スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月10日~13日…みちのくの山旅

みちのくシリーズ第一弾、早池峰&岩手山&八幡平へ遠征してきました~

10月11日…早池峰
t_IMGP3889.jpg
河原坊より沢を詰めいざ早池峰へ

CLUB岳初の岩手県遠征、お客様皆さまのお蔭で普段は縁のない地まで歩かせて頂き、感謝々です。思い起こせば当初は上州の山が精一杯…お客様の「あと○○㌔で那須だよ」また「あと○○㌔で安達太良だよ」の言葉に乗せられ、遂に岩手まで来てしまいました。皆さまのお蔭でどんどんスキルアップさせて頂き…お返しさせて頂けるのは、如何に快適な一日を送って頂けるかぐらいしかありませんが、どうぞこれからも宜しくお願い申し上げます。

本題…早池峰、良い言葉の響きですね。美しい青空に映える東北の紅葉を楽しみながら沢を詰めていきます。
憧れの「早池峰」、胸の高鳴りとともに天空の世界へ…
t_IMGP3912.jpg
高度を上げていくと森林限界を抜け岩の世界に

t_IMGP3925.jpg
早池峰1917m 今回の主役の皆さまで~す。ご登頂おめでとうございます。

遥か遠くの岩手県の山をリクエスト&ご一緒頂き、誠に有難うございました&大変お疲れさまでした。
t_IMGP3944.jpg
下山ルート、早池峰名物の梯子(小田越ルート)

t_IMGP3953.jpg
この山のシンボル的存在…ハヤチネウスユキソウはドライフラワーで迎えてくれました。

是非、次回はこの花が咲き乱れる時期に訪れてみたいと思ってます。我こそはとお考えの皆さま、ご予約お待ちしてます。
t_IMGP3965.jpg
小田越の林道から仰ぎ見る早池峰

早池峰は想像通り、夢に見た通りの名峰でした~。下部を秋色に彩られその上に横たわる岩峰…来年はまた違う時期に、また違う姿を見せてくれる事でしょう~。

10月12日…岩手山
t_IMGP3981.jpg
岩手山の紅葉に彩られた登山道

岩手県シリーズ第2日目、美しい独立峰へ馬返しから登って頂きました。早朝の柔らかい光に包まれた紅葉の中をスタートです。
t_IMGP3983.jpg
優しい彩りのブナ林の紅葉の下、のんびり歩を進めます

t_IMGP3999.jpg
森林限界を抜けると目指す岩手山頂上部が目の前に迫ります

ここまでは柔らかい光に包まれながら順調に高度を上げてきたのですが…頂上部には嫌~な雲が掛かってます。
t_IMGP4006.jpg
そして岩手山頂上部、濃いガス&絶え間なく続く強風…皆さま大変お疲れさまでした。

お一人のお客様は東北・青森のご出身、何時も里帰りの時に仰ぎ見てた憧れの岩手山…ご自分の足で立たれ感慨もひとしおだったんではないでしょうか? 今後の里帰り…楽しみですね。
故郷の山、私にとっては「伊吹山」になるのでしょうか? 朝な夕なに眺める伊吹山、誰もがそんな心の山を持ってるのでしょうね。

10月13日…八幡平
t_IMGP4050.jpg
駐車場から30分程、八幡平1613m

最終日の八幡平は早朝に宿を出発してホンの少しの歩行時間、後はひたすら遠い岐阜までの移動日です。
t_IMGP4049.jpg
八幡平散策路から眺める八幡沼、じっくり1日かけて八幡平を歩いてみたくなる衝動にかられます。

t_IMGP4054.jpg
八幡平の紅葉と岩手山

最終日は少々急ぎ足になりましたが、何はともあれ岩手県の百名山三座登頂おめでとうございます&大変お疲れさまでした。岩手の素朴な自然、東北の美しい紅葉、中部には無い雄大・壮大な景観…東北の山の虜になられたんではないでしょうか? 来年は百名山以外にも「栗駒山」「秋田駒ヶ岳」「乳頭山」「焼石山」などのレパートリーも増やしていきたいと思ってますので宜しくお願いします。
移動日も含め4日間お付き合い頂き、誠に有難うございました&大変お疲れさまでした。

今晩からは「みちのく第二弾」、岩手から場所を変え「福島の山旅」に遠征してきます。
ご一緒頂く皆さま、宜しくお願いします。
スポンサーサイト

10月9日…雨飾山

t_IMGP3856.jpg
大迫力の雨飾山・布団菱の岩峰

紅葉真っ盛り&人出も最高潮の雨飾山を歩いて頂きました。車で溢れかえる雨飾キャンプ場から美しいブナ林を抜け突然飛び込んでくる「布団菱」の岩峰…一斉にポケットからカメラを出し撮影タイム。2000mに満たない山とは思えない…アルプスを彷彿させる景観ですね。
t_IMGP3807.jpg
荒菅沢の絶景・休憩ポイントは登山者で一杯

