スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月12日…鍬崎山

t_IMGP5062.jpg
大品山付近からの大日岳

佐々成政の黄金埋蔵伝説、立山連峰・薬師岳の大展望台…どちらかと言うと一般的にはマイナーな山「鍬崎山」を歩いて頂きました。
「立山らいちょうバレー」のゴンドラを利用しても、往復8時間の長丁場。11月13日までがグリーンシーズン、早朝6時からゴンドラを運転して頂けます(土日)。ゴンドラ山頂駅からは「瀬戸蔵山」「大品山」などのピークをアップダウンを繰り返し進みます。概ね尾根を忠実に辿って登山道が続いてますので急登続き、しかし大品山辺りからは左手に雲海に浮かぶ大日連峰 雲の合間に弥陀ヶ原の大平原。頭上には紺碧の空…疲れは一気に吹き飛び。
t_IMGP5069.jpg
美しい三角錐の「鍬崎山」

先ほどの大展望で一気に吹き飛んだ疲れも、何度も続くアップダウン&急登で疲れも逆戻り。目前に現れた鍬崎山が「遠く見えたか」「あと少し」と見えたか?? 「何度も心が折れそうに…」だったそうです。
t_IMGP5083.jpg
二百名山「鍬崎山」2089m登頂、立山連峰を背に記念撮影

そんなちょっとハードコースにトライして頂きました、本日の主役のお二方です。大変お疲れさまでした&何時もご参加誠に有難うございます。
何時もとは違う方角から見る立山連峰と大日連峰、そして頭を出す剣岳&でっかい薬師岳…北アルプスからの素敵なプレゼント。狭~い頂上ですがランチ&コーヒータイムでたっぷり1時間程、のんびり過ごして頂きました。
t_IMGP5081.jpg
立山連峰&大日連峰

弥陀ヶ原の向こうに連なるアルプスの峰々…鍬崎山でした見る事の出来ない絶景! 多少ハードですが是非挑戦してみて下さい。疲れた体に十分おつりがくるぐらいの絶景が待っててくれます。
t_IMGP5113.jpg
大品山・瀬戸蔵山間の美しいブナ林

ゴンドラの最終便は17時、十分時間はありましたのでのんびり往路を戻ります。
例年だと11月のこの時期、真っ白に輝く「立山連峰」が広がる筈ですが…今年は立山もまだまだグリーンシーズン? 11月とは思えないぽかぽか陽気の鍬崎山をたっぷり楽しんで頂きました。大変お疲れさまでした&一日、誠に有難うございました。 
スポンサーサイト

11月5日~6日…氷ノ山&扇ノ山

お客さまのご提案でちょっと早い「忘年会企画」…二百名山「氷ノ山」と三百名山「扇ノ山」&七釜温泉を楽しんできました。天気は………??でしたが昼に夜にと皆さま存分に楽しんで頂けたようです。

11月5日…扇ノ山(三百名山)
t_IMGP5003.jpg
上山高原・水とのふれあい広場から歩く扇ノ山は、標高差はさほどない気持ちいい尾根道。早や葉を落としたブナ林の中を多少のアップダウンを繰り返しながら進みます。
足元は紅葉の絨毯、何とも気持ちいい感触が足裏に伝わってきます。
t_IMGP5000.jpg
扇ノ山1310m到着

今回の主役の皆さまで~す。何時もご参加&今回の企画提案有難うございます。多少の雨も楽しいトークで吹き飛ばして頂き、終始 笑顔と笑い声&山談義&失敗談。皆さんのパワーとバイタリティーに感服です。
往路をまた笑い声とともに戻り、七釜温泉の夜の部に移るのでありました。
t_IMGP5015.jpg
上山高原より氷ノ山方面

t_IMGP5020.jpg
今回お世話になりました…七釜温泉「福寿荘

玄関を入ると綺麗に掃除が行き届いた定員10名程の小さな宿。料理は朝晩ともに食べきれないほどの海の幸、源泉かけ流しのお風呂…夜の部も皆さん大満足。明日6日からカニの解禁だそうで…今日までが登山者の手の届く料金。
快適な一夜を過ごさせて頂き、誠に有難うございました。

