
烏帽子岳山頂直下より右端「霊仙山」

天気が良すぎて良すぎて汗滴り落ちる暑さ、鈴鹿は春を通り越して夏真っ盛り? ほんの20日前は霊仙山などで白銀の世界を歩いてた事が信じられない光景、すっかり山々も雪の姿は消え春の花も待ちくたびれた様に一斉に咲き始めてます。
そんな春真っ盛り?初夏真っ盛り?の鈴鹿北部を歩いて頂きました。
t_IMGP9351.jpg t_IMGP9357.jpg
カタクリはいたる所に…                 イワウチワは少々終期を迎え…

節分草&福寿草から始まった春の花駅伝、今は2区イワウチワ&カタクリ…そして次は? お・た・の・し・み。
t_IMGP9362.jpg
一座目「烏帽子岳」頂上にて

本日の主役のお二方、暑い中大変お疲れさまでした&誠に有難うございました。愛知県と京都からのお二方、鈴鹿の山で癒されて頂けましたでしょうか? 僕はおっとりした京都弁で癒されました。有難うございます。
今年の第一目標はお二方共、6月の「八ヶ岳縦走」、楽しみにしててくださいね。きっと素晴らしい2日間に成ることと思います。
t_IMGP9368.jpg
レンゲツツジ咲く縦走路

t_IMGP9374.jpg
風が通る鉄塔展望地でランチタイム

t_IMGP9380.jpg
最初に立った烏帽子岳、随分歩いてきましたね

t_IMGP9383.jpg
そしてニ座目「三国岳最高点」

t_IMGP9395.jpg
新緑美しい阿蘇谷ダイラ付近

今日の鈴鹿稜線上の暑さは尋常ではなく、三国岳からは一目散に阿蘇谷へ。やっとここで一息、阿蘇谷の冷た~い水で思いっきり顔を洗う事だけを考えて降りてきました。「気持ちいい~」
頭上は優しい新緑のトンネル、癒されますね。
t_IMGP9407.jpg
美しい谷でしょ。ですが此処にももう直ぐ蛭の季節が…

新緑のトンネル、苔むす谷、豊富な清流…そんな清々しい光景&音に一日の疲れを癒されながら。
異常な程の暑い鈴鹿での一日、大変大変お疲れさまでした。ニ山を結ぶプチロングコース、これで今年の夏山も大丈夫。楽し~い夏にしましょうね、宜しくお願いします。

PS
明日は三ツ峠山、勿論富士展望の山。ご一緒頂きます皆さま、宜しくお願いします。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


4月25日…雨乞岳から綿向山縦走

t_IMGP9289.jpg
雨乞岳から清水の頭への気持ちいい稜線(右奥が最終ピークの綿向山)

「鈴鹿ロングコースシリーズ」武平峠から雨乞岳、清水の頭、イハイガ岳を経て綿向山までを歩いて頂きました。
鈴鹿の稜線歩きの中でも屈指のコース、勿論美しすぎるって事で。特に清水の頭周辺はお昼寝お勧めポイント。
このコース、CLUB岳の「目指せ夢のアルプス! 準備コース」定番に本日決定しました~
t_IMGP9258.jpg
武平峠を出発、東雨乞岳直下(バックはイブネ)

t_IMGP9262.jpg
東雨乞岳から雨乞岳本峰

t_IMGP9273.jpg
雨乞岳本峰直下

t_IMGP9284.jpg
雨乞本峰&南雨乞を越え、正面「清水の頭」右奥「綿向山」へ縦走開始

本コース一番の見所「清水の頭」、画像見ただけで歩きたくなる稜線でしょ~。そしてまだまだ遠い綿向山…
t_IMGP9292.jpg
雨乞岳を背に「清水の頭」手前の草原?尾根を歩く

綺麗でしょ。歩きたくなるでしょ。お昼寝したくなるでしょ。
誰もが「一目惚れ」する天空歩道…
t_IMGP9303.jpg t_IMGP9251.jpg
イワウチワ                           シロバナネコノメソウ

鈴鹿にも春本番到来、これから花の襷リレーが始まりますね

t_IMGP9312.jpg
大峠を越え大迫力のイハイガ岳へ

t_IMGP9317.jpg
イハイガ岳でランチタイム

t_IMGP9325.jpg
フィナーレ間近、最終ピーク「綿向山」への最後の登り

黄砂の影響で遠景はボンヤリしてますが…一番奥の雨乞岳から歩いてきた稜線が見渡せるのって良いですよね。
本日のお客さまも何度も振り返り…綻ぶ笑顔は充実感から? 
t_IMGP9339.jpg
最終ピーク「綿向山」到着

遥か遠く「武平峠」から山越え峠越え辿り着いた綿向山…充実感一杯、本日の主役のお二方で~す。ロングコース大変大変お疲れさまでした&何時ものご参加誠に有難うございます。
鈴鹿のマニアック&ロングコースに何度もご参加頂いてるお二人、今日も各ピークから「あそこからあそこまでの尾根も歩いたね」「こっちも」「そっちも」と指差し確認。楽しいひと時、その時の思い出話にも花が咲き…そして最後には「今度はどこ行く?」毎度毎度ありがとうございます。

今年も一杯ご予約頂いてるお二方、これからのハイシーズン宜しくお願い申し上げます。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



4月22日…大菩薩嶺

t_IMGP9219.jpg

気軽に2000mの稜線歩きを楽しめる山、大菩薩嶺を歩いて頂きました。
南アルプス&八ヶ岳を正面に、脇には富士山をお供に雲上漫歩。と行きたいのは勿論ですが、旨くいかないのがアウトドアスポーツ。残念ながら辺り一面乳白色の世界、それでも全国的雨予報の中殆ど降られなかったのが救い??
t_IMGP9227.jpg
雰囲気だけでも想像してみて下さいね。

t_IMGP9236.jpg
日本百名山「大菩薩嶺」頂上にて…

本日の主役の皆さまで~す。何時もご参加誠に有難うございます&大変お疲れさまでした。
う~ん? 何ともこの天気ばかりは……、車中の甲府盆地では「八ヶ岳・富士山・南アルプス・奥秩父の山々」とぜ~んぶ見えたのに。大菩薩の稜線だけに雲がかかってた様で……
t_IMGP9216.jpg
それにしても関東近郊の山は道が広いですね。楽しい山談義を交えながら賑やかに歩ける山、そんな山も中々良いもんですね~。

さあ愈々ゴールデンウィーク突入間近、雪も消え山々にも花の季節到来。陽気も一年で一番の山歩き日和、各企画まだまだ空席はございますので、皆さまお申込みお待ちしてます。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




4月21日…猿ヶ馬場山

t_IMGP9189.jpg
白山連山の山々を背に猿ヶ馬場山頂上付近を歩く

残雪期の今しか登れない山、往復9時間半のロングコース猿ヶ馬場山に挑戦して頂きました。
天気&積雪状態などで大幅にコースタイムが変わり、登頂断念も視野に入れながらの企画。そんな中で今日は超ラッキー、青空が広がり白銀の白山連山もバッチリ。気温が高いせいか足元の雪の状態は少々緩みがち、それでも坪足で歩く分にはさほど問題がある訳でもなく…ほぼ予定通りの登頂&下山と成りました。
t_IMGP9167.jpg
帰雲山への気持ちいい広~い尾根歩き

t_IMGP9172.jpg
白山連山を背に帰雲山への登り

t_IMGP9180.jpg
何度も立ち止まり、振り返り写真撮影

t_IMGP9188.jpg
広~い頂上部

t_IMGP9192.jpg
猿ヶ馬場山頂上にて…

本日の主役の皆さまで~す、登り5時間半大変大変お疲れさまでした&猿ヶ馬場山登頂おめでとうございました。
頂上手前の辛~い一歩一歩、苦労して苦労して辿り着いた頂上…そしてこれらの白銀の絶景が祝福してくれましたね。猿ヶ馬場山を歩き通された事、自身と誇りに思って下さいね。
今シーズン最後の雪山、「さあ来年はどこの雪山にしよう?」…な~んて早や来年の話で盛り上がり、とってもパワフルな皆さまです。
t_IMGP9193.jpg
籾糠山を眼下にランチタイム

t_IMGP9197.jpg
充実感と満足感と自信を一杯胸に詰め込んで帰路につくのでありました

下りは雪の上を駆け下りる様に、あっと言う間の下山。それでも合計9時間半、大変お疲れさまでした&本日も誠に有難うございました。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


4月19日…ソノド&谷山

t_IMGP9128.jpg
谷山展望地で霊仙山を眺めながらランチタイム

岐阜時山から霊仙山への静か~なルート&ロングコースを多少藪を漕ぎながら歩いて頂きました。
往路は…藪谷~ソノド~藪谷峠~谷山
復路は…谷山~県境尾根~五僧
勿論勿論だ~れとも会わない超マニアックルート、予定では明日20日でしたが、雨の中のこのコースは辛い。僕もお客さんも空いてたので本日19日に変更。
最初のピーク「ソノド」からは遥か遠くに見えてた霊仙山もアップダウンを繰り返すごとに近くなり、最終到達地「谷山」ではもう目の前に。霊仙頂上まで40分程の行程ですが今日は割愛。
本日のメイン&お目当ては「ソノド・幾里尾根」と「県境尾根」、どうです?マニアックでしょ~。
t_IMGP9108.jpg
ソノドを越えた辺り

ソノド周辺は歩きやすい尾根道が続きますが、その後は………
t_IMGP9124.jpg
谷山直下…

4月初旬の偵察時はこの辺り一面積雪、藪などがすべて隠れるその頃がいいんでしょうか?
予定では4月3日でしたが例の爆弾低気圧で今日に延びたんです。
t_IMGP9130.jpg
谷山展望地にて…

本日の主役のお二方、何時もご参加誠に有難うございます&行程9時間半、大変大変お疲れさまでした。
何時も僕の新ルート・新マニアック企画に先陣をきって頂くお二方、お蔭でどんどんどんどんスキルアップさせて頂いてます。
勿論今日のルートも「CLUB岳 初企画」…
「静か~な山歩きを楽しみたい方」「鈴鹿を隈なく歩きたい方」「県境稜線を繋げたい方」「一日たっぷり山と戯れたい方」、そんな皆さんに超お勧めです。
そんな皆さま向けの企画、沢山沢山ご用意してお待ちしております。どしどしお問い合わせ下さい~
t_IMGP9144.jpg
復路の「県境尾根」

県境尾根…前半は超快適な道、後半は支尾根が多く要注意。アップダウンも後半の方が多く意外に時間を要します。鈴鹿の山へのお気軽入山は要注意ですよぉ~

たっぷり歩いて頂いた9時間半、何時もながら大変大変大変お疲れさまでした。2012年も鈴鹿をはじめ日本全国のロングコースでご一緒させて頂けます事、楽しみにしてます。

次回は……5月の四国、「剣山から三嶺縦走」と「笹ヶ峰&伊予富士&瓶ヶ森」。山歩きはもとより避難小屋での一夜、楽しみにしてま~す。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

4月18日…五僧から霊仙県境尾根(偵察)

t_IMGP9093.jpg
五僧峠(島津越え)

明日の「時山からソノド&谷山を経て霊仙山」の偵察に行ってきました。
今回は下山コース予定の県境尾根を重点的に。
災害通行止めの「時山・多賀県道」を歩いて五僧へ45分程の行程、峠からは県境尾根を歩きP746地点まで。その先は比較的判りやすいので割愛、行きと帰り間違えやすい支尾根をチェック。6時間程山中をうろうろしてきました。
t_IMGP9084.jpg
対岸には往路予定のソノド

t_IMGP9085.jpg
最終到着点の霊仙山

t_IMGP9088.jpg
昨日お客さんと歩いた「御池岳」

t_IMGP9086.jpg
鈴鹿の芽吹きはまだまだの様ですね

このコース勿論指導標は無し、テープも必要最低限。地図で見ると明瞭な尾根ですが実際その場に立つと、間違いやすい支尾根が結構あります。特にガスで視界不良の時は超要注意です。

明日のコース…
時山奥、藪谷林道~ソノド~幾里山~谷山(霊仙ピストン?)~県境尾根~五僧~藪谷
合計10時間程予定してますロングコース、ご一緒頂く皆さま宜しくお願いします。

こんな感じで時間の空いた時、新ルートの時…山中で登ったり降りたりより良いルートを探ってます。
お一人では中々踏み込めない「マニアックコース」「ロングコース」、そんな充実感たっぷりの一日を皆さんもどうですか? ご指名お待ちしてます。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


4月17日…御池岳福寿草ハイク

t_IMGP9035.jpg
御池岳某所の福寿草

今シーズン3度目の御池岳テーブルランド、平日と言うこともあり静か~なぶらぶら山歩きを楽しんで頂きました。
本日のコースは…鞍掛から鈴北岳、そこからぶらぶら西ボタンブチ・御池・ボタンブチ・幸助の池・奥の平・真の谷…他恒例のあっちこっち。
t_IMGP9003.jpg
鞍掛峠からの美しい尾根を鈴北岳へ

t_IMGP9017.jpg
鈴北岳からはテーブルランドをふらふらと…

t_IMGP9028.jpg
福寿草群生地で撮影会&ランチタイム

t_IMGP9045.jpg
西ボタンブチ・夕日の見えるテラスを経て御池岳へ

t_IMGP9046.jpg
どこまでもどこまでも、こんな美しい風景が広がります

t_IMGP9049.jpg
鈴鹿最高峰「御池岳(丸山)」頂上にて

歩きやすい尾根を選んで自由気ままに、そして辿り着いた先は「鈴鹿最高峰・御池岳頂上」
本日の主役の皆さま、何時もご指名頂いてます豊田周辺の貸切グループの皆さまです。何時も何時も誠に有難うございます&お疲れさまでした。
t_IMGP9056.jpg
ボタンブチ・幸助の池・奥の平…テーブルランド東半分の一部を歩いて頂きました

t_IMGP9069.jpg
こんな美しい池が点在する広~い高原

この後お客様のたってのご希望「真の谷」に下り、鈴北岳への帰路は県境尾根を利用。頂上台地での行程中9割程はバリエーションルート。あっちが綺麗そう、こっちが綺麗そう…と自由気ままに。こんな山歩きが楽しめる御池岳、福寿草の花もまだ暫くは良さそう。4回目の追加日程組んじゃおうかな??? ご希望ございましたらお知らせ下さい。

全行程6時間程、皆さま大変お疲れさまでした。皆さんの今年のテーマは…「東北の山」、楽しく思い出深い2012年に成って頂けます様努めて参りますので宜しくお願い申し上げます。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


4月15日…鈴北岳&御池岳

t_IMGP8931.jpg
鞍掛峠道中腹からの鈴北岳

「初参加の方限定企画第三弾」、本日はご覧の三名さまにご参加頂きました。行程は鞍掛峠からまずは鈴北岳へ、その後は皆さんの余力などを考えどこまで歩くかを決定。
結果は……西のボタンブチから御池岳を経て東のボタンブチまで、御池テーブルランドフルコース完歩。見事に楽しそうに歩いて頂きました。「御池岳を隈なく歩こう即席企画」完歩、おめでとうございます&大変お疲れさまでした。
何時もながらの「岳あっちぶらぶらこっちぶらぶらガイド」、こんな自由気ままに歩く一日も中々いいもんでしょ。
t_IMGP8936.jpg
最初のピーク「鈴北岳」、展望は360度「御岳、槍穂高、笠、白山」などなど

昨日の第二弾のお客さまにもお裾分けしたい絶景、絶対絶対 次回はこんな景色が待ってますからね。青空の日もあれば霧の中の日も、これがアウトドアスポーツ。天気予報は晴マークでも山はガスの中、曇マークでも360度大展望…山の天気は判りません。だからまた楽しいんですよね、「霧の日は幻想的に」「晴れの日は開放的に」…
t_IMGP8942.jpg
鈴北岳からは一般ルートを離れあっちこっちへ

t_IMGP8951.jpg
某所での福寿草

t_IMGP8957.jpg
気が向いた場所でランチタイム

t_IMGP8971.jpg
鈴鹿最高峰「御池岳(丸山)」、ボタンブチを越え更に東へ。

t_IMGP8973.jpg
どこまでも続く大平原「テーブルランド」

t_IMGP8974.jpg
辿り着いた先は東の端「東のボタンブチ」

広~い御池テーブルランドの西の端から東の端へ。皆さん大変大変大変お疲れさまでした&長~い行程お付き合い頂き誠に誠に有難うございました。東の端(東のボタンブチ)では藤原岳がでっかい姿で迎えてくれました。
ですがですが行程はまだまだ遠~い鈴北、そして鞍掛峠へ。
t_IMGP8979.jpg
帰路、奥の平を越え

t_IMGP8982.jpg
再び御池岳(丸山)を越え

朝9時出発、そして行程6時間…大半が一般ルートを歩かない自由きままなルート。こんな山歩き初体験の皆さま、晴れだから出来る&御池だから出来るルート設定。こんな一日をこれからもどしどし提供していきたいと思ってます。こんな一日をおくってみたい皆さま、是非是非「岳」にお出で下さい。楽し~い一日が待ってますよぉ~。

そして本日初参加の皆さま、誠に有難うございました&これからも「CLUB岳」をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
PS
明後日もこの地「御池岳」にお客さまとご一緒させて頂きます。福寿草はばっちり保証付、当日を楽しみにお待ちください。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

4月14日…鈴北岳&御池岳

t_IMGP8888.jpg
純白のベールに覆われた「鈴北岳」

先週に引き続き「初参加の方限定企画」、当初本日土曜日だけだったんですが天気予報を見て明日の日曜日にも追加。都合のいい方は明日に移動して頂き、本日は一名さま。
例年より工事で2週間遅れた「鞍掛峠への国道開通」、満を持して訪れたテーブルランドは予報通り深い霧の中。
それでも出来る範囲内であっちこっち歩き回って頂きました。
t_IMGP8893.jpg
鈴北岳・丸山間の積雪状況

歩くには問題ない程度の積雪、ですが本日国道開通のせいか雪上の踏み跡は少なく、初めてこの地を訪れる方は要注意。
t_IMGP8900.jpg
鈴鹿最高峰「御池岳」頂上にて…

本日の貴重な一名のお客さま、霧の中大変お疲れさまでした&初参加誠に有難うございました。
登山も始められたばかり…真新しい雨具に身を包み。
心配してみえた体力面も全く大丈夫です。これから末永く続けていってくださいね。
t_IMGP8902.jpg
ボタンブチ、奥の平周辺と歩き回ってみましたが、晴れる様相はなく

t_IMGP8905.jpg
帰路は西のボタンブチ方面へ

「何時かは晴れる」を信じてテーブルランドをふらふらと彷徨ってみましたが……一向に。
t_IMGP8912.jpg
締めは「元池」で…

仕方なく「元池」で最後の締めをし、鈴北岳から一路「鞍掛峠」へ。
是非是非テーブルランドの広大な風景を、もっとのんびりと東から西まで歩いて頂きたかったんですが。今回は残念! 何時かまた別方向から歩きましょう~。素晴らしい所ですから。
しかししかし、こんな天気の中 楽しそうに楽しそうに歩いて頂き、誠に有難うございます。これからも末永いお付き合い宜しくお願い申し上げます。


☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

4月12日…日本コバ&衣掛山

t_IMGP8842.jpg
美しい日本コバ「藤川谷」

日本コバと言えば、藤川谷の苔むす美しさ。山のてっぺん近くまで行っても結構な水量を持つ水の豊富さ。
山が荒れず健全な姿を残してる証拠でしょうね。
そんな日本コバへ青空の下、少々汗を掻きながらのんびり歩いて頂きました。
t_IMGP8836.jpg
苔が美しい~

t_IMGP8847.jpg
鈴鹿の低山侮るなかれ…こんな高度感ある岩場もあります(岩屋にて)

t_IMGP8852.jpg
県境稜線の山々(竜ヶ岳ほか)

t_IMGP8861.jpg
日本コバ頂上にて…

岩屋付近の岩場を除き概ね歩きやす~い道、きっと秋の紅葉シーズンも素晴らしい錦絵の世界を見せてくれる山だと思います。
そんな日本コバ企画にご参加頂きました本日の主役のお二方です。何時もご参加誠に有難うございます&大変お疲れさまでした。絶好の山歩き日和、多かった雪もすっかり姿を消し鈴鹿にも本格的な春が来ました~
t_IMGP8864.jpg
往路を戻らず、昭文社の地図・点線ルートをぐるっと周回。歩きやすく気持ちいい尾根…

t_IMGP8871.jpg
ニ座目ゲット! 衣掛山頂上にて…

ぐるっと周回コース(バリエーション)後半でちょっと苦労しましたが、無事?結果オーライ?でニ座目ゲット。
尾根を間違い谷へ、そして再び尾根へ…そして着いた所が衣掛山直下。予定よりもショートカットと言うか、余分な苦労をかけさせてしまったと言うか……
こんな山あり谷ありの一日、大変大変お疲れさまでした。鈴鹿の山と谷、侮るなかれです!

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

4月11日…岩ヶ峰から釈迦ヶ岳&段木

t_IMGP8776.jpg
八風から岩ヶ峰への尾根はザレ場・ヤセ尾根・大岩など変化に跳んで飽きさせません

今回のコースは…八風キャンプ場を起点に往路を「岩ヶ峰尾根」復路を「段木尾根」の二つの展望尾根を歩き釈迦ヶ岳に至る、僕の超お勧めルート。
特に段木尾根の展望ピーク「段木」は素晴らしい所…ですが今日は生憎の天気、「いい所なんだろうなぁ~」という雰囲気は判って頂けたんですが展望は0。「残念!」、秋にリベンジを誓って頂きました。
t_IMGP8779.jpg
大岩を乗り越したり…

t_IMGP8777.jpg
道脇にはバイカオウレンが満開

t_IMGP8800.jpg
釈迦ヶ岳頂上にて…

岩ヶ峰から急登をこなし県境稜線、そして15分程で釈迦ヶ岳頂上。
こんな悪天候の中お付き合い頂きました本日の主役の皆さまで~す。何時もご参加誠に有難うございます&雨の中大変お疲れさまでした。
皆さま、我が家に前泊され夜は居酒屋で今年一年の日程調整。アルプス、越後、四国などなど多方面にわたりご予約頂きました。
春の間は鈴鹿のロングコース、そして夏本番に突入…2012年ハイシーズンも宜しくお願いします。
t_IMGP8812.jpg
段木尾根最上部(段木ピーク手前)

ガスで真っ白、ここ…大展望の尾根なんです。秋に…是非是非また訪れましょうね。
この後は八風目指して激下り、「この尾根、登りには使いたくないですね」が素直な感想でした。
釈迦ヶ岳へのバリエーションに跳んだ二つの尾根…これから定番企画にしていこうと思ってます。

展望写真は「4月9日…下見山行」をご覧ください。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




4月9日…岩ヶ峰尾根~段木尾根(下見山行)

t_IMGP8745.jpg
岩ヶ峰尾根中間部より三池岳方面

釈迦ヶ岳への少~しバリエーションコースの二つの尾根を歩いてきました。バリエーションと言っても踏み跡は比較的しっかりしていて、赤テープも随所に…ただ注意を怠ると転落の危険個所はあります。
今日は汗ばむ程の陽気、やっとこれで鈴鹿にも本格的な春が来たんでしょうか??
t_IMGP8746.jpg
岩ヶ峰の尾根上にはオーレンが満開

t_IMGP8755.jpg
県境稜線…釈迦ヶ岳

今日は二つの尾根の下見ですから釈迦ヶ岳は省略。岩ヶ峰尾根最上部からはさほど時間は要しません。
t_IMGP8761.jpg
本コース一番の目的地「段木」

県境稜線から笹を分け、岩を乗り越すと一番の見所「段木」に到着。
眼下には180度広がる大展望、振り返ると三池岳から釈迦ヶ岳方面への県境稜線。稜線上を歩く登山者が米粒程に見えます。
t_IMGP8762.jpg
「段木」より県境稜線

ここでお昼ご飯&お昼寝で1時間程ものんびりしてしまいました。

このコース、4月11日に予定してあるんですが…当日もこんな天気&こんな展望をお客さんに楽しんで頂けます様に……

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

4月7日…霊仙山「岳スペシャルコース」

t_IMGP8697.jpg
「岳スペシャルコース」誰~れも来ない、風も来ないランチスポット

今年4回目&2回連続の霊仙山へ、もう福寿草とは言いません、白銀&樹氷&なごり雪&パウダーランを存分に楽しんで頂きました。勿論あっちうろうろ、こっちうろうろの「岳スペシャルコース」。
朝は雪雲に覆われた霊仙山、でしたが時間を経るごとに&高度を上げるごとに眩しいばかりの青空。そして時々流れてくる雪雲が「なごり雪」を降らせ絶妙のアクセントに。

♪♪汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にしてる
  季節外れの雪が降ってる 
  東京で見る雪はこれが 最後ねと 
  寂しそうに君が呟く なごり雪は降る時を知り………♪♪

上の写真は「岳ランチスポット スペシャルステージ」、西南稜から最高点を経て三角点への縦走路にぐるり取り囲まれ、前を見ても後ろを見ても、列を成して歩く登山者が米粒の様に……
賑やかな稜線上とは違って、静けさに包まれた空間。ホッとする至福のひと時……
t_IMGP8636.jpg
登山口スタート時に覆われてた雪雲に暖かそうな日差しが差しこみ……

t_IMGP8654.jpg
お猿岩を過ぎる頃には青空が広がってきました

t_IMGP8670.jpg
経塚山からはダイレクトに最高点へ

t_IMGP8685.jpg
最高点を越え西南稜を南霊岳付近まで…

t_IMGP8691.jpg
ここからはあっちこっち美しいヴァージンスノーを踏みしめて…

t_IMGP8692.jpg
だ~れも歩いてない純白の雪原、「折角ですから並んで歩かず自由気ままにどうぞ~」

t_IMGP8712.jpg
ランチ至福のひと時ののち、三角点峰へアタック

t_IMGP8714.jpg
霊仙山頂上にて…

朝の幻想的な霧(雪雲)、足元はフカフカの新雪、広がる青空&大展望…こんな素晴らしい霊仙に出会って頂いた、超ラッキーな本日の主役の皆さまです。
京都から二名、各務原一名のお三名さま…ご参加誠に有難うございます&大変お疲れさまでした。

今日は「初参加の方限定企画IN御池岳」でしたが、鞍掛峠への国道が工事通行止め。急遽この地に変更させて頂きました。

折角貴重なお時間&お休みをとってご参加頂いた今日一日、「CLUB岳」ならではのコース設定で、「鈴鹿を隈なく歩こう」のポリシーのもと…あっちこっちへ連れ回しましたが楽しんで頂けましたでしょうか??
中々ご自分では入り込めない空間…こんな山歩きって楽しいでしょ。
t_IMGP8724.jpg
三角点峰からも他の登山者の皆さんに背を向けて…

t_IMGP8725.jpg
伊吹山も大歓迎してくれてます

t_IMGP8735.jpg
最後は何時もの谷を下山…

こんなマニアックコース? 一般ルートを通らない捻くれコース? いえいえ「岳一押しのコース」。それにお付き合い頂き誠に有難うございました。
これからも…どんどんどんどん、もっともっと山の魅力に憑りつかれていって下さい。

