スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小豆島ハイク詳細です

hp200611.jpg
「瀬戸内海に浮かぶ小豆島のんびりハイク」の詳細です。
4月9日(土)~11日
4月9日:羽島6:30=一宮駅6:30=姫路港=小豆島フェリー=福田港=中山千枚田・湯舟山ハイク=民宿(宿泊)
4月10日:小豆島最高峰・星ヶ城山ハイク(登り:寒霞渓表遊歩道 下り:裏遊歩道)=島内観光=民宿(宿泊)
4月11日:千羽ヶ岳ハイク=島内観光=福田港=フェリー=姫路港=一宮駅20:30
参加費:53,600円(ガイド費、交通費、宿泊費含む)
ガイド費以外は経費人数割りの為、ご参加頂く方が増えれば安くなります。
◇美味しい料理を頂き、温暖な瀬戸内海に浮かぶ島をのんびり散策し…心の洗濯を。
まだ空き席こざいます。ご一緒しませんか?? お待ちしてます。
スポンサーサイト

3月29日…能登・猿山雪割草ハイク

hp2P1090086.jpg
今年二回目の能登…前回は雪の中から顔を出す雪割草、今回は陽射しを一杯に浴び花弁前回で迎えてくれました。
撮影場所は、猿山某所と言う事にしておきます。
谷を埋め尽くす色とりどりの群生にはご参加頂いた皆さまも大喜びというか驚き! この場所でランチ&撮影タイムとさせて頂いたんですが…「団子より花」、食事はそこそこで撮影に夢中の様でした。
hp2P1090130.jpg
能登半島・深見、海抜0メートルからのスタート。小じんまりした港ではワカメを乾すご夫婦…そんなほのぼのとした情景が何とも癒されます。
hp2P1090080.jpg
本日の主役の皆さまです~。
豊田を中心とした三河地区の皆さま、何時もプライベート(貸切)でご指名頂いてます。
猿山は昨年からチェックしてみえた様で、最高のタイミングで実現できて良かったですね。結構ハードな登山もこなされる皆さまですが、今日は超のんびり撮影ハイキングを楽しんで頂きました。こんな一日もいいでしょ~。
hp2P1090083.jpg
皆さまのカメラも雪割草で一杯に成りましたか?
遠~い能登まで来て頂いた甲斐がありましたね~。「2~3年後又もう一度来たい」…何て嬉しいお言葉も頂きました。ちなみに、来年はブルーの雪割草を求め、新潟の角田山をチェック…是非ご一緒しましょうね。
何時もご指名頂きありがとうございます。ホントに楽し~く歩いて頂ける皆さまです。行きたい山、見たい花…どしどしご要望お出し下さい。ぜ~ったい叶えますから…。
これからも末永く宜しくお願いします。お疲れさまでした。

3月27日…霊仙南西稜から獣道

hp2P1090009.jpg
例年だと福寿草があちこちに顔を出し、足元は踏み場が無いほどの黄色一色の世界!
だけど今年はちょっと様子が違い、白一色の霊仙山を楽しむ事に成りました~。本日の主役の皆さまで~す。
一般ルートから離れ、だぁ~れも居ない極上ステージでランチタイム! 周囲は青空と樹氷が織り成すシンフォニー交響楽団。白いステージには流れる雲の影が躍り、皆さんの歓喜の声が木霊する…超至福のひと時、極上ランチでしたね。でっかい山体の霊仙山の中でも一番好きな場所、僕の一押しポイントです。
hp2P1080954.jpg
もう直ぐ桜の季節だと言うのに、ここでは雪の華が満開! 一足早いお花見にウットリ!
hp2P1090008.jpg
ところで今日の目的は?福寿草ですが、もうどうでも良く成っちゃいました~
皆さんも同意見の様…雪上歩きが苦手だったお客様も、今日の雪は別格!「パフパフで気持ちいい~」
hp2P1080974.jpg
アルプス的景観の南西稜! ちなみにこの斜面が黄色一色に成るんです。「雪の中から顔を出してないかなぁ~」と探しながら歩いたんですが、収穫は蕾一つでした。
ご参加頂いた皆さま、「岳スペシャルルート」はどうでしたか? 楽しんで頂けたでしょうか?
一般ルートを離れ、自分達独り占めの山歩きも中々いいもんでしょ~。こんな特別ルートをこれからも紹介していきたいと思いますので末永~~~く宜しくお願いします。
今日も一日大変お疲れさまでした&有難う御座いました。4月は小豆島…楽しみましょうね。