11月6日…氷ノ山(二百名山)
t_IMGP5029.jpg
氷ノ山下部の雨に濡れた趣ある紅葉

昨日に引き続き雨、ですが歩き出せば何のその……。紅葉、連続する滝…見どころは満載、さすが中国地方の名山! 
t_IMGP5042.jpg
氷ノ山1510m到着

歩き始めて4時間弱、しっかりした避難小屋完備の頂上到着。展望は………??ですが妙に満足感、達成感。
避難小屋の中で温かいラーメンでおなかを満たし、往路を戻りました。
雨模様の二日間でしたが、皆さん元気に楽しく過ごして頂き 誠に有難うございました&大変お疲れさまでした。中国地方の山「又来年も来たいね」…と。雪彦山・後山・那岐山・蒜山とまだまだ沢山特徴持った山があります。毎年の中国詣でを恒例にされては???
今回の様な「温泉の山旅」どうでしょう? これからこんな企画を増やしていきたいと思いますので皆さま宜しくお願い申し上げます。


11月3日…浅間山(前掛山)第二弾

t_IMGP4980.jpg
カラマツの紅葉の間に見え隠れする「蓼科山」

先月27日に続き「浅間山第二弾」、カラマツの美しい黄葉を楽しみながらのんびり歩いて頂きました。
t_IMGP4911.jpg
荒々しい岩峰のトーミの頭から黒斑山への浅間山外輪山

t_IMGP4914.jpg
外輪山とは対照的な山容の浅間山本峰

t_IMGP4920.jpg
外輪山を背に高度を上げていきます

t_IMGP4933.jpg
浅間山(前掛山)2524m登頂おめでとうございます

本日の主役の皆さまです。何時もご参加有難うございます。予報に反して少々寒く長居はできませんでしたが、大迫力の浅間の景観は十分楽しんで頂けたかと思います。
噴煙上げる浅間頂上部、裾野を大きく広げるお隣の「四阿山」から志賀高原への大展望…次回はどちらの山へ?
t_IMGP4967.jpg
少々肌寒い頂上を一気に駆け下り、火山館テラスで「コーヒーショップ岳」開店。温かい珈琲、楽しい山談義…こんなのんびりしたひと時も浅間山の思い出の一部に…。
今回お一人の方、「百名山達成!」。以前登山規制の為「黒斑山」は登ってみえるんですが、その後規制も解かれ本日無事「前掛山」登頂。北海道から九州まで百の頂、おめでとうございます&大変お疲れさまでした~。これからは百名山に縛られず、お好きな山を心行くまで楽しんでいって下さいね。何時までもご同行させて頂けますよう宜しくお願い申し上げます。
そして今回ご参加頂いた皆さま、誠に有難うございました&お疲れさまでした。これからも末永くお付き合いいただけますよう宜しくお願いします。

10月30日…恵那山

t_IMGP4889.jpg
恵那山広河原コース登山口付近の紅葉

曇天の空の下でしたが心配された雨も殆ど降らず、のんびり恵那山を楽しんで頂きました。本日のコースは恵那山の最短&展望コース、最短と言っても「登り3時間半程」かかるんですが…。
紅葉は登山口辺り…ダケカンバは終わりカラマツは今が旬といった所でしょうか?
t_IMGP4850.jpg
中間付近から南アルプスの山並みを遠望

カラマツ林を抜けると笹原の展望尾根コース…曇天で多少諦めてた展望もこの通り、八ヶ岳から南アルプス深南部まで一望。富士山まで頭を出しててくれました。
t_IMGP4853.jpg
振り返ると 富士見台から中央アルプスへの山並み

t_IMGP4865.jpg
日本百名山・恵那山2191m登頂おめでとうございます。本日の主役の皆さま、何時も有難うございます&大変お疲れさまでした。覚悟してた雨も降らず、暑くもなく寒くもなく快適な恵那山での一日を送って頂けました~。
恵那山へはこの他「前宮コース」「黒井沢コース」「神坂峠コース」がありますが、是非次回はこれらのコースも辿ってみて下さい。今日の展望の楽しみとはまた違い、趣ある違った恵那山を楽しんで頂ける事と思います。
2011年もあと少し、紅葉前線も1000m付近の山々へ降りてきました。鈴鹿、美濃の山々、比良…錦絵の山々が待ってます。

10月27日…浅間山(前掛山)

t_IMGP4690.jpg
火山館上より望む、浅間外輪山(トーミの頭から黒斑山)