雨飾山で一番好きなポイントです。頭上に聳え立つ岩峰、足元には絶え間なく流れる清らかな天然水…下山時にこの天然水でコーヒータイムを楽しんで頂きました。
さあ、ここからあの遥かなる岩峰へ…
t_IMGP3826.jpg
荒菅沢からの急登を登り笹平の平原で小休止

下から見た景観では想像できない様な平原が広がる「笹平」、もう頂上は直ぐそこです。
t_IMGP3836.jpg
日本百名山「雨飾山」1963m到着

本日の主役の皆さまで~す。雨飾山登頂おめでとうございます&大変お疲れさまでした。頂上からは…眼下に日本海、後立山連峰から遠く槍穂高連峰まで360度の大展望&ランチを楽しんで頂きました。
下山は超大渋滞、歩き疲れたと言うより待ち疲れた? 今日一日誠に有難うございました。まだまだ秋山が続きますが次はどこの峰へ? これからも末永く宜しくお願い申し上げます。

秋の山旅追加日程です

秋の上州、百名山ニ座登頂プラン

t_P9210146.jpg
日光白根山頂上より美しい五色沼へ下る

○10月24日(月)~25日

日光白根山&赤城山 ☆

23日:岐阜21:00出発(途中SAで仮眠or登山口で仮眠)
24日:菅沼登山口~弥陀ヶ池~白根山~五色沼~菅沼登山口(歩行時間:6時間)=小川温泉(宿泊)
25日:=赤城山・黒檜山(歩行時間:4時間)=立ち寄り温泉(入浴)=岐阜21:00

(一宮駅乗車OKです)

参加費:20,000円(諸費用要)
(諸費用とは、高速代・ガソリン代・ガイド宿泊費用などを人数割致します)

秋の上州路をのんびり楽しみませんか? 趣のある秋色が皆さんを迎えてくれます。

残席:3名 お早めにお申し込み下さい、お待ちしてます。

10月1日~2日…鹿島槍ヶ岳

t_IMGP3651.jpg
ほんのり秋色に衣装替えの柏原新道

寒波到来…昨日までは半袖で歩いた表銀座から一転、冬支度の後立山連峰。柏原新道はまだまだ派手さは無いものの趣ある落ち着いた秋色を楽しみながら…種池、爺ヶ岳そして宿泊地・冷池山荘へと歩を進めました。

t_IMGP3691.jpg
一日の始まりを待つ「剣立山連峰」

2日目、早朝5時半に山荘を出発。真っ先に目に飛び込んでくるのは、まだ陽を浴びてない北方稜線を従えた剣岳の威厳に満ちた姿。

t_IMGP3715.jpg
朝日を一杯浴びて輝く「チングルマの草紅葉」

稜線上の草紅葉は今が旬、朝日を浴びて輝かしさも増し行く手の鹿島槍もほんのりオレンジ色に染まる…そんな一日の始まりでした。

t_IMGP3723.jpg
布引山より…美しい双耳峰の鹿島槍ヶ岳

朝の内は晴予報、何とかこの絶景間に合いそうです。日本海方面からの強風も何のその…

t_IMGP3735.jpg
鹿島槍ヶ岳への気持ちいい稜線…

t_IMGP3743.jpg
剣立山連峰を背に鹿島槍ヶ岳まであと少し

t_IMGP3746.jpg
日本百名山・鹿島槍ヶ岳2889m登頂おめでとうございます

今回の主役のお二方です。鹿島槍登頂おめでとうございます&大変お疲れさまでした。

t_IMGP3745.jpg
鹿島槍ヶ岳から続く後立山連峰の遥かなる稜線

五竜岳、唐松岳、白馬岳…北部のアルプスの主役達

t_IMGP3747.jpg
此方は歩いてきた稜線、中央・種池から爺ヶ岳を経ての美しいスロープ

南に目を転じると…歩いて頂いた稜線の向こうには「針ノ木岳&蓮華岳」が仲良く肩を並べ、奥には「槍穂高連峰」。
今回2日間の天気予報ではこれだけの大展望は予想してなかった為に感慨・喜びもひとしお…たっぷり目に焼き付けて頂き往路を戻るのでありました。山頂を後にし冷池に着く頃には青空を厚い雲が覆い…正に私たちが鹿島槍登頂を終えるのを待ててくれたが如く…。超ラッキーなひと時でした。
ご参加頂きましたお二方、誠にありがとうございました。そして2日目の行動時間9時間半(休憩含む)、大変お疲れさまでした。またこんな1日をご一緒させて頂ける事を楽しみにしてます。
プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。