スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月26日~28日…白馬岳から雪倉岳&朝日岳へ

7月末の花の最適期、北アルプス北部フラワーロードを歩いて頂きました~
26日…大雪渓より白馬山荘
syakaIMGP1447.jpg
ミヤマキンポウゲを背にウルップソウ

大雪渓を登り終えると山荘までは終始お花畑の中を歩きます。花の白馬の真骨頂、写真を撮りながらのんびりと…
syakaIMGP1436.jpg
杓子岳の岩峰とクルマユリ

シナノキンバイ・ミヤマキンポウゲ・イワオウギ・テガタチドリ……etc、山座同定ならぬ花名同定??
syakaIMGP1450.jpg
後立山主稜線、白馬岳&白馬山荘を背に記念撮影

今回の主役の皆さまで~す。何時もご参加ありがとうございます。泣き出しそうな空模様のスタートでしたが、天気は上々・花も旬、そして皆さまの笑顔も…大変ありがとうございます。超のんびり歩いたつもりが、12時には山荘到着…到着を待っててくれたように稜線上は霧で覆われ、夕食までの長~いひと時をスカイプラザ(展望レストラン)で楽しい山談義。まったりとした白馬を私も楽しませて頂きました。

27日…白馬岳から雪倉岳&朝日岳フラワーロード
syakaIMGP1493.jpg
白馬岳から朝日岳へ(雪倉岳への登り)

名峰・白馬岳から朝日岳への長い美しい稜線、徐々に高度を落としていくので歩き方さえ間違えなければ、快適な楽しい1日の行程で~す。白馬岳(三国境)から眺めたこの稜線は…誰もが何時かは歩きたくなる、そんな魅力たっぷり。
syakaIMGP1484.jpg
いたる所に群生するチングルマ
syakaIMGP1515.jpg
エーデルワイスの仲間、ミネウスユキソウ&シロウマウスユキソウ
syakaIMGP1523.jpg
シロウマアサツキ

本家・白馬岳葱平よりこちら(雪倉周辺)の方が多いぐらい、終始足元を彩ってくれます。葉っぱの匂いを嗅ぐと、当たり前ですが葱の香り……。
syakaIMGP1538.jpg
ハクサンコザクラ(小桜平)

此方も本家白山より多いのでは??
7時間程の行程、終始楽しませてくれる花々…白馬岳の華やかな咲き方とは違い、手の届く所に自然に咲いてる…北アルプス随一のフラワーロードと言っても過言ではないと思います。
白馬岳へ登られた皆さま、是非来年は雪倉岳&朝日岳へ足を伸ばしてみて下さい。楽しい充実感たっぷりの山旅となることでしょう。フラワーシーズン、来年の一押し企画にしたいと思ってます。
syakaIMGP1497.jpg
花以外にも…雷鳥親子

昨日、今日と天気予報は雨…ですが結果は写真の通り、快適な縦走を楽しんで頂く事ができ感謝々…
宿泊地「朝日小屋」に着いたと同時に、我慢しきれずに落ちてきたかの様な大粒の雨…こんなに旨くいっていいのでしょうか??

28日…朝日小屋から北又へ下山
syakaIMGP1560.jpg
お世話に成った「朝日小屋」前で「左端が管理人(社長)の清水さん)」

木目細かい心遣い、清潔な室内…心に残る山小屋です。食事も手作り感抜群、これからこの小屋基点の企画を増やしていけたらと思ってます。大変お世話になりました~。
流石に今日は霧の中のスタート…ですが稜線歩きは昨日で終え後は下るだけ。雨もラスト30分ほどで降られただけ…天気にもお客さまにも助けられ素晴らしい3日間を北アルプス北部で過ごせました。
新しい「岳企画」の1ページのスタート、来年の事ですがお申し込み受付スタートしま~す。
ご参加いただきました皆さま、3日間誠にありがとうございます&大変お疲れさまでした。
PS
今晩からは立山・五色ヶ原…ご一緒いただきます皆さま、宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

7月23日~24日…白馬岳

syakaIMGP1322.jpg
花の白馬岳、大雪渓を登り栂池への定番コースを歩いて頂きました~。アルプス初体験の皆さまは終始、笑顔!!少々しんどくても、瞳に映る景色は下界とは別世界……、アルプス雲上の2日間どうでしたでしょう??

1日目…猿倉~白馬尻~大雪渓~白馬山荘
期待と不安が入り混じった夜は皆さん眠れましたか?? きっと大歓迎でアルプスの峰々は迎えてくれます。
今年の大雪渓は例年より落石が多いように感じられます。局地的な雨が多かったからでしょうか??
アイゼンを効かせ一歩一歩確実に、一定のペースで淡々と、ゆっくり歩き極力休憩は少なめに、歩いてる時も休憩時も上部に気を配りながら……大雪渓の楽で安全な歩き方で~す。
皆さんの感想は…「一般登山道より歩きやすかった~」でした。
syakaIMGP1343.jpg
大雪渓を登りきると愈々周囲はお花畑「シナノキンバイ」
syakaIMGP1339.jpg
「ハクサンフウロ」「ウサギギク」「ミヤマキンポウゲ」
syakaIMGP1351.jpg
「ミヤマオダマキ」 後ろには「シナノキンバイ・ミヤマキンポウゲ」が斜面一面を黄色に染めます

辛い登りも多種の花々が元気つけてくれます~。花の白馬の真骨頂!! ついつい歩行時間より撮影時間の方が長く成っちゃいますよね…
syakaIMGP1363.jpg
後立山連峰の稜線へようこそ~、本日の主役の皆さまで~す。
山と出会う前、数年前では考えられない光景 自分とは無関係だと見過ごしてた風景…それらを目の当りにされた観想はどうでしたでしょう?? 自分の足で辿り着いたこの稜線、存分に楽しんで下さいね。そして自信に思ってください。
syakaIMGP1378.jpg
山上の巨大ホテル?「白馬山荘スカイプラザ」で待つ夕日、これぞ至福のひと時ですね。

2日目…白馬岳~小蓮華山~白馬大池~栂池
syakaIMGP1392.jpg
山荘を6時頃出発、目的の「白馬岳」を越え「小蓮華山」「白馬大池」への美しい稜線を進みます。2日間での一番のメインイベントと言っても過言ではありません、夢のような世界でしょ~。何度も何度も後ろを振り返りながら、周りを見渡しながら……、じっくりこの世界を堪能して頂きました。
syakaIMGP1397.jpg
後立山の山々を背に咲く花は「タカネヤハズハハコ」
syakaIMGP1400.jpg
一番のお気に入りの場所、斜面に広がる「ハクサンイチゲ」のお花畑

こんな浮世離れした世界、こんな2日間を「笑顔、えがお、スマイル」で楽しんで頂きました。お客さまの印象に残った一言…「これでまた明日から仕事を頑張れる」「頑張らないとバチがあたる」…良い一言です。また頑張って少々疲れたら、アルプスに来て下さいね~。「心の洗濯」「命の洗濯」…いろんな洗濯機を用意してアルプスは出迎えてくれます。
夢の世界を描いて、明日から頑張って下さい。花の白馬での2日間、誠に有難うございました&大変お疲れさまでした。今晩からまた猿倉へ…新たな皆さまの心の洗濯にいってまいります~。

お盆中の企画変更(花の白馬岳)

お盆休み中のアルプス宿泊企画で変更がありましたのでお知らせ致します。
syakaP8090302.jpg
白馬岳を背に小蓮華山・白馬大池への快適な稜線を歩く

8月15日(月)~16日 白馬岳
毎年大人気のコース、今年度三回目の企画です。大雪渓を登るとそこからは花の楽園、たっぷり時間をかけて稜線を目指しましょう!! 自分へのご褒美は、白馬山荘展望レストランでの生ビールorケーキセット?? 夕日を待つひと時は、下界では味わえない至福のひと時……心の洗濯を是非、白馬岳で。
2日目がまた快適、白馬岳から小蓮華山を経て白馬大池への稜線を雲上漫歩。夏休みの心に残る思い出に白馬を選んでみては???
定員:6名 残席:2名 参加費:20,000円(諸費用要)
お申し込みお待ちしてます。
PS
その他の企画の残席情報です
◇8月4日~6日 北岳&間ノ岳  残席:2名
◇8月7日~8日 唐松岳&五竜岳 残席:3名
◇8月11日~13日 穂高岳    残席:2名
◇8月15日~16日 白馬岳    残席:2名
◇8月22日~24日 甲斐駒ケ岳&仙丈ヶ岳  満員です
◇8月26日~28日 槍ヶ岳    残席:2名
まだまだ間に合います~