雲一つ無い絶好の天気、無風ぽかぽか陽気…そんな中、超のんびり浅間山を楽しんで頂きました。
登山口・浅間山荘から緩やかな道を火山館へ、紺碧の空の下徐々に姿を現す トーミの頭周辺の岩峰、それと相反した富士山型の浅間山本峰…どんどんテンションは上がっていきます~
t_IMGP4695.jpg
外輪山の荒々しさとは対照的な浅間山本峰

t_IMGP4707.jpg
浅間山本峰への登り、湯の平高原を挟んで仙人岳などの荒々しい外輪山

本峰への登りは富士山と同じく、歩幅を小さく慌てずゆっくり同じペースで…。周りを見渡すと北アルプスを始め、妙高・火打、苗場山、魚沼から谷川岳、尾瀬の山々…御嶽・乗鞍などなど 見えるべき山はすべて見える今日の天候…新しい山が見える度に疲れはどこへやら。
t_IMGP4728.jpg
締めは「天空の遊歩道?」

t_IMGP4742.jpg
浅間山(前掛山)2524m

浅間山登頂おめでとうございます~。本日の主役の皆さま、何時もご一緒させて頂き誠に有難うございます&大変お疲れさまでした。あまりにもぽかぽか陽気、過ごしやすい頂上で「コーヒーショップ岳」開店。インスタントで申し訳ありませんが、大展望と登頂の充実感をつまみにお楽しみ下さい。
t_IMGP4739.jpg
奥秩父(金峰山)の上に頭を出す富士山

t_IMGP4746.jpg
北アルプス、後立山連峰 手前は外輪山の奥に高峰高原の山々

t_IMGP4767.jpg
草津白根山&志賀高原の山々、奥に苗場山

掲載させて頂いた展望写真は実際のほんの一部、もっともっと凄いんです。
t_IMGP4812.jpg
そんな大展望と最高の陽気に後ろ髪を引かれながら、青空の下下界へ歩を進めるのでありました。皆さまにとって浅間山は最高の思い出となられた事と思います。是非、次回白銀の時期には…外輪山の「黒斑山」に登ってみて下さい。縞状に雪を付けた美しい浅間山が出迎えてくれる事と思います。2012年の2月頃に企画いたしますので是非!
私にとっても最高の一日でした。皆さま有難うございました。

10月24日~25日…日光白根山&赤城山

秋の上州の百名山ニ座、日光白根山&赤城山を歩いて頂きました。紅葉前線は約1500m付近でしょうか? 2000m前後の両山の木々はすっかり葉を落とし冬を待つばかり。 その分展望は良好、静かな上州路をのんびり堪能頂けたかと思います。

10月24日…日光白根山
t_IMGP4486.jpg
弥陀ヶ池と白根山はガスの中

菅沼からしらびその樹林帯を2時間弱、突然現れる天空の楽園「弥陀ヶ池」。今まで薄暗い樹林の中を歩いてきただけに眩しい光景が目前一杯に広がります。池の向こうには白根山が聳え立つんですが、今の所濃いガスの中。頂上に立つ頃には…な~んて期待を込め歩を進めます。
t_IMGP4496.jpg
弥陀ヶ池から白根山頂上へ…一気に高度を上げていきます

t_IMGP4505.jpg
日光白根山2578m頂上にて

池を出発して1時間程…ガスはたまに流れるものの、相変わらず白の世界。今回の主役のお二方です。何時もご参加有難うございます。
t_IMGP4539.jpg
日光白根山中、最高のビューポイント「五色沼」

風が強く寒~い白根山頂上を早々と後にし、別天地「五色沼」へ…。「遠くから見ると綺麗なエメラルドグリーンの池でも近くで見ると今一つ」って事が多いんですが、ここは違う! 近くで見てもこの美しさ。テントを張って満天の星空の下、一夜を過ごしたくなる様な別天地です。
t_IMGP4569.jpg
外輪山「五色山」にて

五色沼から外輪山へ…カラマツの黄葉と笹原の中に続く気持ちいい登山道、本峰だけでなく是非此方をコースに加えられる事をお勧めします。
t_IMGP4574.jpg
突然のプレゼント、ブロッケン現象(五色山にて)

栃木県側のガスに光が差し込み、天からの最高のプレゼント…これだけハッキリしたブロッケンを見られるのはそんなにありません。外輪山で超のんびりした為、この後は夕暮れとの競争で一気に登山口へ駆け下りて頂きました。皆さん、急がせてごめんなさいね~

10月25日…赤城山
t_IMGP4605.jpg
駒ヶ岳から赤城山最高点「黒檜山」への気持ちいいプロムナード

ぽかぽか陽気・気持ちいいそよ風、最高の登山日和の中 二日目は赤城山をのんびり楽しんで頂きました。赤城「大沼」から1時間弱の登りで稜線に、そこからは大展望をお供に散策気分。上の写真は最初に登り付いたピーク「駒ヶ岳」から最高点「黒檜山」への明るい稜線。
t_IMGP4621.jpg
赤城山(黒檜山)1828mにて