3月26日…能登・猿山雪割草ハイク

hp2P1080863.jpg
春を告げる花、雪割草(スハマソウ)が群生する能登半島の猿山をガイドさせて頂きました。朝まで降り続いた雪で花の状況が心配しましたが…雪割草の名前どおりのシュチエーションを演出してくれました。
中々こんなタイミングでは見られませんよね~。昨年は隙間の無いほど斜面を埋め尽くした雪割草、今年は雪の間からいたる所に顔を出す雪割草…今年の雪割草、中々いいでしょ。
hp2P1080856.jpg
この雪が溶ける数日後は、また斜面一面を埋め尽くすんでしょうね~
次回の予定は、29日にプライベートガイドで再度訪れます。ご参加頂く皆さま、お楽しみに~。
hp2P1080879.jpg hp2P1080855.jpg
濃いピンク、薄いピンク、ホワイト…と色とりどりの雪割草…そしてもう一つ雪の中から顔を出すのはキクザキイチゲ。
hp2P1080852.jpg
本日のラッキーなお客様です~ 遠~い能登まで来た甲斐がありましたね。
雪で白くなった山を見て半分諦めてた雪割草…群生地のこの光景を見つけた時は「有難う~」って感謝の気持ち!
能登に辿り着くまでは、晴れ・雪・曇りと目まぐるしく変わる空模様…でしたが登山口に着いた途端に青空が広がりました。そしてたっぷりお花見山歩きを堪能して頂いた後、車に乗り込むと帰りはまた雪!!超ラッキーな一日でした。
何とか「お花見ハイク」のテーマをクリアー出来てホッとしてます。
今日も皆さま、有難う御座います。これから日を追う毎に色々な花々のバトンリレーが始まります。今年も花の山旅、夏山本番と宜しくお願いします。遠路お疲れさまでした~

3月24日…白銀の野伏ヶ岳

hp1P1080775.jpg
積雪期・残雪期しか登る事の出来ない「野伏ヶ岳」をガイドしてきました。本日の主役の皆さまで~す。後景の白銀の山は白山…天気、雪質全てに恵まれたラッキーな一日…終始笑顔、EGAOで楽しんで頂きました。
登山口の石徹白から雪で埋まった林道を1時間少々…そして突然開ける「和田牧場跡」…そこからダイレクト尾根の急登をアイゼンを利かせ登りついた頂上直下での一こまです。360度この景色にはうっとり、溜息…自分達だけの独り占めの絶景!!
hp1P1080738.jpg
写真は前後しますが、ダイレクト尾根途中から眼下に「和田牧場跡」
一気に突き上げるダイレクト尾根がゆえ、眼下の景色がどんどん小さく成って行きます。
hp1P1080783.jpg
雪質は丁度歩きやすい程度…アイスバーンの上に適度に積もった新雪はアイゼンが良く利き快適に高度が上がっていきます。何よりもこの景色が最高の栄養剤!!
hp1P1080778.jpg
野伏ヶ岳頂上へあと少し…和田牧場跡では曇り空から雪が落ちてましたが、祝福してくれる様な青空が迎えてくれます。
hp1P1080773.jpg
頂上では、ほぼ無風・快晴・ぽかぽか・絶景の超ラッキー揃い踏み。苦労の末の至福のひと時を過ごさせて頂きました。お客様も山へ来る度に登りたくなる山が増えてくそうです。今回は…「石徹白から銚子ヶ峰・三の峰・別山を経ての白山禅定道」のご希望を頂きました。叶えますから少々お待ちくださいね~。
hp1P1080794.jpg
下るのが惜しい位の絶景!和田牧場跡までシリセードなどを楽しみながら…雪山の下りは予想以上に短時間で!
駐車場に帰り着いたのは1時半頃…早~い帰還と成りました。
朝6時半頃スタートして行動時間:7時間(休憩含む)…雪質、天気などにより大きくコースタイムは前後しますので参考にされない様お願いします。この後は恒例の立ち寄り温泉でのんびり山談義を楽しませて頂きました。
4月のバリエーションプランは「鈴鹿・土倉岳」と「猿ヶ馬場山」です。楽しみにお待ち下さい~。
今日も一日お付き合い頂きまして有難う御座いました&大変お疲れ様でした。今後も宜しくお願いします。