7月17日~18日…針ノ木岳

syakaIMGP1204.jpg
一日の始まりを待つ「針ノ木岳」(新越山荘前より)

扇沢を基点に柏原新道・種池から「針ノ木岳」、下山は針ノ木雪渓の周回コースを楽しんで頂きました。
1日目…扇沢~柏原新道~種池~岩小屋沢岳~新越山荘(宿泊)
2日目…~鳴沢岳~赤沢岳~スバリ岳~針ノ木岳~針ノ木峠~針ノ木雪渓~扇沢

種池からは大半の方が、百名山「鹿島槍ヶ岳」へ向かう中、静か~な稜線を進みます。
syakaIMGP1234.jpg
稜線上から絶えず見える「剣・立山連峰」
syakaIMGP1229.jpg
こんな気持ちいい稜線歩きが、丸1日続きます。
syakaIMGP1253.jpg
ミヤマダイコンソウと黒部湖

無機質な岩稜に彩を添えてくれる多種の花々。そして眼下にはエメラルドグリーンに輝く「黒部湖」
幾ものピークを越えて行く苦労を充分払拭してくれる絶景&可憐さ。
syakaIMGP1270.jpg
態々条件の悪いザレ場に咲く「コマクサ」、勿論高山植物の女王

7月のアルプスは多種の花々の競演、稜線上では「ミヤマキンポウゲ」「シナノキンバイ」「ハクサンチドリ」「イワギキョウ」etc
樹林帯では「キヌガサソウ」「サンカヨウ」etc
syakaIMGP1289.jpg
薬師岳方面も展望バッチリ!!

360度の大展望、鹿島槍ヶ岳から白馬へと続く「後立山連峰」
水晶岳から槍ヶ岳へ続く裏銀座の山々。比較的登山者が少ない、この稜線周回コース…剣立山をお供に、黒部湖を眼下に最高の1日、雲上漫歩を楽しんで頂けると思います。
syakaIMGP1276.jpg
本日の主役の皆さまで~す。ピークの一つ「スバリ岳」での記念撮影

何時もご参加ありがとうございます。今日楽しみにしてみえた、稜線上からの「黒部湖」…想像以上でしたか??
展望を楽しみながら、花に癒され、仲間同士のトークで笑い…こんな夏のアルプスでのひと時、最高ですね。まだまだこれから「夏山アルプス本番」…次回以降も宜しくお願い申し上げます。
1日目・6時間半、2日目・8時間…皆さま、大変お疲れさまでした&誠にありがとうございました。

7月16日…四阿山&根子岳

syakaIMGP1135.jpg
エーデルワイスの仲間、ミネウスユキソウは両山いたる所に群生してます

深田久弥さんの日本百名山「四阿山」と田中澄江さんの花の百名山「根子岳」の二山を周回コースで楽しんで頂きました。
ウスユキソウはじめ「テガタチドリ」「ハクサンチドリ」「ハクサンフウロ」「タカネニガナ」などなど、花を楽しみながら写真撮影で立ち止まり、まったりと歩を進める山歩きも中々楽しいもんです。
syakaIMGP1105.jpg
四阿山で記念撮影、百名山登頂おめでとうございます

本日の主役の皆さまで~す。何時もご参加いただき誠にありがとうございます。
今年の目標は、「槍ヶ岳」「北岳」「白馬岳」「剣岳」と其々ですが、夏山を存分に楽しみましょうね~。
syakaIMGP1148.jpg
根子岳頂上のタカネニガナ

真っ青な空に祝福され、多くの花々に癒され、北アルプスなどの大展望に目は釘付け…山っていいですね~
syakaIMGP1115.jpg
僕のお勧めビューポイント、四阿山と根子岳の鞍部

四阿山から根子岳へ、鞍部からは根子岳への笹原のスロープ。天空の楽園へ続く一筋の路……
syakaIMGP1126.jpg
根子岳中腹の展望岩でランチタイム…正面に「四阿山」を眺め、頬を撫でるそよ風は天然クーラー、至福のひと時ってこんな時間の事なんですよね。コンビニ弁当が豪華ランチに大変身!!
毎年「海の日」前後のこの時期に訪れる両山、快晴率100%を誇る企画…今年も皆さまのご協力のお陰で大成功、存分に楽しんで頂けたかと思います。花は低山から高山へ駆け上がり、愈々アルプス本番! 今年も7月末から8月、9月と多くの皆さまと雲上漫歩をご一緒させて頂けそうです。本日ご参加いただいた皆さま、ご予約いただいてます皆さま、その節は宜しくお願い申し上げます。
今日も一日誠にありがとうございました&大変お疲れさまでした。
PS
夏山アルプス宿泊企画、まだお迷いの皆さま…まだまだ間に合います。残席は少なく成って参りましたが宜しくお願いします。

ガイド企画変更情報…「唐松岳から五竜岳」

例年より早い梅雨明け、夏山本番…皆さま、今夏の一大イベントの予定はお決まりですか? 熱中症に成りそうな下界を離れ、3000mの別天地へ…夏の思い出作りはお任せ下さい。皆さまを雲上の世界へご招待~~
◎宿泊ガイド企画で変更がございますのでお知らせいたします
syakaP1020076.jpg
八方尾根登路からは五竜岳&鹿島槍ヶ岳をお供に雲上漫歩

8月7日(日曜日)~8日 唐松岳から五竜岳
黒菱平からリフト利用で高度を稼ぎ、歩き始めから大展望の快適尾根歩き。左に白馬岳、右に五竜岳・鹿島槍ヶ岳を従えて気持ちよく高度を上げていきます。宿泊は「唐松頂上山荘」、改装されたばかりの綺麗な山小屋です。テラスでは正面に剣・立山連峰を望み、夕日を待つ時間は至福のひと時。満点の星が煌くロマンティックな夜を過ごしてみませんか?
翌日はメインの五竜岳へ縦走、百名山ゲット! 後立山の主稜線をのんびり歩きましょう~
定員:7名 残席:4名  参加費:20,000円(諸費用要)
皆さまのお申し込み、お待ちしております。

7月11日~12日…仙丈ヶ岳

syakaIMGP1001.jpg
感動の瞬間、甲斐駒ケ岳(摩利支天)脇から上る一日の始まり。雲海の奥には奥秩父の山々

南アルプス宿泊入門コース、女王・仙丈ヶ岳をのんびり歩いて頂きました。梅雨明け直後の南アルプスでは、こんな感動的な幕開けを用意してくれてました。
syakaIMGP1024.jpg
登路道脇でのチングルマ

初日は北沢峠から馬ノ背ヒュッテまで、そして二日目…ヒュッテからひと登りで岩と展望と花の楽園へ
syakaIMGP1030.jpg
花の応援を得て少々しんどい登りも何のその…(ミヤマキンポウゲ)

その他、「コイワカガミ」「オヤマノエンドウ」「ミヤマシオガマ」などなど色とりどりの花の競演に皆さんも大満足。
syakaIMGP1025.jpg
雲の向こうに連なるのは「憧れの北アルプス」

アルプス一万尺の絶景、雲を下に見る気分はどうですか?? 悪い訳がないでしょうね。
syakaIMGP1036.jpg
南アルプスの女王・仙丈ヶ岳へようこそ…今回の主役の皆さまで~す。

360度の大展望、見えるべき物は全て見えた…と言っても過言で無いほどの絶景。夏山スタートの素晴らしい思い出と成りましたでしょうか? ちなみに昨晩ヒュッテに泊まられたのは私達を含め12人、頂上でもこの12人…殆ど貸切状態の仙丈でした。
syakaIMGP1037.jpg
日本の高峰ツートップ「富士山」&「北岳」、右に第4位の「間ノ岳」
syakaIMGP1039.jpg
鋸岳を従えた甲斐駒ヶ岳、奥に八ヶ岳

その他、「恵那山から中央アルプス・御岳」「乗鞍から槍・穂高を経て白馬岳」「遠く妙高、浅間山」…何時までも何時までも見飽きない風景。新たに登りたい山が一杯増えたんではないですか?
syakaIMGP1054.jpg
小仙丈への快適な美しい尾根を歩きます

帰路は小仙丈ヶ岳を経て北沢峠へ…この方角からの仙丈ヶ岳が一番重厚感があり美しいんですよね。最高のシュチェーションで迎えてくれた二日間、皆さま誠に有難うございました&お疲れさまでした。夏山アルプス第一弾、スタートに相応しい天気&皆さんの笑顔有難うございます。次回の夏山本番の節も宜しくお願いします。