「山ってホントにいいです」、ただ下界の生活に支障のない程度にね。長く続けて頂きたいから……

PS
来週の土曜日、もう一回「初参加の方限定企画、こんどこそIN御池岳」がございます。
あと残席2名ございますので、この機会に是非。宜しくお願い申し上げます。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


4月5日…霊仙山「岳スペシャルコース」

t_IMGP8580.jpg
「本日の霊仙」経塚山を背に霊仙本峰への登り

異常なまでの今年の霊仙山、まだまだ開花には程遠い冬の霊仙をスペシャルコースで歩いて頂きました。
往路は概ね一般コース、経塚山から三角点峰は後回しにし最高点から西南稜へ。その後はあっちこっち……
t_IMGP8592.jpg
最高点から西南稜へ…

t_IMGP8594.jpg
どこを見回しても福寿草の姿は皆無…

t_IMGP8599.jpg
福寿草は諦め、残雪たっぷりの霊仙を楽しもう~

t_IMGP8602.jpg
広~い霊仙を隈なく歩こう~

t_IMGP8611.jpg
この辺りも福寿草で埋め尽くされるポイントなんです

t_IMGP8614.jpg
霊仙山三角点峰にて

本日の主役のお二方です、ご参加誠に有難うございました&大変お疲れさまでした。花満開・春の霊仙改め、まだまだ冬の名残を残す霊仙山へようこそ。一般登山コースを離れ「岳スペシャルコース」はどうでしたでしょうか?
こんな気の向くままの山歩きも楽しいもんでしょ~。これからも一味違った鈴鹿をお見せする「岳コース」宜しくお願い申し上げます。
t_IMGP8618.jpg
勿論復路も「岳コース」で。のんびり景色を楽しみながら下って頂きました。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

4月1日…土倉岳から御池テーブルランド

t_IMGP8522.jpg
御池岳テーブルランドは周囲&足元とも純白の世界

今回の行程は「土倉岳から御池テーブルランド散策、T字尾根経由で下山」でしたがでしたが…

t_IMGP8490.jpg
ノタノ坂を登り鉄塔巡視路を利用、土倉岳へ

登山口までは快晴の春山歩きを予感させる空模様、それがそれが…尾根に上がると春山気分も見事に吹っ飛び、樹氷煌めく冬の鈴鹿に逆戻り。この尾根、例年は狂い咲きのイワウチワも数輪見かけるのですが、勿論探すまでもない状況。もう4月だと言うのに……鈴鹿の本格的な春は何時???
t_IMGP8499.jpg
土倉岳頂上にて…

本日ご参加頂きました主役の皆さまで~す、何時もご参加誠に有難うございます&大変お疲れさまでした。そしてこの地味~な、静か~な奥鈴鹿「土倉岳」へようこそ……
t_IMGP8507.jpg
土倉岳を背に御池岳テーブルランドへ一気に高度を上げていきます

t_IMGP8524.jpg
登り着いたテーブルランドは純白・モノトーンの世界

予定では…
T字尾根方面への下山時刻を13時30分に決め、テーブルランドをのんびりと。東のボタンブチ~青のドリーネ~池巡り~奥の平~丸山~ボタンブチ…と福寿草を探しながら歩き回って頂く予定でしたが。同じような景色がどこまでも広がるテーブルランド、遭難騒ぎにも成りかねず断念。
東のボタンブチで見える筈の景色を想像してもらい、青のドリーネ周辺を少し歩いて頂き…泣く泣く往路を下山。
t_IMGP8526.jpg
とてもとても4月の景色とは思えません

静かな鈴鹿で春と福寿草を楽しんで頂く企画が、なごり雪&樹氷を楽しむ企画に。アウトドアスポーツ、こんな事もありますよね。是非、是非このコースリベンジを……。「真っ白の中こんな素晴らしい所を歩いていたんだぁ~」ときっときっと思って頂けると確信します。
今後も「鈴鹿を隈なく歩こう」宜しくお願いします。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。