FC2ブログ

静かな乗鞍、金山尾根から平湯尾根(2018年10月6日)

CLUB岳ガイドのお勧めプラン「乗鞍岳金山尾根、平湯尾根」を歩いて頂きました。
このコースの売り、大黒岳から始まり硫黄岳のトラバース道。槍穂高を正面に眺めながらの天空漫歩…ですが今日の乗鞍は深い深いガスの中で残念。
それでもガスに煙り、しっとり濡れたナナカマド、ダケカンバの秋色を楽しみながら歩を進めて頂きました。
高度を落としていくと青空が広がり秋色も輝きを取り戻し、乗鞍の長い裾野を満喫。2018kanbDSC01187.jpg

2018kanbDSC01205.jpg

2018kanbDSC01228.jpg

2018kanbDSC01263.jpg

乗鞍岳と言えば殆どの方が、畳平から剣ヶ峰の往復で登頂終了。展望は勿論素晴らしいですがどこか味気ない山歩き。
ただ岩がごろごろした殺伐とした風景の中を最高点へ、観光客と前後しながら。
簡単に登る事が出来る3000m峰…と言うだけで決して心に残る山では無いはずかと思います。
四方に大きく裾野を広げた雄大な乗鞍岳。その山容からすると、畳平から上はほんのちっぽけなもの。
是非是非、畳平より下を歩いて頂き、「乗鞍岳って素晴らしい♪」と感じて頂きたい。
今回の「金山尾根から平湯尾根」の他にも「千町尾根」も良いですね。でっかい乗鞍を実感してみて下さい。

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、乗鞍平湯尾根レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_155.htm

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

秋色の双六岳2日目(2018年9月27日)

屋根を叩く雨音をBGMに快適な双六小屋での一夜。
予報(あくまでも下界の高山市)では9時頃まで雨が残る様な…。
玄関を出ると小雨は落ちてるものの、雲は天高く眺望はまずまず。これならと雨具着用で1時間程、双六岳へ。
いい事はあるもんですね。写真にはありませんが…あちらこちらに雷鳥の集団、朝食の時間にお邪魔してしまったようですね。
そして頂上で迎えてくれたのは、雲海に浮かぶ名山の数々。
小雨の中登ってきたならではの風景。
晴れ、雨、曇り…それぞれ山はいろいろな形でおもてなしをしてくれますね。
2018sugorbokuDSC01075.jpg

2018sugorbokuDSC01086.jpg

2018sugorbokuDSC01079.jpg

2018sugorbokuDSC01098.jpg

2018sugorbokuDSC01099.jpg

2018sugorbokuDSC01102.jpg

2018sugorbokuDSC01119.jpg

2018sugorbokuDSC01136.jpg

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、双六岳2日目レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_153.htm

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村


秋色の双六岳1日目(2018年9月26日)

週間予報は日々目まぐるしく変わり、それで一番大変なのは山小屋の様ですね。
誰しもが晴れの日に登りたいのは当然ですが…見せて頂いた予約帳は赤の訂正線が痛々しい。
この日も当初の予報では悲しげな雨マークでしたが、前日に好転。案の定山小屋は比較的静かでのびのびと。
宿泊させて頂く我々は楽なのですが、山小屋経営の苦労を思うと…。
雨が多い印象の2018年夏でしたが、山は結構晴れてるんですけどね。
折角の高価な雨具、意を決して皆さまも歩いてみれば?天気は判らないものですよ。

新穂高から鏡池を経て双六小屋へ。
孤高の鋭峰「槍ヶ岳」、北アルプスの重鎮「穂高岳」お供に、爽やかな秋空の下、秋本番間近の稜線を楽しんで頂きました。
2018sugorbokuDSC01017.jpg

2018sugorbokuDSC01019.jpg

2018sugorbokuDSC01032.jpg

2018sugorbokuDSC01043.jpg

2018sugorbokuDSC01048.jpg

2018sugorbokuDSC01051.jpg

2018sugorbokuDSC01063.jpg

↓こちらもご覧ください(頑張らない山歩きCLUB岳、双六岳1日目レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_152.htm

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村






針ノ木岳2日目(2018年9月23日)

山小屋の従業員の方曰く…今年最高のサンライズ♪
新越山荘から針ノ木岳へ…。今日も平成最後の秋を思いっきり満喫しながら貸切の稜線歩き♪
山の知名度(百名山)ではお隣の鹿島槍ヶ岳に負けますが、こと稜線歩きに関しては断然此方の方がいいと思うんですが…。
静かですね、此方は。
振り向けば、日本海・親不知まで続く後立山の稜線。そして左手に信州の雲海、右手に剣立山連峰をお供に連れ。
眼下には黒部ダム有する深い谷。
向かう先には北アルプス中心部、孤高の鋭峰・槍ヶ岳&重鎮・穂高連峰。
時にゆとりがあれば、もう一泊「針ノ木小屋」に泊り…もっともっとゆったり歩きたい稜線ですね。
2018hari2DSC00863.jpg

2018hari2DSC00869.jpg

2018hari2DSC00871.jpg

2018hari2DSC00882.jpg

2018hari2DSC00899.jpg

2018hari2DSC00930.jpg

2018hari2DSC00938.jpg

2018hari2DSC00948.jpg

2018hari2DSC00965.jpg

本日の快晴予報に誘われてか…
流石に「針ノ木岳」では若者を中心に大賑わい!
日帰り針ノ木の強者が多い様ですね。

↓こちらもご覧ください(CLUB岳ホームページ、針ノ木岳レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_150.htm

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村







針ノ木岳1日目(2018年9月22日)

北アルプスの短い夏は終わり、稜線上は秋本番。
澄み渡る秋空、心地よく吹き抜ける秋風に急かされるように…木々は秋衣装に衣替え。
長く耐え忍ぶ冬を前に、思いっきり満喫するがごとく輝きを放つ山の秋色。
良いですね♪アルプスの秋、日本の秋。
今日は芳しくない予報の為か、いつもは大賑わいの柏原新道も比較的閑散と。
そして稜線の分岐点「種池山荘」。殆どの登山者は、百名山「鹿島槍ヶ岳」方面へ
此処から新越山荘へ貸切状態の稜線漫歩。
2018hari2DSC00815.jpg

2018hari2DSC00838.jpg

2018hari2DSC00844.jpg

2018hari2DSC00857.jpg

最後は…今宵の宿「新越山荘」で暮れゆく西の空を眺めて至福のひと時。
淡い色に染まる空、何時もは荒々しい剣の稜線もどこか優しく。短い秋の一日が静かに暮れて行きました。

↓こちらもご覧ください。(CLUB岳ホームページ、針ノ木岳レポート)
http://gaku-plan.skr.jp/myweb1_149.htm
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村



プロフィール

clubgaku

Author:clubgaku
岐阜在住の登山ガイドです
社名:CLUB 岳
代表:葛谷 義幸
頑張らない山歩きを提唱してます

Twitter
facebook
フリーエリア
フリーエリア
人気ブログランキングへ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR