スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月31日…能登・猿山雪割草ハイク

t_IMGP8464.jpg
能登半島の中程、猿山岬(猿山)へ毎年恒例の雪割草ハイクに行ってきました。生憎の天気、雪割草の状態を心配しつつ、猿山灯台から山中に歩を進めました。

注:例年は深見地区からの入山でしたが、今年は登山道崩落の為通行止め。少々大回りに成りましたが猿山灯台から入山しました。

t_IMGP8458.jpg
濃いピンク・薄いピンク・白…と色とりどりの雪割草が斜面を彩ります

t_IMGP8466.jpg
日差しが無いと気持ちよく開かない、だけどこの状態も慎ましやかで僕は好きです。

t_IMGP8468.jpg

t_IMGP8471.jpg
本日の主役の皆さまで~す。何時もご参加誠に有難うございます&生憎の天気の中お疲れさまでした。
花は全開とはいきませんでしたが、群生する雪割草見られて良かったですね~。次回は「ブルーの雪割草」新潟の角田山のリクエストも頂いちゃいました。有難うございます。
そして帰りの車中では夏の一大イベントの話で盛り上がり、「尾瀬」「北岳」「穂高」「剣」などなど沢山のご予約、誠に有難うございます。
花の開花と同時に2012年ハイシーズン突入、今年も宜しくお願い申し上げます。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

遠足尾根から孫太尾根周回

t_IMGP8354.jpg
大鉢山への登路から県境稜線

鈴鹿ロングコースシリーズ、今回は竜ヶ岳の遠足尾根から静ヶ岳&銚子岳を経て、藤原岳の孫太尾根周回 予想行程10時間を歩いて頂きました。
写真は青川渓から大鉢山への登りから、まだまだ遥か遠くの県境稜線。長い一日に成りそうです。
t_IMGP8363.jpg
大鉢山から遠足尾根へ

t_IMGP8380.jpg
遠足尾根は竜ヶ岳を眺めながら快適~

t_IMGP8384.jpg
鈴鹿中央部、釈迦ヶ岳・御在所岳など

t_IMGP8389.jpg
藤原岳、右に伸びる尾根が帰路に使う「孫太尾根」

t_IMGP8397.jpg
県境稜線分岐、今回は竜ヶ岳には寄らず藤原方面へ縦走

t_IMGP8407.jpg
アップダウンを繰り返し進みます

t_IMGP8416.jpg
最初のピーク「静ヶ岳」にて…

こんなロングコースにご参加頂きました、本日の主役の皆さまです。何時もご参加誠に有難うございます&大変大変お疲れさまでした。ロングコースと言えども慌てず急がず…ペースを守って歩けば、結構歩き通せちゃうんですよね。どこまでも何時までも歩けそうなパワフルな皆さまです。
t_IMGP8422.jpg
まだまだアップダウンは続きます、先は長い~

t_IMGP8426.jpg
二つ目のピーク「銚子岳」にて…

t_IMGP8440.jpg
フィナーレは孫太尾根…

長い一日も孫太尾根に入るとフィナーレも間近、節分草&福寿草を探しながら下って頂きました。福寿草は遅れてるみたいですね。
今回のコース、僕がこの仕事を始めて一番のロングコースです。早朝出発で比較的日の長い季節であれば、危険個所も殆ど無く充実感たっぷりの素晴らしいコースだと思います。是非機会を見つけて再度企画してみようと思ってますので、我こそはと思われる皆さまのお申込みお待ちしてます。
PS
孫太の最後の最後で下山地がずれてしまい、ご参加頂いた皆さまにご迷惑をかけてしまいました~。大変申し訳ありませんでした。それらを笑い飛ばして頂ける皆さまに感謝&感謝です。
長~い今日の一日、誠に有難うございました。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

初参加の方限定の企画

ガイド企画等資料をご請求頂き、そこから一歩踏み出すのに躊躇してみえる方々限定の企画を組んでみました。
「登山未経験だから大丈夫かな?」「一人参加だからちょっと不安」などなど、新たな所に参加するには勇気もいりますよね。
今回の企画は皆さん初めての方ばかりですから、ご安心の上一度参加してみて下さい。
常連さんには大変申し訳ありませんが、今回だけはご勘弁を……

◇4月7日(土) 14日(土)

◇鞍掛峠から御池岳テーブルランド散策

◇鞍掛峠~鈴北岳~時間の許す限りテーブルランドをのんびり散策(御池岳登頂)~鞍掛峠

◇ごく普通の体力があればどなたでも歩けます

◇緩やかな起伏のだだっ広い御池テーブルランドは、池と日本庭園風の花崗岩が点在。一般登山道を離れ独自のルートにご案内、春を告げる花「福寿草」を探しながらのんびり歩きましょう~
勿論展望も抜群、鈴鹿の全貌&澄んでればアルプスの峰々も一望。鈴鹿の中でも僕の一押しの山です。

◇参加費・出発時間・集合場所に関してはお問い合わせください。

t_P1090864.jpg
鞍掛峠から鈴北岳への開放感一杯の歩きやすい道

t_P1090873.jpg
鈴北岳から御池岳&ボタンブチへ広いテーブルランド(高原)を散策

t_P1090900.jpg
展望も抜群…

t_P1090909.jpg
春を告げる花「福寿草」探し…

◇まだ資料請求されてない方でもかまいません。
 CLUB岳ガイド登山を是非一度体験してみて下さい。お申込みお待ちしてます。

◇追伸
 各企画定員は7名です。
 
☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

3月27日…霊仙山

t_IMGP8298.jpg
本日の霊仙山・お虎ヶ池

一昨日の吹雪とは打って変わって青空&ぽかぽか陽気の中、のんびり霊仙山を楽しんで頂きました。
それにしても今年の霊仙の積雪量は驚くほど多く、福寿草はまだまだ雪の中で遅~い春を待ってます。昨日までの降雪で足裏の感触もフカフカ、眩しいまでの日差しでサングラスは必需。
t_IMGP8303.jpg
経塚山はショートカット、誰も歩いてない谷を進みます

t_IMGP8308.jpg
登りやすいポイントを見計らい本峰へアタック

t_IMGP8323.jpg
霊仙山(三角点峰)頂上にて…

何時も貸切でご利用頂いてます、豊田周辺かあお出での本日の主役の皆さまで~す。何時もご指名誠に有難うございます&大変お疲れさまでした。今日のお目当ては早春を告げる花「福寿草」でしたが、この青と純白の世界を目の当たりにし花はどうでもよく成られた様です。それ程素晴らしい世界……
t_IMGP8318.jpg
西南稜を眺めながらランチタイム

t_IMGP8329.jpg
頂上より「岳スペシャルコース」へ…

t_IMGP8334.jpg
此方も真っ白な「伊吹山」

t_IMGP8337.jpg
ふかふかの雪の斜面を思い思いに下降

t_IMGP8340.jpg
そして何時もの谷をのんびり下ります

「岳スペシャルコース」の霊仙山、どうでしたでしょうか? コース云々よりこの天気、申し分ないですよね。
そして今年一年のご予約まで頂き、誠に有難うございました。東北はじめ沢山の山々でご一緒させて頂ける事を楽しみにしてます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
PS
雪の中の福寿草はさぞ待ちくたびれてる事でしょうね。あと一週間程? 是非追加企画でまた訪れたいと思ってます。ご希望の方お知らせ下さい、お待ちしてます。勿論「岳スペシャルコース」で…

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

3月26日…宮指路岳

t_IMGP8222.jpg
薄らと雪化粧した美しい「ヤケギ谷」

数日前までは春へ一直線、雪がすっかり消えた南鈴鹿に再びなごり雪?
そんな宮指路岳をのんびり歩いて頂きました。お一人の方は鈴鹿在住、此方「宮指路岳」も鈴鹿市…「同一市内にこんな所があるとは信じられない」と。
t_IMGP8228.jpg
ヤケギ谷コースの最大の見所「東海展望」

t_IMGP8236.jpg
宮指路岳946m頂上にて…

足元にはほかほかの新雪、白無垢に衣替えした木々、徐々に広がってくる青空…そんなラッキーな宮指路岳に出会った、本日の主役のお二方です。今日は誠に有難うございました&大変お疲れさまでした。
日本海からの寒波で所々冷たい風が吹付はしましたが、それ以上の感動! 笑顔一杯で山でのひとときを送って頂けました。
t_IMGP8240.jpg
頂上「馬乗り岩」より…犬返しの険を経て仙ヶ岳への荒々し稜線

t_IMGP8252.jpg
鈴鹿中部の山々「雨乞岳&御在所岳&鎌ヶ岳」

t_IMGP8255.jpg
下りは小岐須峠経由、カワラコバコース

雪化粧の山は初めてのお客さま…きっと明日には融けてしまうような儚い雪化粧、たった一日だけの冬のショータイムへようこそ。何時までも何時までのこの余韻に浸って頂き、また鈴鹿においで下さい。その時はまた趣向を変え、足元の花々がにこやかに出迎えてくれる事と思います。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

3月25日…霊仙山

t_IMGP8183.jpg
五合目・見晴台を過ぎ猿岩直下

毎年恒例の「霊仙山で福寿草を見よう企画」、今年は少々様相が違ってたようです。春への歩みは足踏み状態どころか冬へ逆戻り? 日本海からどんどん流れ込む雪雲のいたずら? 3月末日とは思えない霊仙山。そんな山の厳しさ&恐ろしさを身を以て体感して頂いたひとときと成りました。(出来うることなら体感したくないですよね)
t_IMGP8191.jpg
お虎ヶ池もまだまだ冬眠中

t_IMGP8193.jpg
広い霊仙山頂上台地、この後どんどん霧が深くなり…

t_IMGP8194.jpg
最終到達地点「経塚山と霊仙山本峰の鞍部」

完全にホワイトアウト状態、降雪と強風で登山道は完全に姿を隠し…方角を見定め進み、何とか「経塚山」まで。
霊仙山本峰へはあと10分程ですが、頬に打ち付ける突風に皆さんの心も折れ…今日はここまでとさせて頂きました。
t_IMGP8196.jpg
鞍部からは何時もの「岳コース」、雪崩に充分注意をはらいながら下界へ一目散

来た道を戻るのは、経塚山への登り返し&突風吹き付ける高原台地など心が進まず…何時ものショートカットコースを下って頂きました。
t_IMGP8208.jpg
山小屋「かなや」前にて

こんな厳しい霊仙山に遭遇してしまった、本日の主役の皆さまで~す。大変、大変お疲れさまでした&何時ものご参加誠に有難うございました。霊仙山は素晴らしい山です、是非いつかリベンジしてみて下さい。その時は美しく微笑ましい霊仙山&福寿草が迎えてくれる事と思います。
とても頂上部で集合写真を撮れる状態&気分でなかった為、此方でパチッリと……

この後はお風呂へレッツゴー…水晶の湯で冷えた体を温めのんびりと。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


3月24日…野伏ヶ岳

t_IMGP8124.jpg
石徹白から林道を経て和田牧場跡、正面の野伏ヶ岳は雲の中

登山道が藪で無い為、積雪期の今しか登れない山「野伏ヶ岳」へ行ってきました。
登山口の石徹白では小雨、林道を進み和田牧場跡では小雪が舞う空模様、そして野伏ヶ岳頂上部は雲の中。気温が高い為、足元の雪質は湿った重い雪。ですが壺足でもさほど沈み込む事無く、歩きやすい方だったんではないでしょうか?
t_IMGP8139.jpg
ダイレクト尾根を一気に高度を上げていきます

t_IMGP8141.jpg
上部に行くに従い斜度が増していきます

t_IMGP8143.jpg
頂上直下ではホワイトアウト状態、ただ高みを目指して…

t_IMGP8144.jpg
野伏ヶ岳頂上にて

本日の主役の皆さまで~す。この様な厳しい状況の中のご登頂、おめでとうございます&大変、大変お疲れさまでした。残念ながら360度の大展望は目にして頂く事は出来ませんでしたが、野伏のピークに立てた事だけでも大満足と言って頂けました。何時も何時も暖かい言葉を有難うございます。
次回は4月の「猿ヶ馬場山」これまた積雪期限定のバリエーション登山、きっと猿ヶ馬場の空は微笑んでくれます。その節も何卒宜しくお願い申し上げます。
t_IMGP8157.jpg
下りは童心に帰って「シリセード」

苦労して登ったダイレクト尾根も、雪山ならではのスピード下山。シリセードを楽しみ、ピッケルでの滑落停止訓練などなど充実した時間を過ごして頂けたかと思います。
PS
朝6時から歩き始め、14時に下山…休憩を含め8時間、大変お疲れさまでした~

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


3月22日…入道ヶ原からダイショウ

t_IMGP8055.jpg

鈴鹿県境稜線から滋賀県側に外れた超静か~な稜線を歩いて頂きました。
コースは…
甲津畑~入道ヶ原~カクレグラ~ダイショウ~杉峠~甲津畑
と聞いても訳の分からないピーク名ばかりでピンときませんよね。したがって誰とも会わない貸切状態の初春の鈴鹿を満喫して頂きました。
t_IMGP8046.jpg
スタートは樹木を掴んで攀じ登る「岳スペシャル尾根」

入道ヶ原へは真っ当な道(中電巡視路)がありますが、本日の企画がロングコースの為「岳スペシャルショートカット尾根」を利用。落石に気を付け四つん這い&樹木を掴んで攀じ登って頂きました。
t_IMGP8066.jpg
カクレグラ頂上にて…

最初のピーク「入道ヶ原」を経て二つ目のピーク「カクレグラ」、360度の大展望がある訳でもなく何てことない頂上…ですが苦労して辿り着いた頂上、この何にもなさが鈴鹿の良い所??
t_IMGP8073.jpg
縦走路中、残雪は北側斜面にだけ残ってます

t_IMGP8075.jpg
何度もアップダウンを繰り返し進みます

t_IMGP8080.jpg
縦走路中の最後のピーク「ダイショウ」

「入道ヶ原」「カクレグラ」「ダイショウ」と山らしくない名前ばかり、そんな超マニアック大好きな本日の主役の皆さまで~す。何時もご参加誠に有難うございます&行動時間8時間半のロングコース、大変お疲れさまでした。
前回は「サクラグチから横谷山」次回のご予約は「遠足尾根から孫太尾根周回」。こんな「鈴鹿を隈なく歩こう」に超精力的に挑んでみる皆さまです。
鈴鹿の白地図が赤線で埋め尽くされる日もそう遠くないかも? そんな気がします。
t_IMGP8099.jpg
縦走フィナーレは杉峠手前で雨乞岳がど~んと迎えてくれます

最初のピーク「入道ヶ原」では遥か遠くに見えてた雨乞岳も目の前に、フィナーレに相応しい風景。
この後は杉峠から旧千種街道をのんびり歩き甲津畑へ。朝7時にスタート、駐車地に3時45分…たっぷりお付き合い頂き誠に有難うございます。次回は「遠足尾根&孫太尾根」その節も宜しくお願い申し上げます。
PS
こんな「鈴鹿を隈なく歩こう企画」に皆さまもどうですか? メジャーな鈴鹿から静かな鈴鹿、はたまた誰も踏み入れない鈴鹿…いろんな鈴鹿へご案内いたします。
バリエーションでもこんなロングコースばかりでなく、ショートコース&初級向けもございますので、ご安心下さい。レッツトライ「鈴鹿」!

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

3月18日…安楽越から仙ヶ岳

t_IMGP80061.jpg

鈴鹿南部の県境稜線ロングコース「安楽越から御所平を経て仙ヶ岳」を歩いて頂きました。
このコースの醍醐味は、展望と最初は遥か遠くに見えてた仙ヶ岳が、アップダウンを繰り返すごとに目前に迫ってくる満足感。しかし今日は深い霧が立ち込める中を出発、「何時かきっと晴れてくる」と期待&希望を込め……
t_IMGP8008.jpg
臼杵ヶ岳付近から…長坂の頭と亀山方面