バリエーションルート

ここの所、バリエーションルート・ロングコースが続いてます。藤原岳孫太尾根、鎌ヶ岳鎌尾根…そして今晩から白銀の野伏ヶ岳に出かけてきます。「同じ山に何でわざわざ時間を掛けて?」…何て声が聞こえてきそうですが…一般の登山者があまり入らない尾根・谷を歩いて辿り着く頂上…その快感、喜びは一般ルートと比べようのないものです。是非、皆さんも一度挑戦してみませんか?(危険でない所を…)
一般ルート、お花見山歩きも忘れてませんからご安心を…
今週末は…
3月26日(土曜日)能登・猿山雪割草お花見ハイキング
花好きの方には絶対お勧め!体力的にも超入門です~
濃いピンク、薄いピンク、白…と色とりどりの雪割草(ミスミソウ)が斜面一面に大群生します。昨年行かれた皆さんも大満足して頂きました。
ご参考に昨年のレポートはこちら⇒http://2010.club-gaku.com/re_030.htm
◇羽島6:00 一宮駅6:30出発  参加費:9,500円(諸費用人数割要)
3月27日(日曜日)霊仙西南稜・獣道岳スペシャルコース
花の百名山の藤原岳以上の福寿草を此方で楽しんで頂きます。一般ルートから外れて秘密の花園へご招待!
残雪があればシリセードも楽しいですよ~
霊仙を何度も歩いて見つけた一番の特別ルートです!
昨年のレポートはこちら⇒http://2010.club-gaku.com/re_029.htm
◇羽島6:00 一宮駅6:30出発  参加費:9,000円(諸費用不要)

両プラン共、残席ございます。皆さまのご参加、お申し込みお待ちしてます。
PS
最後に私ごとですが…3月23日、今日で49歳に成りました~。50代まであと一年…より一層仕事に励み楽しいひと時を皆さまに提供していきたいと思います。まだまだスキルアップしますよぉ~
皆さま、これからも末永くご愛顧、ご指名宜しくお願い申し上げます。

CM…瀬戸内海・小豆島トレッキング

何時も拙いブログをご覧頂きまして有難う御座います。下手な文章ですが下界に居る限り毎日更新していきますので宜しくお願いします。
昨日書かせて頂きました「ガイド企画変更のお知らせ」です。
hp006.jpg hpH0000036738.jpg
4月9日(土)~11日(月)
神津島・天上山が中止 ⇒ 瀬戸内海、小豆島たっぷりトレッキング
「寒霞渓から星ヶ城山」「千羽ヶ岳」などを考えてます。日程・詳細は近日中に発表いたします。
美味しい料理をいただき、山を歩き、美しい海を眺め…そんなのんびりとした3日間を瀬戸内海に浮かぶ島で過ごしてみませんか?
ご興味おありの方は是非お問い合わせ下さい。参加料・経費等は少々お待ち下さい。
PS
HR(ハイパーレスキュー)の皆さん、お疲れさまです。そして有難う御座います。勇気・責任感、卓越した能力…どれを取っても桁外れで素晴らしい、熱き男達! 
津波に飲み込まれるまで町内放送で避難誘導を叫び続けた女性職員、消防車でマイクを握ったまま亡くなられた消防団員…一杯、一杯素晴らしい方達がみえますね。
その方達の足元にも及ばないながらも、少しでも近づける人間になりたい。
 

3月21日…鎌尾根から鎌ヶ岳

hpP1080617.jpg
ご参加頂いたお客さまの中でどなたか余程日頃の行いがいいのか、完全な雨予報が大展望を満喫して頂ける一日と成りました。
本日のお客さまのお三方です~。鎌尾根の出発点、水沢峠から水沢岳への登路で…。
岐阜を出発する時は降ってました雨も、登山口の宮妻峡では小雨に、そしてメインの県境縦走路・水沢峠ではすっかり止み嘘のような大展望が広がりました。
hpP1080616.jpg
此方は直ぐお隣の「イワクラ尾根から入道ヶ岳」~、その奥には伊勢平野が広がってます。
朝までの雨で洗われた大気は澄んでいて、遠く知多半島・渥美半島・鳥羽方面まで一望! こんな日を誰が予想したでしょう?
hpP1080629.jpg
そして鎌尾根の先には目指す「鎌ヶ岳の穂先」、まだまだ遠く今日の行程の長さが窺えます。ここから2時間程…幾つかのアップダウン、ザレ場、ヤセ尾根を繰り返し進みます。
鎌ヶ岳へ登るには「カズラ谷」「長石谷」「三ツ口谷」他幾つものルートがありますが、どれをとっても2時間少々で頂上を踏む事が出来ます。それをあえて4時間かけ登る非効率さ…これがまた山歩きの楽しさ・醍醐味なんです。
hpP1080649.jpg
こんな高度感ある痩せたザレ場あり…(慌てず一歩一歩慎重に)
hpP1080664.jpg
こんな「カニのヨコバイ」あり…
長~い道のり・困難を経て辿り着いた頂上には、他のコースでは味わえない感慨深い物が込み上げてきます。今日ご参加頂いた皆さまも鎌ヶ岳が大変思い出深い山の一つになられたんではないでしょうか?
本日の行程7時間(ランチタイム・休憩含)…その長さにもめげず、楽しそうに歩いて頂きました。これからの春山・夏山に向け大変自信に成ったんでは…?? これからも短いコース、長いコース…ペースを守りのんびり楽しみましょうね。今日もまた一日有難う御座いました。そして大変お疲れさまでした。ゆっくりお休み下さい。
PS、お知らせです。
4月9日~11日に予定してました「神津島・天上山ハイク」は地震等の不安で変更させて頂きます。
候補としまして「四国の山旅」を検討してます。明日のブログで大筋は発表させて頂きますので少々お待ち下さい。

3月20日…各務原アルプスチャリティー登山

hpP1080538.jpg
本日ご参加頂いた皆さま、チャリティーにご賛同いただきまして有難う御座いました。お預かりした義援金、責任持ってお届けさせて頂きます。
本日のコースは…迫間不動付近を基点に金毘羅山、明王山、猿啄城跡、迫間城跡、大岩不動分岐と周回して頂きました。写真は360度大展望の明王山…低山がゆえ、下界の様々な音楽、放送なども聞こえてきます。保育園のお遊戯の曲、町内放送、工場の昼休みのベル、そして犬の鳴き声までも。何か安心感のあるほのぼのとした頂上、登山者だけでなく、犬のお散歩・ランチだけを食べにみえた方…様々な皆さんが集う空間。中々こんなんも良いもんです。
hpP1080560.jpg
こちらは「猿啄城跡」…眼下を美しく蛇行する木曽川ライン下り、その向こうの山は「鳩吹山」。鳩吹山ももう直ぐカタクリの季節。賑わうんでしょうね。
hpP1080584.jpg
そして本日ご参加頂いた主役の皆さまです~。
低山ながら距離は結構歩いて頂きました。久しぶりに会われた山仲間どうし、楽しくお話が盛り上がって見えたようですね。「こんな低山歩きをたまに企画して欲しい~」何てご要望も頂きました。
月に一度位のペースで「チャリティー低山歩き」を行なっていこうと思ってます。(平日に成ると思いますが…)その節は宜しくお願いします。各務原周辺にはこんな気軽に歩く事が出来る低山が一杯あります。そんな低山を順次企画、紹介していきたいと思います。
今日も一日有難う御座いました&お疲れさまでした。これからも末永く宜しくお願い申し上げます。
PS
車中に義援金募金箱を設置したいと思ってます。無理の無い範囲、1円でも10円でも結構ですのでもし宜しければご協力頂ければ幸いです。
明日は「鎌尾根から歩く鈴鹿の鋭峰・鎌ヶ岳」…「明日天気になぁ~れ」

3月19日…藤原岳孫太尾根

hpP1080508.jpg
この時期の藤原岳は福寿草を求めて登山者で溢れかえります。一般的なルート…大貝戸道・聖宝寺道は大渋滞が出来るほど。そんな藤原岳へ超静か~なルートを歩いて頂きました。上の写真がその孫太尾根…頂上直下から見てます。登り4時間程と少々ロングコースですが…味わい深い山旅になる事は間違いなし!
頂上部に登り着き振り返ると、長大な尾根が眼下に一望…「あぁ~、良く歩いたなぁ~」と自分を褒めてやって下さい。
hpP1080488.jpg
頂上直下の積雪状況です。適度に締まったトレース無い尾根を一歩一歩頂上へ歩を進めます。一般ルートを歩いてみえた登山者から興味の目で見られるのも快感なんですよね~。
4時間の努力の後、青空がどんどん近く成ってくるこの瞬間の喜び…歩いた方だけに許される至福のひと時では?
hpP1080459.jpg    hpP1080516.jpg
例年より雪が多くまだまだ花は少なめ…左:節分草、右:福寿草とも「孫太尾根丸山付近」で撮影しました。丸山より上部の花は雪の下で遅い春を苛々しながら待ってるんでは??
hpP1080492.jpg
本日の主役のお二方です~。
長い行程、藪こぎ、ルートファインディング、バリエーションルートなどに喜びを感じられるパワフルご夫婦…来年のこの時期は後ろに見える長大な「竜ヶ岳遠足尾根」に挑戦しましょう!
今日も歩きながら雪と格闘しながら、楽しい山談義の数々有難う御座いました。いっぱい山を登ってみえるお二方ですが、良い山はまだまだ登りきれない程ありますから…これからも末永~く宜しくお願いします。
次回予定して頂いてる山は来週の「野伏ヶ岳」…青空に白銀の峰が広がるといいですね。きっと広がります。
本日の行程7時間程…今日もまたフルに一日お付き合い頂きまして有難う御座いました。そして大変お疲れさまでした。
「えっ?そんなに疲れてない?」…判ります。見るからに楽しそうですもん。
PS
明日は「各務原アルプス」で勉強会山歩き…たまにそんな低山で原点に帰って山を学びながら楽しむのも良いもんです。明日お付き合い頂く皆様、宜しくお願いしま~す。

孫太尾根偵察

この時期週末、鈴鹿・藤原岳は福寿草を楽しむ皆さんで一杯に成ります。そんな喧騒とは無縁の藤原岳を楽しんで頂こうと「孫太尾根から歩く藤原岳企画」が明日実施します。今日はその偵察に行ってまいりました。
偵察と言っても最後まで歩いた訳でなく途中で引き返しましたが…。種に積雪状況ですが…今日のぽかぽか陽気で孫太尾根末端付近はほぼ無積雪状態。ただ上部はそこそこあるのではないでしょうか。
hpP1080440.jpg hpP1080438.jpg
左:里から見た藤原岳  右:孫太尾根末端の積雪状況です
孫太尾根は幾つかある藤原登山道の中ではバリエーションルートの一つです。鈴鹿を歩き慣れた登山者だけに許される充実感、達成感満点の尾根…こんなルートが鈴鹿には数え切れないほどあります。これからこんな隠れた名コースもガイド企画にどんどん加えていきたいと思ってます。
「鈴鹿を隈なく歩こう!」…そんな企画で多くの皆さまとご一緒させて頂ければ幸いです。私も安全に皆さまをご案内できますよう、日々スキルアップしていきますので宜しくお願い申し上げます。
PS
明日孫太尾根でご一緒頂く皆さま、宜しくお願い申し上げます。

3月17日…鎧岳・兜岳&古光山

hpP1080384.jpg
奈良県・室生火山群には特徴ある山が多い…。今回その中の一つ、関西のマッターホルン・鎧岳と兜岳をガイドしてきました。特にこのニ山は名前の通りの迫力ある形で存在感を示してます。行程はニ山周回コースで3時間半程ですが急登の連続…結構歩き応えはあります。この威風堂々とした山容には似つかわしくなく頂上は樹林に囲まれほのぼのとした感じ……。展望は「倶留尊山」「大洞山」方面にだけ開けてます。
hpP1080349.jpg
鎧岳頂上からの曽爾高原・倶留尊山です。
この倶留尊山から見た鎧岳・兜岳…大洞山から、三峰山から…どこから見てもこのニ山に目が止まります。それ程鋭峰で登行欲を掻き立てる山容をしてるんです。是非、皆さんも挑戦してみてください。満足感、充実感は充分得られると思います。
hpP1080412.jpg
本日の主役の皆さまです~
鎧岳・兜岳が早々と歩き終えましたので、近くの「古光山」まで足を伸ばしてみました。快晴と吹雪…目まぐるしく変わる空模様…。寒さはさほど感じず、のんびり三山制覇を楽しんで頂きました。しかしホントに元気な皆さまです。急登をこなしながら次回以降の予定、希望を語って頂き…今の落ち込むような情勢を忘れさせて頂き楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
hpP1080416.jpg
此方の「古光山」…鎧岳よりハード!滑りやすい積雪の中、三点確保登行の連続です。皆さん、体力より神経を磨り減らされたのではないでしょうか?下山した時は皆さん雪だるま状態! 終始雪との格闘でした。
行程、三山合わせて6時間半程…大変お疲れさまでした&有難う御座いました。これからも末永くご指名宜しくお願い申し上げます。
帰ってテレビのチャンネルをひねっても…福島原発の進展がありませんね。現場の関係者の皆さまの努力、心労は計り知れない物かと思いますが、私達原発素人にとっては皆さまに頼るしかありません。危険との隣り合わせの仕事かと思いますが宜しくお願いします。そして被災者の皆さま、「頑張れ、東北!」

3月20日の企画変更のお知らせです

東北関係のニュースを見てますと少ないながらも嬉しい救出及び前向きな復興へ向けた被災者の方々の試みに心を打たれます。日本人の力強さには感激させられます。「頑張って!」しか言えない自分がもどかしい気持ちで一杯です。
ここの所東日本で続いてます地震により、3月20日に予定してました「栂池自然園スノーシュー企画」は中止し変更企画を組ませて頂きました。以下にお知らせいたします。
3月20日(日曜日)各務原アルプス勉強登山企画
地元の方は皆さまご存知の各務原市と関市の境に連なる低山山脈です。幾つもあるピークからの展望は中々のもので遠く名古屋市から伊勢湾にかけて…反対側には北アルプスの山々まで一望です。そこを時間の許す限り山歩きの基本を勉強しながら歩きたいと思います。
羽島10:00出発、一宮駅10:30発(現地集合でも構いません)
参加費:3,000円(一部を東北の地震の義捐金に充てさせて頂きます)
多数の皆さまのご参加お待ちしてます。
注:現地集合場所についてはお問い合わせ下さい。