7月10日…八ヶ岳・硫黄岳

syakaIMGP0916.jpg
森林限界を抜け八ヶ岳の特設ステージ「赤岩の頭」での一こま

南八ヶ岳への第一歩、硫黄岳を歩いて頂いた本日の主役の皆さまです。
桜平~夏沢鉱泉~オーレン小屋~赤岩の頭~硫黄岳~夏沢峠~箕冠山~根石山荘(コマクサ群生地)とたっぷり歩いて頂きました。写真の「赤岩の頭」、美しい森を抜け突然開けるステージ…目の前には横岳・赤岳・阿弥陀岳の八ヶ岳のスター達。この景観を目の当たりにし、「日帰りで帰るのが勿体無い! このまま稜線通しで歩いていきたい」と思うのは当たり前! 次回は「八ヶ岳縦走企画」、是非ご参加下さい。宜しくお願いします。
syakaIMGP0925.jpg
赤岩の頭からひと汗かき、広~い硫黄岳の頂上に一歩を記します

八ヶ岳主稜線へようこそ…。2700mの雲上の世界、各々の二本の足で辿り着いた別天地で~す。大変お疲れさまでした。
syakaIMGP0933.jpg
青空の下に続く稜線は、天狗岳から蓼科山の北八ヶ岳の峰々

硫黄岳直下の夏沢峠で北八ヶ岳と南八ヶ岳に分かれます。南は横岳で代表される岩峰の男性的な山々、北は森と池の女性的な山々…。最高点の赤岳登頂は八ヶ岳の魅力のほんの一部でしかありません。隅から隅まで歩いて見てください、何日もかけて…きっとどんどん八ヶ岳が好きに成ると思います。
syakaIMGP0947.jpg
硫黄岳から夏沢峠を経て箕冠山へ…振り返ると爆裂噴火口の硫黄岳と頭を少し出す阿弥陀岳

時間的、皆さんの体力的余裕も有りそうなので、主稜線を箕冠山方面へ歩いて頂きました。目的は根石山荘のコマクサ群生地。
syakaIMGP0955.jpg
コマクサはまだ咲き始めたばかり、蕾が殆どでしたが数株が可憐な姿で歓待してくれました。

大群生を見て頂けなかった事は残念でしたが、ここからは天狗岳が直ぐ近くに…また登りたい山が増えたようです。これも作戦??……そう、営業努力です。
syakaIMGP0961.jpg
少々の通り雨で一層の輝きを誇示する八ヶ岳の森

八ヶ岳と言えば何と言ってもこの美しい苔むす森、この森を周回するだけでも充分リフレッシュ出来ると思います。雨が降ったら八ヶ岳、「雨の北八ツ」…お勧めです。さあ、今日の硫黄岳をスタートに、どんどん高山へ飛び立って行って下さい。ご希望とあらばどこへでもご招待いたします。きっと遥かなる峰々も最高の舞台を用意してくれるでしょう。その節もご指名、ご参加宜しくお願いします。

7月9日…花の白山

syakaIMGP0841.jpg
白山平瀬道では最初に出迎えてくれる花「キヌガサソウ」の大群生

例年よりかなり早い梅雨明け、白山もお客さまのご来訪を満面の笑みで迎えてくれました~。白山の花の最盛期は7月20日~8月初旬、少し早いこの時期はどんな花が私たちを楽しませてくれるでしょう?
平瀬道では「ハクサンチドリ」「ニッコウキスゲ」「カラマツソウ」「ミヤマキンポウゲ」「シナノキンバイ」…特筆すべきは、中腹から頂上へ大群生する「キヌガサソウ」と「サンカヨウ」…7月初旬ならではの花の競演!!
時期を少しずらすと、新しい発見があります。
syakaIMGP0856.jpg
クロユリは南斜面で咲き始めたばかり

平瀬道後半のクロユリ群生地では、まだ蕾も硬い状態…ですが室堂から御前峰へ至る南斜面では、しっかり花開いてくれてました。白山を代表する花の一つ……
syakaIMGP0887.jpg
此方も白山を代表する花「ハクサンコザクラ」

まだまだ数は少なく群生とは成りませんでしたが、しっかり可憐な姿を見せてくれました。これから7月末にかけて室堂周辺の斜面をブルーに染めてくれるんでしょうね~
syakaIMGP0865.jpg
白山池めぐり途中での「イワウメ」

最高点「御前峰」から池巡りコースへ…此方では「チングルマ」「コイワカガミ」「イワウメ」、そしてまだまだ雪を残すコバルトブルーの池の数々。
syakaIMGP0850.jpg
本日の主役のお二方です。花の白山を存分にのんびり楽しんで頂きました~。
全行程11時間(頂上でのランチ&お昼寝タイム含む)、大変お疲れさまでした。沢山歩いて室堂で超のんびり…ランチタイムでは生ビールで乾杯、食後は30分程お昼寝。こんな贅沢&至福のひと時、心と命の洗濯は出来ましたか? 白山での長~い一日、お付き合い頂き誠に有難うございました。これから迎える夏山本番も宜しくお願いします。

7月4日~5日…白木峰&奥丸山

お客さまのご希望の山(白木峰)&僕から提案させて頂いた山(奥丸山)で少し変則ですが奥飛騨宿泊プランで歩いて頂きました。他の皆さまもご希望お知らせ下さいね~。どんどん追加日程で組ませて頂きます。

4日…白木峰
syakaIMGP0744.jpg
白木峰・浮島のある池にはワタスゲ・ニッコウキスゲが彩りを添え、霧が幻想的な雰囲気を醸し出してます

岐阜県側からの国道が災害通行止めで、急遽富山県側に廻り込み…時間的制約で「小白木峰」までは足を伸ばすことは出来ませんでしたが、満開のニッコウキスゲが快く私たちを出迎えてくれました。心配された雨も全く降らず、花の白木峰を短い時間でしたが堪能頂けたかと思います。
今日のお客さま…以前は全国的に大雨の中での「奇跡的晴れの四国・赤石」など「超晴れ女」、今日も車に乗り込んで奥飛騨に向かう間はバケツをひっくり返した様な大雨…明日も晴れますように。
syakaIMGP0729.jpg
こんなキスゲの群生が白木峰全体を覆いつくしてます。
僕自身の話ですが、苗場山・赤兎山そして今回と3日連続の高層湿原…毎日良い物を見させて頂きお客さま方に感謝、感謝です。登りついた狭い頂上(鋭峰)も勿論最高ですが、こんな散策の楽しみを持った広い頂上も中々いいですね。さあ明日は北アルプス南部ど真ん中、奥丸山からはどんな景色を見せてくれるのでしょう??

5日…奥丸山
syakaIMGP0780.jpg
晴れてくれました~。奥丸山頂上での一こま、昨日・今日と2日間の主役の皆さまで~す。何時もご指名頂きありがとうございます。

歩き始めは雨模様でしたがワサビ平小屋に着く頃には青空が見え始め、晴れ女本領発揮!!
中崎尾根に乗ると穂高の峰々が出迎えてくれ、いく手左には笠ヶ岳をお供に…北アルプス南部ど真ん中の尾根を存分に楽しんで頂きました。写真のバックは…槍ヶ岳西鎌尾根で~す。
syakaIMGP0767.jpg
中崎尾根からの穂高連峰…来月訪れる時も今日の様に微笑んでおくれ~
syakaIMGP0792.jpg
緑の額縁に綺麗に収まる「笠ヶ岳」
syakaIMGP0779.jpg
そして頂上で待っててくれたのは…双六岳などの裏銀座入り口の山々

右を見ると穂高連峰、正面は槍ヶ岳、左方向へ裏銀座から笠ヶ岳…と奥丸山は北アルプス南部の主役達の大展望台、少々稜線上は雲がかかってましたが梅雨時としては合格点。中々勿体無くって立ち去れない、奥丸山はそんな頂上です。
syakaIMGP0800.jpg
ワサビ平から新穂高への少々退屈の林道歩きも、オオヤマレンゲが応援してくれました。
白木峰・奥丸山の二日間、今回も楽しくご同行頂き誠にありがとうございました&大変お疲れさまでした。次回は「針ノ木岳」「白馬岳から朝日岳」と夏山も目白押しにご予約頂いてます。その節もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
PS
11日間続いた山での仕事(夜行出発日含)も明日・明後日と2日間の休養…ゆっくり休んで又万全の体制で夏山に臨みたいと思います。ご一緒させて頂く皆さま宜しくお願いします。最高の夏の思い出を演出させて頂きます。