晴れてきそうな雰囲気。ここ周辺も「長坂の頭」「鬼ヶ牙」「臼杵山」と低山ながらおもしろ~い山&コースが目白押しです。
t_IMGP8022.jpg
縦走路中のビューポイント「御所平」

期待を持てど…深い霧は一向に変わらず、こんな時の御所平は超要注意。方向感覚は0、目標物見えず…ただでさへ薄い踏み跡、少し外すと大慌て。
t_IMGP8018.jpg
仙ヶ岳西峰も残念ながら霧の中

こんな霧の1日をご一緒頂きました本日の主役のお二方です。何時もご参加誠に有難うございました&往復8時間超のロングコース、大変お疲れさまでした。お一人の方…前回はお隣の稜線「サクラグチから横谷山を経て能登ヶ峰」を歩いて頂きました。その時嫌と言う程見た今日の長大な稜線、歩かれてどうでしたでしょう? 生憎の1日と成りましたがきっと次回は晴れ! まだまだ鈴鹿の季節が続きます。今日の天気に懲りず宜しくお願いします。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


3月15日…サクラグチ&横谷山

t_IMGP7942.jpg
アセビが群生するサクラグチ付近の稜線を歩く

鈴鹿県境稜線から滋賀県側に外れた、超超マニアックな山「サクラグチから横谷山」+サプライズコースを歩いて頂きました。ご参加頂いた皆さんには横谷山までの行程しか知らせてありませんでしたので、帰りは長い林道歩きと思ってみえた様です。
サプライズは林道に降りず、対岸の稜線を進み能登ヶ峰経由で戻るU字型稜線歩き…言葉では非常に説明しずらいのですが……。
地図をお持ちの方は広げてみてください。
コースは…
甲賀市土山鮎河~789m峰~サクラグチ~横谷山~能登ヶ峰~鮎河
行程の大半が道なし、案内板なし、赤テープ超少なしです。全行程8時間(参考)、充実感&満足感&達成感!
ただ各頂上は何てことない頂上です。頂上で遮るものない360度の大展望を期待される方にはお勧め出来ません。
僕は大好きなコース、ただただ何とも言葉に表わせない良さがあるんです。
t_IMGP7939.jpg
地味~な「サクラグチ」頂上にて…

本日の超マニアック好きな主役の皆さまです、何時もご参加誠に有難うございます&ロングコース大変お疲れさまでした。
天気は…曇り⇒雪⇒晴れと目まぐるしく変わる一日。ただ中盤からは青空広がる大展望の中を歩いて頂きました。
t_IMGP7950.jpg
こ~んな急斜面を登ったり下りたり

t_IMGP7968.jpg
御所平から仙ヶ岳への稜線を背に…

t_IMGP7972.jpg
広い斜面を自由自儘に駆け下りて…

t_IMGP7985.jpg
後半サプライズの「鹿の楽園」
左端に「鎌ヶ岳」 右端:左「宮指路岳」右「仙ヶ岳」

t_IMGP7988.jpg
能登ヶ峰「鹿の楽園」より歩いてきた稜線

左端のピークから右奥まで縦走し、右奥からここまで来たんです。皆さん自分の足に感心しきり……。「歩けるもんですね」
これで今年もどこへ行っても大丈夫、パワフルな皆さまでした~

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


3月11日…南尾根から仙ヶ岳

東日本の大震災から早や一年、被災者の皆さまの御苦労と悲しみはまだまだ癒されない日々が続いてる事と思います。地元の方々は必死に頑張ってみえるのに、国のスピードの遅さには少々ガッカリさせられます。出来る事から即行動に移していって欲しいと思うのは皆さんが思ってる事、一般市民と国とは常識が違うのでしょうか?

t_IMGP7825.jpg
仙ヶ岳南尾根からの展望、奥の稜線が御所平

すっかり雪が無くなった南鈴鹿の主峰・仙ヶ岳を変化に跳んだ南尾根から歩いて頂きました。1000mに満たない低山ながらアルペンムードたっぷり、風化した花崗岩のヤセ尾根の連続。展望ピークを幾つも越え頂上に達します。
遠くに見えた仙ヶ岳東峰のシンボル・仙ノ石も、小ピークを越す度に距離感をちじめ…充実感たっぷりの一日楽しんで頂きました。
t_IMGP7832.jpg
ロープを頼りに小ピークを越えていきます

t_IMGP7834.jpg
振り返ると南鈴鹿の大展望

t_IMGP7846.jpg
仙ヶ岳東峰のシンボル「仙ノ石」

本日の主役の皆さまです、何時もご参加誠に有難うございます&大変お疲れさまでした。風も気持ちよくぽかぽか陽気の一日、晴れわたる空…愈々鈴鹿にも春の訪れ。蛭が出現する5月までの短い季節ですが、その2か月間に福寿草から始まりイワウチワ&イワカガミ&カタクリ、締めはシャクナゲ&アカヤシオ・シロヤシオの木の花と色とりどりの花の襷リレー。陽も比較的長い季節、ロングコース&マニアックコースもこの季節がお勧め。北部では所々残雪が残り…頭上からは暖かい日差し、足元はなごり雪を踏みしめ……などなど楽しみ方は色々。鈴鹿って楽しいですよぉ~
t_IMGP7852.jpg
東峰最高点からの展望、鈴鹿中央部(御在所岳・鎌ヶ岳・雨乞岳)の展望

鈴鹿中央部もすっかり雪が少なくなりました。ニュースで日本海側の超大雪がテレビを賑わしてましたが、ここ鈴鹿では雪が多かったのか少なかったのか良く判らない冬でした。
t_IMGP7890.jpg
白谷の美しい渓谷美

東峰でのんびりランチを済ませ西峰を踏んで…復路は白谷コースをのんびり下って頂きました。多分に漏れずここ仙ヶ岳でも度重なる豪雨の爪痕はあちこちに見られますね。
PS
3月11日 2時46分をすっかり忘れてしまいました。申し訳ありませんでした。

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

新ブログ「CLUB岳 山ガイド日誌」

本ブログとは別に新たに「CLUB岳 山ガイド日誌」を開設しました。
既存ブログは営業用、新ブログは私の趣味半分のブログと位置づけて頂ければと思ってます。何時まで続くか少々不安ですが(きっと夏山ハイシーズンになると怠る様な??)。暇を見つけて綴っていきたいと思ってますので此方共々宜しくお付き合い下さい。

3月3日…乗鞍高原スノーシュー

t_IMGP7705.jpg
三本滝リフト終点から三本滝を目指します

先月の「飛騨牧場スノーシュー体験企画」の皆さまと今回は本番「乗鞍高原」を歩いて頂きました。
飛騨牧場の時、「三本滝&善五郎の滝のブルーに輝く氷瀑、全面氷結した牛留池、雄大な乗鞍岳」の宣伝を散々語り、まんまと乗っかって頂いた皆さまです。陽気は早や春山・超ぽかぽか陽気、少々氷瀑に心配を抱きながら三本滝を目指します。不思議とトレースは無く、森の中を方角だけ定め自由に歩いて頂きました。
t_IMGP7735.jpg
誰も居ない静かな三本滝

心配をよそに「氷瀑の三本滝」は健在。中央部は多少崩れ落ち水が流れてるものの、大迫力と美しさはしっかり感じ取って頂けました。この頃には頭上にも青空が広がり始め美しさも一層に……
ぽかぽか陽気で何時崩れ落ちるか判らないので、危険で無い程度に滝壺を歩いて頂きました。これぞこの時期&スノーシューでした味わえない楽しみ。
t_IMGP7747.jpg
雪が一杯積もって重そうな吊り橋を渡り次の目的地へ

t_IMGP7753.jpg
青空に樹氷、枝から舞い散る粉雪が絶妙な演出

t_IMGP7750.jpg
子リスの小径を辿り孫市平を経て牛留池へ

t_IMGP7762.jpg
童心に帰り…孫市平で雄大な乗鞍をバックにランチタイム

本日の主役の皆さま、僕の口車に乗って本日ご参加頂き誠に有難うございます。朝一の樹氷(雪の華)、氷瀑、青空に浮かび上がる純白の乗鞍岳……ここまでは順調過ぎるほど順調に口車?(見所)をこなしてます。
t_IMGP7768.jpg
全面氷結の牛留池からは乗鞍岳頂上部の全容が展望