東北のお世話に成ってる皆さま

昨年から始めた「みちのく企画」でお世話に成ってますお宿の皆さま、安達太良のガイドさま、岐阜商業時代の同級生からメールなどでご連絡を頂きました。私の関係させて頂いてる皆様は全員大丈夫みたいでした。
裏磐梯、月山、蔵王…と内陸が多いせいか家の中は荒れた様ですが大事には至らなかった様です。しかしお亡くなりに成られた方、まだ沢山の行方不明の方の事を思うと心の傷はかなりの事かと思います。一刻も早い救助、復興を祈っております。暖かい、ゆったりとした東北の皆さまのお人柄が大好きです。
大変かと思いますが頑張ってください。そしてまた笑顔で伺わせて下さい。

お見舞い申し上げます

この度の東北地方を中心とした地震に被災された皆さま・及び関係者の皆さま、心よりお見舞い申し上げます。
私のお世話に成ってます東北の登山ガイドさんは先日メールで家族全員無事と連絡をいただきました。ただインフラ及び家の中は荒れていて…今後大変かと思いますがお体お気をつけになり頑張ってください。
地震・津波によりお亡くなりになられた皆さま及びご遺族の皆様には、心よりお悔やみ申し上げます。 きっと復興できます! 日本人の復興力の底力を信じます。微力ながら何か出来る事はないかと思ってます。

簡単ではございますが3月13日(日曜日)のガイド報告をさせて頂きます。
鈴鹿山脈…田光から三池岳、八風峠を経て釈迦ヶ岳までのロングコースを歩いて頂きました。
hpP1080290.jpg
八風峠から先はトレースは無く付いてるのは動物の足跡だけ…歩きやすい所をルートファインディングしながら進む登山を体験して頂きました。稜線上は雪庇等注意が必要です。
その他気温がかなり上がってますので、歩行ポイントを間違えると腰の辺りまで踏み抜きます。
hpP1080268.jpg
本日のお客さまお二方です。写真は三池岳頂上付近、美しい稜線を挟み一番奥が最終到達点(折り返し点)の釈迦ヶ岳です。結構なロングコース、大変お疲れさまでした&ありがとうございました。今後も末永く宜しくお願い申し上げます。
こうして山を歩かせて頂ける事を幸せと感じ、一人でも多くの方に笑顔になって頂ける様、仕事に頑張っていきたいと思います。
「頑張ろう東北・関東!」そして「頑張ろう日本!」

ブルーの雪割草見たくないですか?

昨日に引き続き「花の山旅」のCMをさせていただきます。昨日は「能登・猿山」のピンクの雪割草のお誘いでしたが、今回は「ブルーの雪割草」で~す。
miikeimage42.jpg miikekatakuri0504_20172ss.jpg
4月2日(土) 角田山481m、雪割草(ブルー)ハイク
新潟、日本海に面した低山では全山花で埋まります。特に珍しいのは「ブルーの雪割草」…。春を報せる雪割草は一般的には白色が殆ど…能登の猿山はピンク、此方はブルー。東海地区からは少々遠方に成りますが、是非この機会に訪れてみてはどうでしょう?その他上の写真の様に「カタクリの群生」も必見です。
◇前夜(1日)21:00羽島発、21:30一宮駅発 歩行行動時間:4時間
参加費:12,000円(諸費用19,000円/人数割) ★
注:山自体は低山で楽な行程です。花が好きな方ならどなたでもご参加OKです。春を見つけに行きましょう。

PS
今かなりの長い時間揺れてます。東北地方で地震があったようですね。皆さま地震にはお気をつけ下さい。

花の山旅のCMで~す

3月に入りぽかぽか陽気と寒気の繰り返し…皆さまお体は崩されて無いでしょうか? この肌寒さもあと少し…3月末に成れば山にも愛らしい花々が咲いてまいります。そんな花の山旅を少し紹介させて頂きます。
hinokiP3300081.jpg hinokiP3300017.jpg
3月19日(土)福寿草・節分草咲く藤原岳へ孫太尾根から登ります。
藤原岳の福寿草は超メジャー…一般ルートの大貝戸道、聖宝道は大渋滞! そんな喧騒を避けバリエーションルートの孫太尾根を登ります。少々ロングコースに成りますが静か~な藤原岳を楽しめます。
羽島6:00発 一宮駅6:30発 歩行時間:7時間 参加費:8,500円 ★★★
hinokiP4030106.jpg
3月27日(日)霊仙山南西稜から獣道の岳スペシャルコース
イメージ的に藤原岳より小ぶりの福寿草が楽しめます。花株の数では此方に軍配が上がるのでは…。今回は一般ルートから離れ「岳ルート(獣道)」を歩いて頂きます。ここがまた花が多いんです。そんな誰も踏み入れてない道を、花を楽しみながら歩いてみませんか??勿論、南西稜も歩きますからご安心を…。
羽島6:00発 一宮駅6:30発 歩行時間:6時間 参加費:9,000円 ★★
hinokiCIMG7026.jpg
3月26日(土)能登・猿山雪割草ハイク
濃いピンク。薄いピンク…斜面一面を埋め尽くす雪割草を皆さまに是非見ていただきたい。想像以上の花数、美しさだと思います。昨年行かれた皆様も大変喜んでいただきました。登山と言うよりハイキングがピッタリの標高差と歩きやすい道で、どなたでも安心して参加していただけると思います。
羽島6:00発 一宮駅6:30発 歩行時間:のんびり4時間
参加費:9,500円(諸費用人数割要) ★
◇どのプランも若干名空席ございますので、お早めにお申し込み頂ければ幸いです。どのプランも私のお勧めです。冬の間冬眠してみえた皆さまも是非花の時期に合わせてご始動されたら如何でしょう?
花を楽しみながら標高1000mから徐々に高度を上げていって、夏には3000mの高山植物へ…
皆さまのお申し込みお待ちしております。