7月3日…赤兎山

syakaIMGP0703.jpg
赤兎山頂上の先、湿原ではニッコウキスゲが咲き始めたばかり

今年の干支の山&花の湿原…そんな赤兎山を歩いて頂きました~。例年より少々花の開花は遅れてる様ですが、ニッコウキスゲは咲き始めたばかりの新鮮な美しさ……。
syakaIMGP0700.jpg
道脇を鮮烈なイエローで彩ってくれてます。まだまだ当分楽しめそうですね~
syakaIMGP0712.jpg
湿原周りでの主役は「イワイチョウ」、此方もまだ咲き始めたばかり。
syakaIMGP0714.jpg
湿原・草原の奥に赤い非難小屋、日本版・福井版ハイジの世界。
syakaIMGP0696.jpg
赤兎山頂上での記念撮影、本日の主役の皆さまで~す。何時もご指名、ご参加有難うございます。次回は愈々アルプスへ…最高の世界へご案内させて頂きますので、お楽しみに~。残念ながら白山は恥ずかしそうに顔を出してくれませんでしたが、1日楽しそうに歩いて頂き有難うございました&お疲れさまでした。夏本番、秋と移り行く季節・山を此れからも末永くお付き合い下さい。宜しくお願いします。

7月2日…苗場山

syakaIMGP0638.jpg
秋山郷・小赤沢から2時間半程の行程で登り着いた頂上部高層湿原はチングルマなどの花の楽園

毎年恒例の7月第一土曜日、花の苗場山をのんびり歩いて頂きました~。頂上部高層湿原に着いてから三角点までの40分程は天空の夢の楽園…苦労した御褒美には余り尽くす程の至福のひと時。
syakaIMGP0612.jpg
木道脇湿原には、イワイチョウ・チングルマ・コイワカガミ・ワタスゲ・ヒメシャクナゲなどの花々が競演
syakaIMGP0637.jpg
思い々にお気に入りポイントで写真撮影、例年の事ながら先へ中々進めません。
syakaIMGP0614.jpg
貴重な梅雨の晴れ間、花と空の最高の演出を頂いて「花の名山」を歩かせて頂きました~。今年の夏山、何か良い予感を感じさせてくれる1日……
syakaIMGP0666.jpg
本日ご参加頂きました主役の皆さまで~す。遠い苗場山へようこそ…
ここ数年の花の状況と比べ、今年は何もかもが当たり年の様です。そんな苗場山、存分に楽しんで頂けましたでしょうか??これから7月・8月と夏本番、愈々花も3000mの稜線へと舞台は駆け上がって行きます。そんなアルプス夏山も是非ご指名及びご同行させて頂ければ幸いです。これからも末永~くお付き合い頂けますようお願い申し上げます。本日も誠に有難うございました&大変お疲れさまでした。

6月28日~30日…那須連山&会津駒ケ岳

「山のいで湯、三斗小屋温泉に泊まりた~い」とのお客さまのご希望で那須&会津駒をまったり・のんびり旅を楽しんで頂きました~。東日本の被災された皆さま及び関連の皆さまには申し訳ない程、3日間満喫の山&温泉旅を過ごして頂けたかと思います。東北はいい所ですよぉ~、ご覧の皆さまも是非、足を運んでみて下さい。