百名山ニ座目登頂おめでとうございます。昨日の白根山とは打って変わり風もさほど無く頂上付近でのんびりコーヒータイム。展望は遠くこそ雲がかかてるものの、「皇海山」「榛名山」…またまた行きたい山が増えたお二方でした~
t_IMGP4644.jpg
所々残ってる紅葉と大沼

t_IMGP4652.jpg
大沼・赤城神社から見た駒ヶ岳&黒檜山の稜線

のんびり4時間程のトレッキング、裾野のでっかい赤城山からしたらほんの一部かもしれませんが、気持ちいい稜線歩き楽しかったですね~。大景観に花を添えて頂けた「楽しいトーク」有難うございました。上州の山は今回のニ山以外にもまだまだ一杯あります。「妙義山」「荒船山」「皇海山」「榛名山」…それぞれ個性豊かな山ばかり、きっと中部山岳には無い楽しさ・美しさを存分に堪能頂けると思います。
一年に一回は上州通い…是非また訪れてみて下さい。その節も宜しくお願い申し上げます。
二日間、誠に有難うございました&大変お疲れさまでした。

10月23日…天生湿原から籾糠山

t_IMGP4399.jpg
すっかり葉を落とした天生湿原

「紅葉の籾糠山企画~」…しっかり時期を外してしまいました。皆さま、申し訳ありませんでした。白川郷から天生峠へ最高潮の紅葉見物ドライブ、車中の皆さまも大歓声!の中で一人不安一杯だったのは僕だけでしょうか?
中腹で紅葉最高潮と言うことは、上では……??? 紅葉のベストタイミングって難しいですね~。
t_IMGP4419.jpg
ビューポイントの一つ「カツラ門」

今回のコース設定は…
「天生峠~天生湿原~水芭蕉群生地(ブナの大木見物)~カツラ門~籾糠山~木平湿原~天生湿原~天生峠」
余すことなく籾糠の原生を堪能して頂きました~
t_IMGP4429.jpg
籾糠山頂上にて記念撮影

本日ご参加頂きました主役の皆さま、予定人数を越え沢山の皆さま誠に有難うございます。
t_IMGP4444.jpg
籾糠山から木平湿原へ…青空も出てきて天空の遊歩道

t_IMGP4448.jpg
天生湿原とは打って変わり何時も静か~な「木平湿原」

花の時期・紅葉の時期、天生湿原の喧騒からかけ離れ山上にひっそり浮かぶ「木平湿原」…是非寄られる事をお勧めします。葉を落とした木々の中でナナカマドの赤い実だけが寂しく残ってます。次回は是非時期を変え、花の時期に訪れてみて下さい。びっくりする程の花々が足元両脇を覆い尽くします~。
こんな天生での一日、誠に有難うございました&大変お疲れさまでした。

10月22日…大山

t_IMGP4336.jpg
日本百名山・大山(弥山)1711m頂上で記念撮影

天気予報は雨?の中、遠い大山企画にご参加頂き誠に有難うございました。本日の主役の皆さまです。
幸いにも雨具を着ることはなく、頂上周辺は厚い雲に覆われてましたが8合目より下は大展望を楽しんで頂く事ができました。
t_IMGP4329.jpg
眼下には美しい曲線を描く「弓ヶ浜」

日本海から一気に突き上げる独立峰、その為冬季にはかなりの積雪なんでしょうね。山に登って海が見える…中々良いもんです。
t_IMGP4374.jpg
お目当ての五合目付近のブナ林の黄葉

大山中腹は西日本最大のブナ林だそうです。黄金のトンネルを潜り元谷へ…
t_IMGP4379.jpg
大山のビューポイント、元谷に降り立ちました

今年の大雨でかなり元谷の様相も変わったようです。昨年まではこの辺りでのんびり休憩したんですが~。
大山は溝口IC方面からは美しい富士山型、ここ元谷からは北アルプスを彷彿させる荒々しい山容…見る方角によってこれだけイメージが変わる山も珍しいんではないでしょうか? 残念ながらその荒々しい稜線は厚い雲の中…
t_IMGP4394.jpg
大山高原から見た美しい富士山型の大山

昼過ぎくらいに下山、後は時間の許す限り大山高原観光…大山高原の濃~いソフトクリーム、お土産に大山高原牛乳、温泉、産直…登山の後のこんな楽しみも中々いいもんです。あまりここまで訪れる機会ないですもんね~。行よりかなり荷物が多くなった皆さんでした~。
今日も一日誠に有難うございました&大変お疲れさまでした。次回またご一緒させて頂きますこと、楽しみにしてます。

10月19日…立山アルペンルート(プライベート)

t_IMGP4249.jpg
立山室堂・みくりが池より立山連峰(別山)

ガイド企画で宇奈月温泉に訪れた折り、宿の懸賞申し込みで「立山アルペンルート往復券」が富山県観光協会から送られてきました。今日は登山でなく一観光客、立山駅から黒部ダムまで幾つも乗り継ぎのんびり楽しんできました。
t_IMGP4294.jpg
ロープウェイからはエメラルドグリーンの黒部湖と「針ノ木岳」

t_IMGP4270.jpg
立山から何本も乗り継ぎ「黒部ダム」到着

快晴・無風…最高の登山日和、観光してるのが勿体ないぐらい…立山で何時もとは違った一日をのんびり過ごし、心も体もリフレッシュ! さあ明日からまた頑張ります~。 皆さま、宜しくお願い申し上げます。

10月15日~17日…みちのくの山旅第二弾

みちのくシリーズ第二弾、今回は福島県の百名山三座に挑戦して頂きました。

10月15日…安達太良山
t_IMGP4089.jpg
安達太良山1700m(乳首岩前)

昨日岩手から岐阜へ、そして同じ道を福島へ…心なしか福島が妙に近く感じてしまいました。
生憎の曇天の下、第一目は安達太良山を歩いて頂きました。「あだたらエクスプレス」利用で一気に天空の世界へ、一時間半程で頂上「乳首岩」…稜線上はあまり経験が無い程の突風! 稜線歩きを断念して早々と「くろがね小屋」へ。
t_IMGP4104.jpg
くろがね小屋の名の通りの黒い鐘&美しい紅葉

小屋で冷えた体を温めるコーヒーを注文&ランチタイム。窓からは雨にしっとり濡れた趣ある錦絵の世界が広がります。
t_IMGP4120.jpg
太陽の光をたっぷり浴びた紅葉も良いんですが、こんなしっとりした紅葉も中々良いもんですね。

t_IMGP4128.jpg
曇天の安達太良山でしたが、秋色に飾られたこんな素敵な姿で歓迎してくれました。

10月16日…吾妻山(西吾妻山)
t_IMGP4132.jpg
岳温泉から裏磐梯への移動中、小野川湖でパチリ!

第二日目は山形・天元台から西吾妻山へ…岳温泉から裏磐梯を経て天元台へ向かう道中も、車窓からは秋色の絶景が広がります。これだけでも福島まで来た価値十分。
t_IMGP4141.jpg
昨日に続き高度を上げていくとガスの中に突入、足元の秋を楽しみながらの歩行となりました~

t_IMGP4145.jpg
西吾妻山2035m登頂

何はともあれ百名山ニ座目ゲット! 昨年6月は残雪の為「東吾妻山&一切経山」に変更、私自身も初めての「東吾妻山」登頂でした。

10月17日…磐梯山
t_IMGP4156.jpg
磐梯山・八方台登山口の紅葉

3日目にしてやっと晴れてくれました~。磐梯ゴールドラインを走らせ登山口の八方台へ…真っ先に紅葉のトンネルが出迎えてくれました。
t_IMGP4196.jpg
真っ赤な実を付けるナナカマド

t_IMGP4178.jpg
磐梯山1819m登頂

福島県の百名山三座登頂おめでとうございます&大変お疲れさまでした。締めくくりの磐梯山が晴れて良かったですね~。お一人のお客様はこの磐梯山で百名山93か92座目、愈々ラストスパート…予定通り進めば来年で達成! 頑張りましょう~。
t_IMGP4227.jpg
磐梯山下部のブナの黄金のトンネル

福島での3日間、皆さま大変お疲れさまでした&誠に有難うございました。来年、再来年も一年に一度は東北へ是非! 花の時期、紅葉の時期…季節を変え場所を変え、中部山岳には無い裾野を広げたおおらかな山容、そんな山をのんびりと温泉に浸かりながら…仕事・家事で疲れた体をそっと癒してくれる山旅、数日間になればと思います。皆さま、有難うございました。

PS
t_IMGP4236.jpg
八方台から猫魔ヶ岳を経て「雄国沼」へ向かう路

磐梯山だけでなく、その反対側の雄国沼へ向かう道も素晴らしいんです。紅葉の時期、花の時期を問わず気持ちいい山歩きを楽しんで頂けると思います。来年は此方のコースも是非組んでみたいと思ってますので、その節は宜しくお願い申し上げます。僕のお勧めでした~
プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。