3月8日…鈴鹿・三池岳で樹氷のトンネル

hinokiP1080157.jpg
八風キャンプ場から急な尾根を登り、雪で埋まった「お菊池」を越えると思いもかけず樹氷の世界が広がりました。ぽかぽか陽気が続き春も間近…「今年の樹氷はもう終りかな?」と思ってた矢先。
足元の積雪状態は一番歩きやすい程度…。積雪も樹氷も期待してなかったと言うか思いもしてなかっただけに感激はひとしお! 青空とのコントラストに出るのは溜息ばかり…。
その上、稜線上のトレースは無く…綺麗な雪原に自分達で最初の一歩を刻んで。こんな贅沢って何時以来かなぁ~。
hinokiP1080174.jpg
県境稜線を経てお隣の「竜ヶ岳」も白く輝いてます。「無積雪期のゴルフ場の様な笹原の頂上部は今どんなだろう?」そんな雪原を自由気ままにスノーシューで駆け回ったら楽しいでしょうね。
何て考えながら歩いてると、稜線上のアップダウンも気にならないから不思議…
hinokiP1080190.jpg
本日の主役のご夫婦です~
三池岳直下から今日のメインの稜線歩きにスタート…その瞬間の一こまです。
ご主人さんにとって昨年は絶えず雨に祟られた一年でした。打って変わって今年は最高…自然はこんな素敵なプレゼントをくれましたね~。きっと2011年は想い出に残る山旅の連続になると思いますよ。今年のご予定は、四国、東北、アルプス…と盛り沢山。元気で楽しく安全に一年頑張りましょう~
hinokiP1080215.jpg
惚れ惚れするこの景観…鈴鹿の県境稜線の中でも一番好きなコースです。今日は「仙香山」「南峠」辺りまで歩いて頂きました。鈴鹿の中でも一番アルプス的景観だと思います。
次回は釈迦ヶ岳まで繋げてみましょうね。今日の行程、休憩時間を入れて6時間程…絶景を見て、新雪を踏んで、楽しい山談義…あっという間のひと時でした。何時もながら有難う御座います。そしてお疲れ様でした。
次回の予定時も宜しくお願い申し上げます。
PS
今週金曜日頃までは少し寒い日が続くそうです。きっと週末もこんな樹氷が楽しめそう。
って事で…緊急募集で~す。
3月12日(土曜日) 今日と同様のコースを設定します。
八風キャンプ場~お菊池~三池岳~八風峠~中峠~仙香山~南峠
新雪にダイビング良し、シリセード良し…何なら釈迦ヶ岳まで縦走しちゃいます? 自由気ままな鈴鹿№1の稜線での一日…ご一緒いただける方急募です。
羽島7:00発 一宮駅7:30発 参加費:8,000円です。★★ お電話、メールお待ちしてま~す。

「日本百名山に登ろう」のページを作りました

今日一日PCと向き合い「日本百名山に登ろう」のページを作成しました。まだ作成中ですがお暇なときご覧いただければ幸いです。百名山制覇を目指してみえる方のお手伝いを少しでもさせていただければ…と思ってます。
◆「百名山に登ろう」のページです。  http://gaku-plan.skr.jp/
まだまだ発展途上のHPですが皆さまの声をお聞きし、少しでも見やすく判りやすいHPにしていきたいと思いますので、ご意見お待ちしてます。
明日は鈴鹿の山へ…天気は多分良さそう。ちょっと寒波が来てますが風さえなければぽっかぽか…明日も楽しんで一日を送っていただけますように…。明日ご参加いただくお客さま、宜しくお願い申し上げます。
PS
一年分のガイド企画で一部キャンセル待ちになってます。ご希望者が多くなった時、追加日程を組む予定もありますので「キャンセル待ち」になっててもお申し込みいただければ有難いです。
宜しくお願い申し上げます。