28日…那須連山、茶臼岳~朝日岳~三本槍岳~三斗小屋温泉syakaIMGP0469.jpg
那須の主峰・茶臼岳より、下界は雲海が広がってます。

本日の行程の最初のピーク、蒸気を上げる茶臼岳へ…頂上直下までロープウェイが運転されてるので軽装のハイカーもちらほらと……。ですが足場が非常に悪いので皆さん、充分気をつけましょうね。
梅雨の真っ只中、予報からも半分以上諦めてた天気…それがそれが、こ~んな雲海が広がってくれました~。
那須のビーナスが満面の笑みで迎えてくれました~
syakaIMGP0467.jpg
本日の主役の皆さま、美女軍団&懇意にさせて頂いてます、あだたら登山学校の安部ガイドさんで~す。
3年前の聖岳でお会いさせて頂いて以来、何かとお世話に成ってます。何時もありがとうございます。本日のお客様も、日頃は縁の無い東北のガイドさんのお話を聞けて新鮮且つ楽しかった事と思います。是非、岐阜・西日本の山にもお出で下さいね。
そして主役の皆さま、遠~い那須&会津の山旅のスタート…夢のような3日間の始まりで~す。
syakaIMGP0504.jpg
茶臼岳から朝日岳への縦走コース、朝日岳周辺は荒々しい岩稜が続きます。しっかりした鎖&足場がありますのでご安心を…
syakaIMGP0514.jpg
ちょっと遊んでみました…朝日岳山名標識の裏から
安部ガイドさんの山々のご説明、ありがとうございます。私もご一緒させて頂いたり、電話でお話させて頂く度にスキルアップ出来る様で有難い限りです。
syakaIMGP0522.jpg
茶臼岳のごろごろのザレ場、朝日岳の岩稜とは打って変わって…三本槍へはこ~んな緩やかな平原・湿原を進みます。名前からすると北アルプス・槍ヶ岳の様な鋭峰を連想するんですが…那須連山の中でも一番優しそうな山容をしてます。
名前の由来は…昔この山頂の領土がはっきりしない為、会津藩・那須藩、黒羽藩の三藩が領地を確認する為定期的に集まって槍を立てた故事による……納得で~す。
那須連山の代表的な三山登頂、おめでとうございます。そして楽しみにしてみえた「三斗小屋温泉」へレッツゴー!

29日…三斗小屋温泉~姥ヶ平~牛首~登山口、そして桧枝岐へ
syakaP1020383.jpg
三斗小屋温泉・煙草屋旅館さん
山々を眺めながらのんびり浸かれる露天風呂、昔ながらの建物…那須の山中での素晴らしい一夜を過ごさせて頂きました。スタッフの皆さま、ありがとうございました。
皆さま、憧れの三斗小屋温泉どうでしたか?? 心の洗濯は出来ましたでしょうか??
syakaP1020404.jpg
昨日以上に那須のビーナスは微笑んでくれてま~す。姥ヶ平より見上げる茶臼岳
独自に梅雨明け宣言まで飛びしちゃいました~。
syakaP1020414.jpg
正面に朝日岳を眺めながら茶臼岳トラバース道を進みます。
この青空、絶景に皆さんの足取りも軽やか……もっともっとどこまでも歩けそう~
今日の行程は、このまま那須下山後桧枝岐温泉の宿へ……山を降りても皆さん元気一杯!
那須のお洒落なピザハウス?に立ち寄り(雅子さまも寄られたとか…)、道の駅で十割そばを、景勝地で撮影タイム……奥会津の山あい、桧枝岐温泉が待ってます。

30日…会津駒ケ岳登頂
syakaIMGP0581.jpg
こ~んな美しいブナ林の登山道が続きま~す。前回この地を訪れたのは紅葉真っ只中、終始黄金色に輝いてました。今回は瑞々しい目に優しい新緑…どの季節も捨てがたいですね~
syakaIMGP0577.jpg
道脇に目を落とすと…マイズルソウなどの花々が梅雨の恩恵を一杯うけて、控えめに輝いてます~
山に咲く花ってどうしてこんなに控えめなんでしょうね? 控えめでありながらしっかり存在感を表す、そんな人生って…何て無いものねだり??
syakaIMGP0562.jpg
頂上部高層湿原はしっかり雪の中、ホワイトアウト状態…今年は例年にない残雪量ですね
syakaIMGP0559.jpg
百名山二座目登頂おめでとうございます。残念ながらガスの中、楽しみにしてみえた尾瀬方面の展望は得られませんでしたが、この梅雨時に殆ど雨に降られなかった事で良しとしましょうね~。皆さま、僕にとっても楽しい3日間を送らせて頂きました事、誠に有難うございました&大変お疲れさまでした。東北方面の山も中々いいでしょ~、又季節を変え場所を変え訪れてくださいね。その節も是非ご一緒させていただけます様、宜しくお願い申し上げます。楽しい3日間、お客様・安部ガイドさま・お世話になった宿スタッフの皆さま…ありがとうございました。
PS
今週末は、今晩から苗場山 日曜日は赤兎山…両日とも満員御礼ありがとうございます。ご一緒させて頂きます皆さま宜しくお願い申し上げます。 またまた晴れますようね…
プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。