此方も目的クリアー、次回は夏のアルプス最盛期にあの峰へ。スカイライン終点「畳平」から一時間少々で登頂出来る乗鞍剣ヶ峰ですが、「此処乗鞍高原からじっくり歩いてみたい」とリクエストを頂きました。この絶景を見ると歩きたく成りますよね~。是非実現させますので、その節は宜しくお願いします。
t_IMGP7784.jpg
最後の見所「善五郎の滝」

此方「善五郎の滝」は三本滝とはまた違った美しさ&迫力。此方も中心部は水が流れ落ちてましたがしっかり健在。全ての見所を完璧にクリアー、3月ともなると日々気温も上がりぽかぽか陽気と雨を繰り返し…ラストチャンスの乗鞍高原に滑り込みセーフ。無風&青空&山歩き日和も相まって最高の高原スノーシューを楽しんで頂けた超ラッキーな皆さまでした。たっぷり遊んで頂いた5時間程、皆さま大変お疲れさまでした&誠に有難うございました。
皆さまの次回は愈々花の山へ…まずは節分草&福寿草ですね。宜しくお願いします&お楽しみに……

PS
「スノーシューをまだ楽しみたい」「まだ大丈夫でしょうか?」って方おみえになられましたら…まだ10日程は何とか大丈夫だと思います。ご連絡頂ければ追加日程を組まさせて頂きますのでお知らせください。
「上高地スノーシュー」もお勧めです。
青空に白銀の穂高を壁紙に、上高地を歩きませんか? 

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




3月1日…鬼ヶ牙&臼杵山

t_IMGP7633.jpg
臼杵山を背に鬼ヶ牙への登り

鈴鹿南部のマイナールートは楽しい、石水渓を起点に「鬼ヶ牙」&「臼杵ヶ岳」を歩いて頂きました。
コースは…石水渓~鬼ヶ牙~長坂の頭~県境稜線(舟石)~臼杵ヶ岳~臼杵山~石水渓
休憩を入れて6時間程の周回コースで~す。
t_IMGP7636.jpg
鬼ヶ牙付近より…右:長坂の頭と目指す県境稜線

t_IMGP7645.jpg
周回コース中にはこんな箇所も随所にあります

鈴鹿南部の低山ながらザレ場あり、展望あり、ヤセ尾根あり、大岩ありの変化に跳んだ楽しいコース。アップダウンを繰り返し歩きごたえも充分、これからの定番コースにしていきたいと思います。
4月末頃にはイワウチワ&イワカガミの花で彩られそうです。
t_IMGP7677.jpg
仙ヶ岳&野登山を背に記念撮影(臼杵ヶ岳にて)

本日の主演男優さんです。何時もご参加誠に有難うございます&大変お疲れさまでした。鈴鹿南部は雪もすっかり消え春本番間近。冬眠してみえる皆さん「春ですよぉ~」。お一人では大変寂しいですからご参加お願いしますねぇ~。
t_IMGP7663.jpg
県境稜線より、歩いてきた「長坂の頭」&「鬼ヶ牙」

t_IMGP7679.jpg
美しい双耳峰の仙ヶ岳(臼杵ヶ岳にて)

次回は安楽峠より仙ヶ岳への県境稜線ロングコースをリクエスト頂きました。鈴鹿にもう何度も通ってみえるお客さまですが、まだまだ歩いてない所が一杯、奥が深いですね。
鈴鹿一般ルートからバリエーションコースまでどこでもお任せあれ、皆さまリクエスト&お申込みお待ちしてます。あなたの知らなかった鈴鹿へご案内いたします。

今週末・土曜日は乗鞍高原へスノーシュー、どうか晴れますように。ご一緒頂きます皆さま、宜しくお願い申し上げます。(ちなみにまだ残席ございます。明日まで受け付けてます)

☆ガイド企画のお問い合わせは此方から…http://www.club-gaku.com

↓↓ 此方をclickして頂くと有難いです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。