3月5日…真富士山

hinokiP1080078.jpg
竜爪山から北へ安陪川沿いに連なる山脈…その中の一つ「真富士山」を歩いてきました。目的は勿論「富士山を思う存分眺めよう~」…。前半は植林帯、後半は木漏れ日差し込む美しい二次林…そしてそれを抜けると写真の様な景色が広がる「第一真富士山」に到着。
本日の目的達成!! ここで超のんびり撮影タイム&ランチタイム。何とも美しい富士山の雄姿に出るのは溜息ばかり…。
登りたい山は「穂高だぁ~」「槍だぁ~」って意見が多いんですが……どこかの山に登って探してしまうのは「富士山」なんですよね。 何とも不思議な魅力のある山…。写真の大岩の上…いいロケーションでしょ~。
ぽっかぽか陽気の青空の下で、こんな風景を前にして語り合う…きっと芸術的な話?? それとも………
hinokiP1080070.jpg
本日の主役のお二方です~
最初に立ち寄ったピーク「第一真富士山」での一こまです。この後、双耳峰のもう一つ「第二真富士山」へも足を伸ばしました。
お目当ての富士山がばっちり見られて良かったですねぇ。日頃の行いのお陰??
そう言えば…今年の「富士を見る山旅企画」は今日で4回目。結果は4勝0敗…僕の行いがいいんだぁ~と勝手に思わせてください。
hinokiP1080083.jpg
登り始めから終始、樹間を彩ってくれたのは…白銀に輝く南アルプスの山々。赤石、悪沢、聖辺りでしょうか?
まだまだ3000mの春は遠そうですね。
今年の大物目標は…お一人の方は「白馬岳」 もうお一人は「剣岳」
きっと思い出深い夏に成ると思います。それに向け程々に楽しく頑張りましょうね。
今日もまた一日、楽しい山談義の数々、山以外の楽しいポジティブトーク…有難う御座いました。
そして次回以降のご予約、御礼申し上げます。
次の鎌尾根(鈴鹿・鎌ヶ岳)、来月の雲取山…宜しくお願いします。では…今日はたっぷり富士山の夢でも見てお休み下さい。お疲れ様でした。

もう必要ないかなぁ?

199P1080047.jpg
今シーズンもお世話に成った道具…もう大丈夫?…水洗いして乾して収納。スタットレスは履いてるんですがいざと言う時はやっぱりチェーンに勝るものはないですね。今シーズンは…スタック一回、バックして勢いつけて登り直し一回の以上二回のトラブル。大事なく無事雪山シーズン(山はまだ雪山が続きますが…)を終えた事に感謝です。相棒の「ハイエースワゴン」も走行距離は398,000㌔…頑張ってくれてます。今年は岩手遠征あり、九州遠征ありの盛り沢山!まだまだ暫くお付き合いくださいね。車に頑張ってもらって、皆さんには「頑張らない山歩き」を…。愈々今月末から登山ハイシーズンに向います~。安全運転、安全登山に努めてまいりますので皆さま宜しくお願い申し上げます。

3月1日…リトル比良縦走

199P1070970.jpg
湖西線・近江高島駅から比良の最北端・岳山を目指し最初の休憩地…飛び込んでくる景色は、美しい弧を描く琵琶湖と伊吹山などの山々。曇天の割には展望は抜群! 
本日の行程は…岳山、鳥越峰(オーム岩)、岩阿沙利山、寒川峠を経て湖西線・北小松駅まで。少々ロングコースですがザレ場あり、大岩ありのアップダウンを繰り返す低山縦走。岩阿沙利山から寒川峠間はちょっとしたルートファインディングも楽しいんです。この縦走を手始めに、何回かに分けて南端の「小女郎ヶ池」付近まで比良山脈を繋ぐのも楽しいと思います。
199P1080018.jpg
この「リトル比良縦走企画」…当初は1月に予定してあったんですが、今年のあまりに多い降雪の為今日に延びたんです。「もう大丈夫だろう…」と甘く考えてたのが大間違い! まだまだしっかり残ってました。その上ここの所のぽかぽか陽気で、気を抜くと腰の辺りまで踏み抜く事も…。比良の低山…侮ってはいけませんね。
凍ってる箇所はなくアイゼンは必要なし…苦労する箇所はありますがツボ足で。
199P1080020.jpg
本日の主役の皆さまです~
縦走中の最高点、滝山703mでのひとコマ…最後のピークでほっと一息。朝9時少々前に「近江高島駅」を出発し、17時に「北小松駅」に到着。休憩を入れてしっかり8時間…大変お疲れさまでした。途中から小雨、後半はみぞれまじりに…無風状態だった為天気の割には快適な一日でしたね。「思いの他の積雪量だった」が皆さま共通の感想でした。今日の皆さま…前回は「明神平から桧塚奥峰」、そして今回とロングコース&マニアック好み。ご期待に応えられる様、勉強及び精進してまいりますので今後とも末永くご指名お願い申し上げます。長~い一日有難う御座いました。
プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。